夜行バスの旅<横浜~北鎌倉~東京>②




 ※ チョット、長いです。

【2019/06/26(水)】   前記事の続きです。


前記事は、
  25日の夜行バスで大阪を発ち、26日早朝に横浜駅に着き、
  山下公園で、しばらく過ごした後、北鎌倉へ向けて出発したところ迄でした。

今回は、北鎌倉で、ちょっと散策です。

画像



「明月院」は、臨済宗建長寺派の寺院で、山号は福源山。
本尊は聖観音、開基(創立者)は上杉憲方、開山(初代住職)は密室守厳(みっしつしゅごん)。
創建は…応永元年(1394年)以前。(以上、ウィキペディアより。)

ただ、「明月院」のパンフによると、創建は、永暦元年(1160年)に始まるそうです。

「明月院」は、「アジサイの名所」として知られ、ここのアジサイは、「明月院ブルー」と呼ばれています。
前記事でも、ちょこっと触れましたが、昨年、ブロ友のyasuhikoさんが紹介されてました。
以後…
「明月院ブルー」を見たい!(^^)

yasuhikoさんの記事は、
<明月院ブルーの紫陽花> https://yasuhiko46b.at.webry.info/201806/article_2.html



境内を先に進みます。

画像



ダメ元で来ましたが、結構、咲いています。
もう、周りはブルーのアジサイばっかり。(^^)

これが、「明月院ブルー」
って、未だ言ってます。
中には、色が変わってきてる(?)のもありますが…

画像



「明月院ブルー」は、日本古来の「ヒメアジサイ」という品種だそうで、
その特徴は、吸い込まれそうな程に澄んだ青色だそうです。

確かに、いつも見ているブルーのアジサイとは違います。
って、そんな気になってるだけかも。
そもそも、ヒメアジサイと言われても解りません。


実は、「明月院」へは、昨秋も来てるんです。
紅葉には、ちょっと早かったんですが、紅葉が無くても素適な寺院でした。
まぁ…寺院というか観光名所というか。(^^ゞ



山門を入ります。

その右側に…

画像



「順路」って案内があるんですが…
人が多くて、良く解りません。
で、適当に進みます。(^^ゞ

画像


ボクって、並ぶのは好きじゃないんですが…
でも、ここは並ぶ価値があるので、大人しく(?)並びます。

画像


この丸窓から見る景観(本堂後庭園)が、ここの見物なんです。(^^)
この丸窓は、「悟りの窓」と呼ばれています。

昨秋に来た時は、並ばずに、スンナリと見れましたが、
さすが、アジサイのシーズンともなるとスゴイですね。

昨秋来た時にも、この「悟りの窓」からの景観に感動しました。

今、ボクが居る場所は、現世。
そして、「悟りの窓」から見えてる世界は極楽浄土。
そんな風に思えたんです。
なんせ、「本堂後庭園」は、普段は立ち入る事が出来ない非公開の場所なんです。
いかにも、極楽浄土って感じでしょ。(^^)



でも…

ここに来たのは、「明月院ブルー」、「悟りの窓」だけを楽しみに来たのではありません。(^^ゞ


それは…

画像


そうなんです。
「本堂後庭園」が、特別公開中なんです。
「本堂後庭園」には、ハナショウブ園があり、
そのハナショウブの開花期と紅葉のシーズンだけ、
「本堂後庭園」が、特別公開されるそうなんです。

今日現在、ハナショウブは終わってますが、
6月中は、特別公開をしてるとの事でしたので、これも楽しみにしてました。(^^)

「本堂後庭園」に入るには、「明月院」の拝観料とは別に、500円を、お納めしなければなりません。
でも、入った受付の所では、300円と書いてます。
「yoppy : 300円ですか?」
スタッフの方は、「もっと多くてもイイですよ。(^^)」てな事を言ってます。
きっと、ハナショウブが終わってるので、300円にしてるんでしょうね。
でも、極楽浄土に入れるので、500円を、お納めましました。(^^ゞ


画像



「悟りの窓」を反対側から覗きました。(^^ゞ
でも、それって、嫌がられるんですよねぇ。
向こう側から写真を撮ってると、人が写り込むので、
本堂前から撮ってる時に、ブーイングが出てましたもん。(^^ゞ



