日帰りバスツアー ~ ≧[゚◇゚]≦(2017)

2017/01/28(土)。サンケイトラベルさんの日帰りバスツアーに行ってきました。


ツアータイトルは、

  『鳥取応援! 蟹取県かにカニ満喫!!』


まだ、病み上がりで調子がイマイチやったので、当日キャンセルしようとは思ったんですが、

当日キャンセルの連絡先が書いてない!\(◎o◎)/

仕方なしに、用意して集合場所に行き、その時の感じで帰ろうと思ってました。

でも…そのまま、バスに乗っちゃった。(^^ゞ




案内と行程は、

画像



毎年、何処かのカニツアーに行ってるのですが、今年は、コレ。

このツアー、発売時は6,980円やったんですが、しばらくすると、1,000円、安くなってました。(^^ゞ

全く、期待できないお値段ですが、面白そうやし、

「かにっこ館」というのに行った事がないので、これにしてみました。





集合は、JR難波駅OCATビル1階TVモニター前に、7時50分です。


出迎えてくれたバスは、産経新聞社のラッピングカー、

産経新聞連載の「ひなちゃんの日常」です。

画像






バスは、阪神高速から中国縦貫に乗り、9時15分、加西SAでトイレ休憩です。

今日は、快晴。

でも、渋滞もなく、ここまでスンナリです。

画像






今日は、鳥取方面なんで、先日の雪の影響も気にはなりますが…



11時、最初の立ち寄り先、「宇倍神社」に到着です。

画像



「宇倍神社」の創建は、神社HPによると、孝徳天皇大化4年(648)。

主祭神は、「武内宿禰命(たけのうちのすくね)」。

記紀に伝わる古代の日本の人物だそうで、五代の天皇に仕えたという忠臣だそうです。

なんでも、360歳まで生きていたという説も。(^^ゞ


「武内宿禰命」は、明治以降のお札の肖像画として五回も登場しているそうで、

「お金にご縁の神様」として、商売繁昌を願い全国からの参詣が絶えないそうです。

こんなお札です。

画像





境内を、ちょっとウロウロ。

画像






11時40分、昼食会場へ移動します。

昼食会場は、鳥取砂丘前の「砂丘会館」です。

ツアーでは、お馴染みです。




しばらく走ると…



11時58分、「砂丘会館」に到着です。

画像




係りの方に案内されて二階へ行きます。



今日のメニューは、「姿ズワイガニ会席」。

といっても、極端にお安いツアーの昼食ですけど。(^^ゞ

画像



でも、結構、付いてます。(^^ゞ

画像



姿ガニが睨んでます。(^^ゞ

画像



ちっちゃいけど、カニ刺もあるし、カニ味噌も、そこそこ入ってます。





食後は、砂丘へ。

画像



雪の鳥取砂丘は初めてです。

あの大雪の時は、一面、真っ白やったんでしょうね。





「砂丘会館」に戻って…

画像



ここへ来ると、いつも食べる「梨ソフト」。

50円の割引券が付いてます。(^^ゞ





13時30分、「砂丘会館」を出発します。


次は、お買い物です。




20分程走ると、バスは、賀露港「中村商店」さんに到着。

ツアーでは、お馴染みのお店です。


鮮魚、干物だけでなく、鳥取の名産も置いています。

いつも、一夜干を買ってますが、今日は、「煮干の粉」だけを買って帰りました。(^^ゞ

画像






この、賀露港に「かにっこ館」があるんです。

賀露港でのお買い物は、よく来てますが、「かにっこ館」は初めて。

バスに乗ると、2分で到着です。(^^ゞ

画像



カニの展示だけかと思ったら、そうではなく、ヒトデや貝に触れ合える水槽もあります。

ここ、なかなか、楽しそう。(^^ゞ


大き目の水槽には、色んな魚が泳いでいて、正に、ミニ水族館です。


小さな水槽もたくさんあり、珍しい魚も泳いでいます。

画像



ミニ水族館ですけど、結構、色々と泳いでます。

画像



「かにっこ館」は、鳥取県立で、2003年8月に出来ていたそうです。

鳥取には、よく来てますが、こんな所があるなんて知りませんでした。

まぁ、ここに寄ると、ちょっと時間が掛かりますもんね。(^^ゞ

画像