「本堂後庭園」をウロウロしてみます。(^^ゞ

画像



ハナショウブ、ちょこっとだけでも見れてラッキーや。(^^)
でも、見頃の時は綺麗でしょうね。

画像



画像



画像



「本堂後庭園」、素適な庭園です。



「本堂後庭園」を出て…
再び、境内のアジサイ散策を。(^^ゞ

画像



それにしても、人が多いなぁ…(^^ゞ

こっちには、色んなアジサイがあります。

画像



画像




最後に、もう一度、「明月院ブルー」を。(^^ゞ

画像



ヒメアジサイ(姫紫陽花)の命名者って、牧野富太郎博士やったんですね。
なんでも、命名理由は、普通のアジサイに比べ、花が女性的で優美だとか…という説もあるそうです。(^^ゞ



「明月院」、メッチャ、楽しめました。
ダメ元で来ましたが、全然、ダメじゃなかったです。
来て良かったぁ~ (^^)



「明月院」を後にして、次に向かいます。

画像



北鎌倉の散策を全部書きたかったのですが、
「明月院」だけで長くなっちゃったんで…

<夜行バスの旅<横浜~北鎌倉~東京>③>へ ☆ To be continued ☆




画像
By yoppy













この記事へのコメント

ポジティブオーラ
2019年07月12日 18:14
明月院のアジサイは毎年ニュースでも紹介
されている位有名ですね。
「悟りの窓」は両側から見れるのですね!
鎌倉の風情を凝縮したようなお寺だと
思いました。
2019年07月12日 18:20

(気持ち玉代わりです)
2019年07月12日 19:47
 明月院ブルー済んだ爽やかなブルーとても上品ですね。ヒメアジサイの名付け親、牧野博士出て来ましたね。何でも、国産のアジサイが外国に渡り品種改良さえて帰って来たものが多いという話本当の様な気がします。洋物のアジサイでも日本のお寺に馴染んでいますね。
 人は多かったので、撮影大変だったのでは…。
 竹林、人が多いのは残念ですが、清々しいですね。
2019年07月12日 20:18
こんばんは。

明月院のアジサイ、たくさん咲いていてきれいですね。
平日でも人がいっぱい、これが休日だともっと混むんでしょうね。
でも、これだけきれいだと混んでいても行きたくなりますね。

それに「悟りの窓」、ここも行列がすごい、yoppy702さんも並ばれたのですね。
お疲れさまでした(^^)

庭園はそれほどの混雑はないように見えますね。混雑している中で人の少ないスポットがあるとホッとしますね。一息に入れるにはちょうど良いと思います。

鎌倉はまだ歩いたことがないのですが、この明月院は外せない名所ですね。

次回も楽しみにしております(^^)
2019年07月12日 20:33
オォ~スゴイでねぇ。明月院ぶるーは、神秘のブルー。
入口から山門までの境内、オ~ル明月院ブルーなんですか。これだけになると、吸い込まれそうなブルー・神秘なブルーも、豪華絢爛になっちゃいますね。^_^

ヒメアジサイって名前なんですか。姫紫陽花ねぇ。姫の割には、大きなのが多いようですが・・・
名付け親は、牧野先生ですか。てくてくだったら、ズバリ「明月院紫陽花」

エッ、大行列やんか。
アッ、悟りの窓から、極楽浄土をねぇ~。
てくてくは、極楽には行けないんで、一度、行かなくっちゃ。でも、大行列はどうも~

極楽浄土から撮ってると、ブーイングですか。^O^
それは、多分、此岸の亡者たちが、阿弥陀様がおいでだと、吃驚した声ですよ。キツト。

他にも、見所一杯ですね。

あじさい寺って云えば、寅さんのあじさいの恋に出てきたような・・・
アッ、あれは成就院でした。

それにしても、ヒトひと人・・・凄いですね。
チョット、一服してください。
2019年07月12日 21:44
こんばんは。
明月院ブルー、ちょうど見頃で堪能できましたね。
アジサイの寺と言われるだけのことはあります。
丸窓から眺める本堂後庭園、素敵な世界です。
全部を見ずに一部を見て想像する世界。
まさに極楽浄土を彷彿とさせますね。
悟りの窓というのですね。
モロ見えより、チラ見えのほうが想像力をかきたて、よりエロスを感じさせるのと一緒ですかね。
ちょっと酔ってるので、変な言い回しになりましたが。
えー、せっかく長い列に並んで、悟りの窓から本堂後庭園を見たのに特別公開されてたわけですか。
しかも300円でいいところ、500円も納めたんですね。
極楽浄土が見られるというので、yoppyさん太っ腹です。
少しとはいえハナショウブも見られましたしね。

竹林があったり、明月院ブルー以外のアジサイもあり、見所の多いお寺さんでした。
yoppyさん、メッチャ楽しめて本望でしたね。
明月院、覚えておきます。
2019年07月12日 22:57
姫アジサイ、いいですね~
明月院ブルーですね。これ一色というのも
なかなかポリシーがあって、さすがですね(*^-゚)⌒☆
悟りの窓、田母沢御用邸とおんなじやぁ~((((^Q^)/
yoppyさんが気に入られるのもわかるようなきがします。

アジサイと白蝶さん、
なにかお話してるのかしら?
白蝶がブルーの蝶に変身したりして?
更新用の挿し木も怠りなくなさってるんですね。
絶ゆまぬ努力で支えてらっしゃるんやね。
渾身のレポ! ありがとうございます。m(_ _)m
2019年07月13日 09:15
いつも、お付き合い有り難うございましす。

驚いたY(⦿U⦿)Y驚いた
ナイスⅤ(^ω^)Ⅴナイス
可愛い.d( ^u^ )b可愛い
面白い.w( ^O^ )w面白い
なるほどn( -v- )nなるほど
ガッツ頑張れ(^0_0^)ガッツ頑張れ
2019年07月13日 10:07
<ポジティブオーラ 様>
ありがとうございます。
あっ、ニュースでもやってたんですね。
そりゃー、これだけのアジサイの名所やからニュースでも紹介されますね。
なんせ、平日やのに、観光客が一杯でした。(^^ゞ

「悟りの窓」は、本堂の畳の間にありますが、そこには上がれません。
なので、本堂前から、その丸窓を通して、後庭園を眺めます。
普段は、後庭園は非公開ですし、後庭園からの丸窓を通した眺めは、意味的には、「悟りの窓」にはらないと思います。
鎌倉には、名実共に立派なお寺が沢山ありますが、明月院は、観光客が楽しめるお寺ですね。(^^ゞ
2019年07月13日 10:07
<長さん 様>
ありがとうございます。
2019年07月13日 10:10
<藍上雄 様>
ありがとうございます。
旬の時期からは、少し遅かったと思いますが、とても綺麗なブルーでしたし、ホンマ、見渡す限り、ブルーのアジサイの光景なんて初めて見ました。
9割以上が、ヒメアジサイなので、素晴らしい光景です。

外国産も含めて、セイヨウアジサイが逆輸入のアジサイですね。
国産の原種や園芸品種などと合わせても、セイヨウアジサイの流通が一番多いのでは?と思います。
セイヨウアジサイと言っても、原産地が国産の物は、やっぱり、日本の風土に似合いますね。(^^)

人は多かったですが、ボクは、人が入るのは気にしないんです。
というか、人を入れる方が、雰囲気があって好きな場合もあるんです。(^^ゞ
勿論、アップする時は、ボカシを入れてます。

竹林といっても、極々小さな竹林ですので、スグに人が溢れます。
まぁ、京都の竹林の道でも、人で一杯になりますけどね。(^^ゞ
2019年07月13日 10:14
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
時期が、ちょっと遅いかも…と思ってましたが、結構、咲いてました。(^^)
ここ、シーズンの休日の人出は半端ないらしいですよ。
京都と同じですね。
観光客が一杯ですもん。
でも、ここのアジサイは見る価値がありました。
「悟りの窓」は、昨秋に来た時は、数人しかいなかったので、列なんてなかったんです。
ウエブ上の案内では、シーズンには、オットロシイ程の列が出来ると書いてましたから、これは、かなりマシやったんではないかと…(^^ゞ
ボクは、並ぶのは嫌いなんですけど、これは、並んでも見たくなりますね。

庭園は、普段は非公開なので、特別公開を知らない方もいらっしゃるやろうし、別料金なので、入る方も少ないのでは思います。
ハナショウブは終わっていましたが、素適な落ち着ける庭園でした。
仰る様に、境内は人で、ごったがえしてますが、ここは静かでした。

鎌倉には名所が一杯ありますが、「明月院」、イイ所です。(^^)

次回以降は…ショボイかもです。(^^ゞ
2019年07月13日 10:19
<てくてく 様>
ありがとうございます。
そうなんです。神秘のブルーです。(^^)
沢山あるので豪華絢爛のイメージもありますが、もし、人出が少なかったら、神秘的なブルーが当たり一面を包んでるかもしれませんよ。
なんせ、入ってしばらくの間は、ブルーの手まり咲きばっかりですもん。