この敷地内には、大きな駐車場、お店もあるので、ゆっくりと楽しめる所です。

すぐ近くには、先程の「中村商店」さんなどもあるし、良い観光ポイントです。





15時、「かにっこ館」を出発します。




最後のお立ち寄りは、「あわくらんど」。

ここも、ツアーではお馴染みです。

でも、久しく、寄ってません。(^^ゞ


「あわくらんど」は、岡山県の道の駅で、新鮮な果物や野菜などが安くて豊富で活気があります。

店内には、岡山だけでなく、隣接県のお土産もあり、買い忘れた時にも便利です。(^^ゞ




15時56分、「あわくらんど」に到着。

ここも、雪が、かなり残ってます。

冬場に、ここへ来ると、よく、ミカンを買ってます。

今回も、買いました。(^^ゞ

画像






「あわくらんど」を出ると、後は、大阪へ帰るだけ。

途中、中国道・西宮名塩SAでトイレ休憩がありました。

画像



案外、空いてました。(^^ゞ





この後、宝塚も、然程、混まず、阪神高速で若干混んだ程度。

難波で下車し、家まで徒歩。

家に着いたら、19時15分でした。



案内に載っている、「7つのちょっぴりプレゼント」。(^^ゞ

画像



鳥取方面へ行くと、よく、こんなのが付いてくるんです。

この中で、菜箸が、結構、役に立ってます。(^^ゞ



画像
By yoppy










この記事へのコメント

2017年02月01日 13:27
そのまま、バスに乗っちゃったって!!
病み上がりで数時間、バスに揺られるのは辛いと思いますが、yoppyさんの基礎体力って凄いのですね。
レレレ?今回は、梅田より難波の方が遅かったのですね。こんなこともあるのですね~。(以上、前置きでした)

武内宿禰命は360歳まで生きたそうなので、この飛翔の鳥は不死鳥なのかなぁ?・・・

姿蟹の顔、これ、マジで怒ってますね(笑)

♪雪の砂漠を 寒々と 観光ラクダが 行きました
青空と雪の白が、とても綺麗です。
先日の大雪の際の鳥取砂丘をニュースで見ましたが、雪の美しさを楽しむ余裕なんかないくらいの強風と吹雪で、皆さん悲鳴をあげながら走ってバスに戻られていましたよ。

カニ一匹に130万円の値がついたって!!
どこかの高級料亭で、どこかのおえらいさんのお口に入るのでしょうけれど、ちっとも羨ましくないです。
負け惜しみではないのですよ。
・・・カニ、ダメなんですぅ

真っ白な綺麗な菜箸ですね。
私なんか百均の菜箸で、しかも、長年使っているので先端が、ま~るくなっています。(いい加減、棄てなさいって感じです・笑)


2017年02月01日 16:02
エッ、ツアーに行っちゃったんだ・・・
アッ、キャンセルできないんですねぇ。ジャ、行くしきゃない・・・
1000円値引きって、前のお客さん損ですねぇ。返金シテッ・・・って、クレームないんですか???
因幡一宮さん、雪が残ってて、いいですね。病み上がりをおしてお参りしたんですから、ご利益たくさんありますよ。^_^
お昼、ズワイもついてるし、結構、お得感・・・^O^
雪の砂丘、いいですねぇ。あまり風がなさそうで、よかったですね。

ボイルズワイ4000エン・若松葉1800エン・・・買ったッ
チョッピリプレゼントの五圓袋、欲しいっ・・・
病み上がりなのに、寒い所へご苦労様でした。
                              てくてく
2017年02月01日 21:59
こんばんは。
集合場所に行ってそのままバスに乗られたんですね(^^;)
当日のキャンセルの連絡先が書いてないって、それは産経さんの当日キャンセルを回避するための戦略だったりして・・・(笑)
フツー当日に急に具合が悪くなったりした場合に備えて添乗員さんの携帯の番号とか書いてあるのですが、産経さん、うっかり忘れちゃったんでしょうかね。
yoppy702さんもツアー中に具合が悪くなる事もなく、楽しんでおられたようでなによりです(^^)
雪はまだたくさん残っているんですね。特に雪化粧した神社、素晴らしいです。
それに「かにっこ館」、ここはカニだけじゃなくて色んな魚が見れるんですね。ホント、ちょっとした水族館って感じで面白そうです。