ヒメアジサイって名前です。
だそうです。(^^ゞ
森林植物園にもありましたので、名前は知ってるんですが、違いが解らないんです。(^^ゞ
サイズ的には、どうなんでしょうねぇ…
小ぶりで可愛いいのも多かったですが、大きいのもありました。
牧野博士が命名した地が何処なのか知りませんが、もし、明月院やったら、てくてくさんの仰る「明月院紫陽花」になったかもしれませんよ。
なんせ、野田の藤がノダフジでしたから。(^^)
明月院のアジサイは、第二次大戦後に植えられたそうですから、その時には、ヒメアジサイの命名は済んでいたかもしれませんね。(^^ゞ

これ、大行列じゃないらしいですよ。
シーズンには、1時間待ちも当り前だとか、ウエブで書いてました。(^^)
極楽浄土は…ボクが、勝手に、そう思ってるだけです。
なんせ、良くない事ばかりしてるので憧れなんです。(^^ゞ
昨秋に来た時は、待ち時間なしでしたから、シーズンオフに行ってみて下さいませ。(^^)

本堂前から「悟りの窓」を通しての風景がインスタ映えするんです。
なので、人が入って、なかなかどいてくれないと、ブツブツ言ってました。
まぁ、普段の後庭園は非公開なので、その時ですと、絶対に大丈夫なんですけどねぇ。
なので、こんなに人が多い時を避けて行くのが一番やと思います。
でも、明月院ブルーは、外したくないですけどね。(^^ゞ

成就院も鎌倉の寺院ですね。
大仏様の近くやったかなぁ…
ここもアジサイが有名なんですね。
まぁ、鎌倉って、アジサイが有名な所は多いらしいですが。

平日でも、観光客が一杯でした。
京都と同じですよ。
ボクって、京都は人が多いので避けてるんですけどね。(^^ゞ

チョット一服…ありがとうございます。(^^)
第三話では、ある所で、一服…
いや、三服くらいしました。(^^ゞ
2019年07月13日 10:23
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
時期は、ちょっと遅いかと思ってましたが、そうでもなく、回りがブルー一色に包まれました。
鎌倉でも、ここのアジサイは定評があると言われてますが、正にその通りでした。

丸窓からの本堂後庭園、イイでしょ。(^^)
小窓のネーミングにナルホド…と思います。
しかも、この日の様に混んでる時には、多くの方が必死に(?)その景観を見ようとしてるのは、極楽浄土への願いのある現世の人間達の姿。
なんか、象徴的ですよね。
しかも、仰る様に一部しか見えないので、より昇華させたくなるチラリズムですね。(^^)
それは、エロスと同等やと思います。
この話しは、小説のテーマになりそうや。(^^ゞ

本堂前から、「悟りの窓」を通して見る後庭園は憧れの幻のような極楽浄土の世界。
でも、特別公開は、その世界を現実体験させてくれます。
ウエブでチェックしていたら、6月中は特別公開があるとの事でしたので、なんとか、6月中に行こうと計画を立てました。
300円は…元々は500円やったのが、おそらく、ハナショウブが終わってるという事で値下げ(?)されていたんやと思います。
ボクは、ハナショウブが目的やった訳ではないし、昨秋に、ここを訪れた時から、後庭園に足を踏み入れてみたいという気持ちが強かったので、ワンコインを納めました。
っていうか…
なんせ、スタッフの女性が可愛いくて、言い方も可愛いかったもんで。(^^ゞ

結局、「明月院」では、メインの三つとも満足できました。
「明月院ブルー」だけでも、長くなりそうやのに、三つもあったら、そりゃー、長くなりますね。(^^ゞ
2019年07月13日 10:26
<nobara 様>
ありがとうございます。
時期的に遅いかと思いましたが、「明月院ブルー」、堪能できました。
ホンマ、一色ですね。
奥に、バリエーションがありましたが、入ってから、しばらくの間は、両側からブルーウェーブが迫ってくるような感じて圧巻です。

悟りの窓…
気付かれましたね。(^^)
あの時のコメに「明月院」の事を書こうかとも思ったんですが伏せておきました。(^^ゞ
田母沢御用邸と同じです。
今回は、丸窓の前には何も置いてなかったですが、昨秋に訪れた時は、同じように長火鉢が置かれましたよ。