お土産もついて楽しいツアーでしたね(^^)
yoppy702
2017年02月02日 00:16
<テンプル 様>
ありがとうございます。
バスの中で、静かに寝てました。(^^ゞ
2006年の春から、日帰りバスツアーには、ほぼ月一で行ってるので、バスは、然程、苦にはならないんですよ。

テンプルさんって、ホンマ、面白い所に着目しますね。(^^)
難波は、高速乗場が近いからやと思います。

飛翔の鳥は、不死鳥やと思います。
別名、テンプル鳥。(^^ゞ

そりゃー、カニさん怒ってますよ。(^^)
オンドリャー~ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

雪の砂漠…
ウマイ!(^^)
真っ白な時は、いくらなんでも、ラクダさんはお休みやったでしょうね。
あの時に、仕事をさせてたらイジメやもんね。
あの豪雪の時でも、ツアーはあったらしいですから、ボクは幸せ者です。(^^ゞ

ご祝儀相場ですかねぇ…
でも、その値段のお蔭で、今も水槽で生きてるから不思議ですね。
エッ?!
カニ、ダメなん?!
ひょっとして…
カニが怖かったりして?(^^)
ボクは、子供の時には、かに道楽のカニが怖くて、カニって食べなかったんです。(^^ゞ

家の菜箸って、全部、ツアーのオマケなんですよ。
鳥取へ行くと、しょっちゅう貰うので。(^^ゞ
yoppy702
2017年02月02日 00:17
<てくてく 様>
ありがとうございます。
ついつい乗ってしまいました。(^^ゞ
キャンセル出来ない事はないんですが…
そういえば、この前のツアーでは、添乗員さんが連絡を取ってたみたいやから、当日に来ない人には、添乗員さんが連絡を取ることになってるみたいですね。
他社では、大抵、当日の緊急電話が載ってるんですけどね。

ボクの隣の方は、1000円貰ってましたから、多分、最初の値段で申し込んでたのでは?と思います。
毎年、カニツアーは行ってますが、こんな安いのは初めてです。(^^ゞ

雪が残っていても、雪深くなく、天気も好天やったので良いツアーでした。(^^)
集合場所に着いた時は、マジ、しんどかったんですよ。
やっぱり、御利益があったのかなぁ…(^^ゞ
昼食のカニは、この値段やから、全然、期待してませんでしたけど、これだけあれば満足しました。
体調を考えず、つい、ビールも飲んでしまう程でしたから。(^^ゞ

ボイルのズワイで、4000円やったら、安いですよ。
身がシッカリ入ってたでしょ。
安いツアーは、それなりのカニなんで。(^^ゞ

オッ、五圓袋に目がいきましたか。
単に袋やけど、ここに、お金を入れておいたら増えるかもしれません。(^^ゞ

バスツアーなので、こんな時は助かります。
ボクのバスツアー好きな理由の一つなんです。(^^ゞ
yoppy702
2017年02月02日 00:19
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
ハイ。
着いた時は、結構、シンドかったんで、添乗員さんに言って、帰宅しようかと思ってたんですが、ついつい、そのままバスに乗ってしまいました。
でも、バスの中で、ずっと寝てました。(^^ゞ
他社では、当日キャンセルした事があったのですが、サンケイさんでは、当日キャンセルの記憶がないんです。
そういえば、前回のツアーでは、添乗員さんが、来ない方に連絡していたので、サンケイさんは、そういうシステなのかもしれませんね。