アジサイと戯れる白い蝶…
って、正に、極楽の世界ですね。
二羽、止まってましたから、アジサイを含めての井戸端会議かも。(^^ゞ
白い蝶がブルーに変身…
わぁ~イイなぁ。
nobaraさんの想像力、素適です。(^^)

更新用の挿し木は素晴らしいですね。
丁度、ここが、バックヤードになってるって感じですけど、極楽浄土で育てられたアジサイが、5年位経つと、下界に送られて、人々を癒してくれる…そんな風にも思ってしまいました。(^^ゞ

ダメ元で訪れましたが、行って良かったです。(^^)
2019年07月13日 10:27
<ヒゲ爺 様>
ありがとうございます。
2019年07月13日 12:21
明月院ブルーっていう言葉があるんですか?なるほど
西の紫陽花に比べていかがでしたでしょう?
足を運んだ価値がばっちりでしたら
良かったですわ。
第5の男
2019年07月13日 13:30
座布団5枚差し上げます。
ありがとうございます。
コスモス
2019年07月13日 16:47
明月院ブルーは久しく見てないです。
こういうシンプルなのもいいですね。
装飾花の真ん中にある両性花が開いているのも可愛いですね。
それにしてもすごい人、人、人・・・

本堂後庭園には入ったことありません。
悟りの窓を反対側から見るのは貴重な体験でしたね。
庭園は結構広いんですね。
一度は入ってみましょうか。
ハナショウブがちょこっとだけ咲いていて良かったですね。
見どころが多い明月院ですね。
次はどこかしら?




2019年07月14日 01:40
<asakun 様>
ありがとうございます。
ヒメアジサイなんですが、「明月院」のヒメアジサイのブルーは独特らしく、「明月院ブルー」という名で全国的に有名らしいです。
神戸にもヒメアジサイはあるのですが…
違いと言われると、よう解りません。(^^ゞ
それに、アジサイ(に限らずですが)って色変わりしますので。
なので、「明月院」では「明月院のアジサイ=明月院ブルー」を楽しんだという感じです。
時期が遅いかも…と思ってましたが、あんなに咲いてくれていてメッチャ嬉しかったです。(^^)
2019年07月14日 01:41
<第5の男 様>
ありがとうございます。
座布団5枚!
後、5枚で、ハワイ旅行ですね。(^^)
2019年07月14日 01:45
<コスモス 様>
ありがとうございます。
素晴らしい景観でしたよ。(^^)
コスモスさんとこからやったら、良い時期を選んで行けますね。
シーズンは、8時30分に開くというのを後で知ったのですが、休日ともなると、8時30分には、もう、百人からの列が出来ると書かれてました。
さすが、皆さん、良くご存知や。
なので、ボクが入った時は、スンナリ入れましたので、ラッキーやったかもしれません。
でも、メッチャ、人が多かったです。(^^ゞ

可愛いいお花に目を留めて頂いてありがとうございます。
遠征する時は小さなコンデジしか持って行かないので、苦労して(?)撮りました。

本堂後庭園は、アジサイと紅葉の時期に特別開園があり、6月中は特別公開がされていると知りましたので、6月中に行こうと決めました。
ハナショウブが見頃に行けたら良かったのですが…
コスモスさんやったら、ハナショウブが見頃の時に、行こうと思ったら行けますね。(^^)

後庭園、素適な庭園です。
他所の立派な庭園と比べると、特別な装いは無いんですけど、境内は、あれだけの人でザワついてるのに、後庭園は、とっても静かで、心が洗われる様な感じでした。
「悟りの窓」を反対側から見るのは面白いですが、本堂前からの景観のような感動は、全然ありません。(^^ゞ

「明月院」は、昨秋に訪れた時にも、好印象でしたが、きっと、ここは、いつ訪れても、素敵な寺院なんでしょうね。

次以降は…ショボイです。(^^ゞ
ちいかめ
2019年07月14日 02:43
こんにちわ、たくさんの種類のアジサイ、堪能しました。

紫陽花って色々種類があって、面白い

花へのこだわりというか、よく作りますね(*_*)
2019年07月14日 17:12
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
2019年07月14日 17:28
<ちいかめ 様>
ありがとうございます。
アジサイばっかりで食傷気味なって、胃腸薬を飲んでたりして。(^^)

アジサイも種類が多いです。
主に園芸品種になりますけど、色、デザインが豊富で見ていて楽しいですね。
鎌倉は、色んな所でアジサイがありますけど、ここ、「明月院」は、アジサイの名所としては鎌倉随一と言われてるそうで、『ミシュラン・グリーンガイド』で「寄り道する価値がある」を意昧する二つ星の評価を獲得したそうです。(^^)
2019年07月14日 17:29
<pero 様>
ありがとうございます。
2019年07月15日 10:53
こんにちは、
北鎌倉の明月院ですか、広そうですね各種のアジサイ・花菖蒲そして紅色のヒメヒオギズイセンと色とりどりで当地には無い孟宗竹の林が素晴らしいです、悟りの窓から極楽浄土は見えたのでしようか?
2019年07月15日 11:31
相変わらず素敵な写真が多いなあ(^^;;  てか、yoppy702さんコメントに絵文字入れていましたよねΣ(゚Д゚) これってどうやるんですか?教えて下さい。爺さんにはメンテナンス後のブログはいつ辞めようかしかありません(´;ω;`)
2019年07月15日 15:20
<Yoshi 様>
ありがとうございます。
「明月院」は、広大な敷地という訳ではないですが、鎌倉の中でもアジサイは随一とも言われてるそうです。
殆どは、ヒメアジサイですが、色んな品種もあるので、楽しめました。
花菖蒲の時期は終わってたのですが、残ってました。(^^ゞ
ヒメヒオウギズイセン、鮮やかですね。
竹林の道は、もう少し長ければ、もっと楽しめるんですけどね。(^^ゞ
悟りの窓からの極楽浄土…
ボク的には、そう見えました。(^^ゞ
2019年07月15日 15:24
<サヤ侍 様>
ありがとうございます。
嬉しがって、写真は、一杯撮りました。
でも、ちっちゃなコンデシ゛で撮ってるんで、イマイチですね。(^^ゞ

『コメントに絵文字を入れる方法』ですが、
コメント欄に、直接、絵文字コードを記入すればOKです。
でも、絵文字コードが解らないですよね。
ボクは、こんな事をやってます。

① ワードを、新規作成で開けておく。
② ウエブリの管理画面から、「記事を書く」を左クリック
③ 「通常エディタ」を左クリック
④ ツールバーの絵文字を左クリック。(顔のマーク か ★) 
⑤ 試しに、★ を左クリックします。
⑥ リニューアル前の絵文字が現れます。
⑦ 絵文字一覧の上部に、「ウエブり」、「docomo」、「星デコ」、「デカ絵文字」とありますので、意図するところを左クリックする事で、各種の絵文字が現れます。
⑧ 「ウエブリ」で説明しますね。
⑨ 記事を書く画面の先頭を、一回、左クリックしておきます。以降は、一例として記入してます。
を左クリックします。
⑪ 画面に、『{%ハート 1webry%}』 と記入されます。
⑫ 画面にコピーされた『{%ハート 1webry%}』の左端を左クリックしたままで、右端へ持って行きます。(グリッド)
⑬ 黒く選択されているのを確認したら、キーボードの「Ctrl」を押しながら、「C」を一回押します。(コピーコマンド)
⑭ 開けていたワードの画面を左クリック
⑮ 「Ctrl」を押しながら、「V」を一回押します。(貼り付けコマンド)
⑯ ワードに、『{%ハート 1webry%}』がコピーされます。
⑰ このワード保存しておいて、コメントを書く時に、コピーして、コメント欄に貼り付ければらのです。
⑱ コピー、貼り付けは、右クリックでメニューも出ますが、上記の『「Ctrl」を押しながら「C」』、『「Ctrl」を押しながら「V」』も使えますので、使い勝手の良い方をどうぞ。

多くの絵文字をコピーすると、何か解らなくなったりしますので、ボクは、絵文字もワードにコピーしてます。
絵文字コードの先頭にコピーしておくと便利です。
その方法は、
『{%ハート 1webry%}』 を【右クリック】して、プルダウンメニューの「コピー」を左クリック。
ワードの『{%ハート 1webry%}』 の先頭を一回、左クリック
「Ctrl」を押しながら、1回だけ「V」を押す。
画面に  がコピーされます。
画像と絵文字コードの間に少しスペースを入れとくと見易いです。
これを保存しておくと、どの絵文字が、どの絵文字コードか解ります。
必要な分だけコピーしておくと便利です。
続けて絵文字のコピー作業をする時は、「通常エディタ」側は、一つずつ、改行して新しい行を使った方が判り易いです。
作業が終了したら、「保存」を押さずに終わります。
次回に、「記事を書く」を選んだ時に、「編集中の記事データーがあります。復元しますか?」と聞いてきますが、
「いいえ」をクリックしてもらったらOKです。
2019年07月16日 07:19
おはようございます!