バスの中で、静かに(?)寝ているだけでしたので、体力も温存できたのでは?と思ってます。
なんせ、昼食時に、ビールまで飲んでますもんね。(^^ゞ

あの豪雪から、かなり日が経っていたし、この日は快晴でしたので、もう、雪はないかと思ってましたが、そこそこ残っていてくれたので、雪景色を楽しめました。
これ位ですと、バスもスイスイ走れるので良かったかもしれません。(^^ゞ
やっぱり、雪の神社って絵になりますね。

「かにっこ館」、楽しかったです。
今まで、多分、立寄るには、時間が少なかったんやと思います。
鳥取って、砂丘だけでなく、色んな施設があるので楽しめます。
春になれば、「砂の美術館」もオープンしますし。

ハイ。
ちょっこっとですが、お土産は嬉しいです。(^^)
2017年02月02日 11:20
病み上がりで、強行突破しましたか!
格安蟹取県ツアーなので、興味も湧きます。
と言う感じです。
武内宿禰命は五円紙幣に登場しているんですね。
これを調べると、昭和14年3月31日に使用停止とあります。
八十代半ばの方であれば幼少期に使っていたかもしれませんが、「お金にご縁の神様」として根強い人気が続いていることに驚きます。
私が幼少期に生まれて直ぐ消えた、五十円紙幣が懐かしい^^)
かなりの積雪で、スニーカーだとやばい感じでが、トレッキングシューズ着用でしたか?

小さくても、写真では立派な蟹です。
そう言えば今年の蟹は、おせちでチョビッと食べただけでした^^;
体調の関係でアルコール無しかと思ったら、ビールいっちゃいました?
消毒用には濃度低いので、菌が繁殖しませんでしたか?
雪の鳥取砂丘は初めてでしたか。
在職時、毎年同僚と冬の蟹で民宿一泊だったので、数回経験済みですが、真っ白になると雪山に登ってる気分になりますよ。

かにっこ館は「見て」「ふれて」「体験できる」カニが主役の小さな水族館とあります。
学習する施設の感じで、知識を得るにはいいみたいです。
ここは入館無料なんですね。
ゼブラウツボまでいてマニアックです。
小さななサメはトラザメでしょうか。
泳ぎが不得意で歯が小さく、海底のカニやエビなど食べているようです。

130万円の蟹、金額タカすぎて、おアシが出ます。
おあとがよろしいようで^^;・・。
2017年02月02日 11:59
復調なさったのですね。
バスはお辛くなかったですか?
ご自分で決断ですから、大丈夫やったんですね((((^Q^)/
砂丘会館、ナシアイス、思い出しましたァーーー
砂丘というより雪丘ですね。歩くのカロリー使いそうです。
ラクダさんも居ましたか?
菜箸、いいですね~私も欲しい!(白木のもヨカ~ね)
無印良品・黒のシリコン製、使ってますが、優れものです。
かにっこ館、ミニ水族館ですね。とても楽しそうです。
何事もなく楽しめてよぉ~ございました。m(_ _)m
2017年02月02日 17:10
美味しそう(*^。^*)カニが大好きな夫が「蟹・・カニ・・・かに・・食べたい」とうわごとにように言っておりますが、気が付くともうすぐカニの季節も終わりですよね  
2017年02月02日 21:59
yoppyさん、こんばんは。
当日は病み上がりで調子がイマイチにもかかわらず、鳥取の蟹にうまく引きずり込まれてしまいましたね。
たぶんバスに乗るんだろうなと思いましたよ(^^)

鳥取に行けば、やはり先日の大雪で、結構な積雪になってますが、寒くなかったですか。

宇倍神社の主祭神、武内宿禰命ってすごい伝説の人物なんですね。
360歳まで生きていたという説もあるそうですが、記紀に伝わる古代の人物で、五代の天皇に仕えた忠臣。
お金にご縁の神様ですか~、もっと早くに知っていれば、お社に駆けつけて力一杯拝んだんですけど。

いいな~、姿ズワイガニ会席、十分なボリュームがありますよ。
あれ、誰かのお膳に瓶ビールが乗っかってますね。(^^)

食後、雪の砂丘の散策、味がありますね。
その後、梨ソフトって…。
もう、体調全快、全開ですね。
決して全壊にならないように願います。

こういう旅先でのお買い物、楽しそう。
かにっこ館は水族館みたい。
あわくらんども雪が多いのにビックリです。

中国道も案外空いていて、早くに帰宅されたようで良かったですね。

ホントに楽しい一日を分けてもらい、いい気分になりました!
yoppy702
2017年02月03日 12:05
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
強行突破というか…
条件反射的に、乗車してました。(^^ゞ
ボクも、こんな値段で、どんなツアーになるのかと興味一杯でした。
まぁ、バスに乗ったら、ほぼ寝てましたけど。(^^ゞ

武内宿禰命って知らなかったんです。
先日は、和気清麻呂でしたので、ここんとこ、お札に縁がありますね。(^^ゞ
この神社が、そんなに有名なの?と思いましたが、駐車場は、ほぼ満車状態でした。
御詣りしたのでご利益があるとイイなぁ。(^^ゞ

ハイ。
トレッキングシューズです。
普段履くのも、通販で安いトレッキングのを買ってるんです。(^^ゞ
この日は、ミドルカットでした。

小ぶりですが、こちらを睨んでる顔は、やっぱりカニさんでした。(^^)
味噌も、ちゃんと入っていたし、色んなカニ料理も並んでいたので、このお値段にしてはビックリです。
ビールは…
これ、条件反射です。
頼んでから、あっ!と思いましたが、まぁ、無理やったら残せばイイかと。
でも…残ってませんでした。(^^ゞ

雪の鳥取砂丘は、とても美しいと聞いているのですが、写真しか見た事がないんです。
もっと一面の雪景色を見たいですね。

「かにっこ館」って、もっと、ちゃちな所かと思いましたが、ここ楽しめます。
子供さんも楽しんでましたが、ボクも楽しんでました。(^^ゞ
カニだけかと思ってたんですが、小さな水槽に色んな魚が沢山いました。
サメ…何ザメなんでしょうねぇ。
小ぶりでした。
先日のアルクノさんのを思い出して、つい撮っちゃいました。(^^ゞ

130万円のカニ、ご祝儀相場でしょうけど…
「おアシがでます」
ウマイ!(^^)
yoppy702
2017年02月03日 12:07
<nobara 様>
ありがとうございます。
バスツアーは、10年以上前から、ほぼ月一で行ってるので、慣れてるんです。
なんせ、乗れば、後は、寝とけますので。(^^ゞ
でも、集合場所に着いた時は、体調がイマイチやったので、添乗員さんが来たら、申し出て帰ろうと思ってたんです。
だけど、そのまま乗車してました。(^^ゞ

砂丘会館は、鳥取砂丘のドライブインでは、一番、人気のある所で、各社のツアーが利用してますね。
なので、ボクも、どのツアーを使っても、ほとんど砂丘会館です。(^^ゞ
梨ソフトは、時間が無くても食べてますね。(^^ゞ

ツアーなので、時間が無いので、日本海まで行けませんでしたが、もっと歩いていたかったです。
砂丘会館には、自由に使える長靴を置いてくれているので嬉しいです。

ラクダさん、雪があっても、頑張ってるんですね。
働き者です。(^^)

家の菜箸は、ツアーで貰った、この箸ばかりなんです。
10組以上は貰ってますね。(^^ゞ

「かにっこ館」は、初めてやったんですが、ちっちゃいけど、楽しめる所でした。
個人で行けば、もっとゆっくりと楽しめますね。(^^)
yoppy702
2017年02月03日 12:08
<ちゃたろう 様>
ありがとうございます。
毎年、一度は、カニツアーに行ってます。
殆ど、日帰りですけど、色んな、カニツアーが各社から出てるので飽きませんね。
御主人もカニがお好きなんですか。
カニのシーズンは…
大丈夫。
3月一杯、色んなツアーが出てますから、まだまだ、間に合いますよ。(^^)
それより、カニ入りビザがあるので、ちゃたろうベーカリーで、カニ入りパンなんて作ってみてはどうですか?(^^)
yoppy702
2017年02月03日 12:10
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
予想通りでしたか。(^^ゞ
集合場所に着いた時は、ホンマ、しんどかったんですよ。
それが、条件反射のようにバスに乗ってました。
まぁ、バスに乗れば、後は、寝とけますので。(^^ゞ