明月院ブルー、めっちゃ青くてきれいですね!
お空も青くていいですね。
今年の関東は青空の日がとても少ないので、それもついてますねぇ。

本堂後庭園、拝観料を払う価値がありますね。
いいなあ(^o^)
yoppy702
2019年07月16日 14:26
<koji 様>
ありがとうございます。
さすが、「明月院ブルー」と明月院の名を冠してるだけの事がありますね。
入ってから、しばらくは、回りが、そのブルー一色なので、それも圧巻です。
天気は…天気予報と相談して雨が降らなければOKという気持で行きましたが、こんなに良いお天気になってラッキーでした。
後庭園は、静かで落ち着ける良い庭園でしたよ。(^^)
2019年07月16日 20:52
こんばんは~
気持ち玉ありがとうございます。
リニューアルされて、まだもたもたです。
明月院ブルーを見ていますと
今の暑さを和らげてくれます。
悟りの窓いいですね。
上の失敗、ページの人しか削除できないそうです。
お世話かけますがよろしくお願いいたします。
これからもよろしくお願いいたします。
yoppy702
2019年07月17日 01:11
<つむぎ 様>
ありがとうございます。
同じく、まだまだ、課題が一杯で…
このコメント欄も、中央寄せになってるでしょ。
これも、事務局へ問合せはしてるのですが、全然、返事がきません。

明月院ブルー、仰る様に、涼しげでした。
この日は、ラッキーにも、関東にしては珍しく晴で暑かったんですけどね。(^^ゞ

悟りの窓は、名付けバッチシという感じを受けました。
これぞ、日本の美の表現ですね。(^^)
2019年07月17日 11:42
いつもご訪問有難う御座います。
ナイス(^ǒ^)ナイス
可愛い.d( ^u^ )b可愛い
ガッツg(^0_0^)gガッツ
2019年07月17日 14:57
yasuhikoさんの「明月院ブルー」を鮮明に覚えています。
植物園の様に土壌改良を加えていないので、自然のままの酸性土壌に対するアントシアニンの働きで鮮明なブルーでした。
最近、寺院でも色気を出して、カラフル紫陽花にしようとしているのを見ると、
嘆かわしい^^;

ヒメアジサイは、神戸森林植物園に入ると、管理棟前から長谷池へ向かう「あじさい坂」の両側に、ところ狭しと両脇に咲いている紫陽花です。
昭和のはじめ、牧野富太郎博士が植物の採集旅行の際、このあじさいを信越地方で見つけ、その優美な姿から「ヒメアジサイ」と名付けられました。ホンアジサイとエゾアジサイの交雑種であると考えられています。手まり形の澄んだ青い花をつけますが、その花房はごつごつした形状になることが多いようです。
とあります。

「うさぎ共和国」があるんですか。
神戸森林植物園の西門から入ると、「うさぎの国」がありますがそれより広いですか?

「悟りの窓」を拝見する為の大行列!
「悟りの窓」から見える世界は極楽浄土ですか!
私が一度も見た事の無い世界でして^^、既に達観した境地に入っていますね。
この写真を再見する事で、その境地に戻れるでしょう。
これは永久保存版ですね。

ここへ来たお目当ては、「本堂後庭園」でしたか。
「悟りの窓」から見た極楽浄土に入れるので、500円を投入!
極楽浄土から下界を覗かない方がいい。
これは、フムフムです!
赤地蔵の前にはピンクの紫陽花、青地蔵の前には青い紫陽花。
これも、フムフムです!