雪は、結構、残ってましたね。
特に、智頭宿辺りでは、まだまだ、多かったです。
この日は、良いお天気で、気温も高かったので、暖かかったです。

武内宿禰命って知らなかったんです。(^^ゞ
ホンマ、古代の方は長生きですね。
長寿薬ってあったのかもしれませんね。(^^)
「お金の神様」として、全国的に有名だそうですので、ご利益があるのかもしれません。
ボクも、もっと早くに知っていれば、御詣りに行ったんですが。(^^ゞ

格安のバスツアーの昼食ですけど、結構、ボリュームがありました。
もっと、ショボイ、カニかと思ってましたが、なかなか、顔つきの良いカニでした。 (^^)
あっ、ビールは、条件反射で頼んでました。
飲めなかったら残したらイイと思ってましたが、全部、飲んでました。(^^ゞ

滞在時間は短いのですが、せっかくの雪の砂丘なので、足を踏み入れました。
もっと、歩いていたかったんですが…
梨ソフトも食べなきゃいけませんので。(^^ゞ
帰ってから、ちょっと、ボー…となってましたが、まぁ、大丈夫かと。

「かにっこ館」は、オススメですね。
手作り感が一杯ですが、こういう所って好きです。(^^)

あわくらんどの方も、雪深いので、川の方へは行けませんでした。

この日、往復とも、渋滞があまりなかったので、楽チンでしたよ。(^^)
2017年02月04日 20:18
コメントが前後してますが
病み上がりでバスツアー!さすがバスツアーの達人です。私には無理です。
バスには酔いやすいので、体調が悪い時は想像しただけでNGです。
牡蠣はダメでもカニはOKなので、魅力的なツアーですがね。

梨ソフトは秋口には筑波山にもありますが、鳥取では一年中あるんですね?
雪の鳥取砂丘行ってみたいです。ラッセルするしかないんですかね(笑)

カニの睨み顔
ま、可愛いお顔のカニっていないかも?
でも、かに道楽のカニが怖くてカニを食べなかったって(笑)
どれほどビビリな子供だったんだ(笑)
いや、素直で純粋なお子ちゃまだったんですね~
それなのに…今や、蟹の睨みもなんのその((((;゚Д゚)))

※カニがNGのテンプルしゃんは未だにお子ちゃまの心なのかな
yoppy702
2017年02月05日 00:53
<karake 様>
ありがとうございます。
当日の緊急連絡番号が書いてあったら、きっと、連絡して、キャンセルしていたと思います。
書いて無かったので、とりあえず、集合場所まで行って、添乗員さんに話をして帰ろうと、際の際まで思っていたんです。
なのに…
バスに乗っちゃったんです。(^^ゞ
日帰りバスツアーは、2006年春から、ほぼ、月一で行ってたので、慣れてるんです。
なので、この日は、乗車するなり、寝てました。(^^ゞ
寝ていても、連れて行ってくれるのが、バスツアーの良い所なんです。(^^)

梨ソフトは、筑波山にもあるんですか!
真似しや。(^^)
鳥取では、真冬でもありますよ。
これに、梨が、そのまま入ってたらイイのに…って、いっつも思うんですけどね。(^^ゞ

一面、雪の鳥取砂丘って、マジに綺麗ですよ。
って、写真でしか見てませんが。(^^ゞ
ラッセル…する位に積もりますよ。
でも、雪がなくても、砂のラッセル状態ですけど。(^^ゞ

カニツアーに行くと、いつも、カニに睨まれるんです。
子供の頃は、ホンマ、怖かったんですよ。(^^ゞ
道頓堀の、かに道楽のカニって、メッチャ、デカイし、動いてるんです。
そう。素直で純粋やったんです。
今も、それを引き継いでます。(^^)

テンプルさんが、カニがダメって以外ですよねぇ~
なんか、そのまま、かぶりつきそうな感じやのに。(^^)

この記事へのトラックバック

最近の記事

テーマ別記事