正にアジサイ園でした。

次が最終編ですか?
待ち遠しいですね♪

2019年07月17日 16:53
明月院、並ばずに中に入れましたか。
まだきれいに咲いていてよかったですね。
最盛期と比べても、明月院ブルーの花の
色に、変りはありませんよ。特別公開の
本堂裏庭園も風情たっぷり。竹の緑が
とても清々しくていいですね。
去年の私のブログを紹介して下さって、
有難うございます。実は、フォームが少々
崩れていたので、慌てて修正しました。
他の記事も少しずつ修正しようと思ってます。
2019年07月18日 01:12
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
日本の土壌は酸性と言われてますよねぇ。
でも、明月院では、春先までにまく肥料で土の酸性度を調整し、色を保っているそうです。
放っとくと、ロゼアになっちとゃうコがいるのかもしれませんね。
そういう風にして、徹底的にブルーにこだわっているから、ここのヒメアジサイのブルーは、明月院ブルーと呼ばれるまでになったんでしょうね。

森林植物園のヒメアジサイも素晴らしいですね。
でも、森林植物園は、六甲ブルーですよね。(^^)
同じ色であっても、場所によっては呼び名も変化。
これぞ、所変われば色変わるですね。
あっ、品変わるや。(^^ゞ
高知県の牧野植物園にヒメアジサイと命名された個体の挿し木があるそうですね。
行って見てみたいですね

ここの「うさぎ共和国」は、森林植物園の「うさぎの国」と比べたら、遥かに小さいです。
ケージがちょこっとあって、そこに、ウサギが飼われています。(三羽やったかな?)
なので、森林植物園とは、広さもウサギの数も比べ物になりません。
今回、ウサギの姿は見てないのですが…
昨秋に行った時に、その様子はアップしてますが、見る程の価値は皆無かと。(^^ゞ

「悟りの窓」の行列は、シーズンとしては、かなり短いようです。
ちょっと空を見てたら、先頭まで行きましたから。
昨秋も、「悟りの窓」からの景観を見ましたが、あの時は、丸窓の前に長火鉢がありました。
まぁ、それがシルエットになって、イイ感じでしたけどね。

「後庭園」は、花菖蒲と紅葉のシーズン以外は立ち入れないので、この特別開園が6月中にあると書かれましたし、明月院ブルーの事もあったので、メインの用件と調整して、なんとか、6月中に行けました。
庭園としては、決して、有名なランクインするような庭園ではないですが、とっても趣のある庭園でした。
紅葉真っ盛りにも行ってみたいですね。

次回は…
最終ではありません。
2019年07月18日 01:17
<yasuhiko 様>
ありがとうございます。
時期的には、ちょっと遅いという感はありましたが、綺麗所が沢山咲いてました。
ダメ元で行きましたが、期待は全て満足でした。(^^)
これも、昨年、yasuhikoさんに教えて頂いたお蔭です。
9割以上がヒメアジサイでも、明月院さんは、徹底的に、ブルー色の管理をされてるだけあって、ホンマ、見事な光景です。
これだけあったら、中には、ロゼアがあってもフツーなんでしょうけど、こだわりのブルー…これが、明月院ブルーなんですね。

「本堂後庭園」が、普段は非公開であるというのは、昨年のyasuhikoさんの記事を見た時には知りませんでした。
でも、昨秋に、明月院に行った時に、普段は非公開というのを知り、「悟りの窓」の向こうに見える極楽浄土に憧れを感じてしまったんです。
あっ、極楽浄土というのは、ボクの感覚です。(^^ゞ
なので、6月中は特別公開というのを知り、明月院ブルーと共に、とてもワクワクしてました。
昨年のyasuhikoさんは、花菖蒲の見頃に行かれているので、その時期やったら、正に、極楽浄土ですね。(^^)

yasuhikoさんも、過去記事が乱れてましたか。
ボクもそうなんです。
特に、コメント本文、記事が、何故かセンタリングになっていて…
記事の方は、直前の分だけ左寄せに修正しましたが、コメントの方は解らないので事務局に問い合わせしてますが、未だ、回答が来ません。
過去記事は、ホクらにとっては大きな財産やのに、事務局は、何を考えてるんでしょうかねぇ…
こんなん、一般企業やったら、補償問題ですよね。
2019年07月18日 21:54
こんばんは~
北鎌倉アジサイ、ブルーオンリー!
一色もきれいね~

ハナジョウブ、色んな種類あってきれい!
ハナジョウブ、アジサイとしょうぶしてる。。

さすが鎌倉、人多いね!
次もっと多い東京ね。。

ここ2~3日根性で送信するがエラー連発!
どなんなってるんかな~??
2019年07月19日 01:27
<miyo 様>
ありがとうございます。
ブルーオンリーのアジサイ、見事でしたよ。
人間の手が入ってるけど、ここまで、徹底した管理がされていると脱帽ですね。
鎌倉で一番と言われる事はありますね。

ハナショウブは、時期的には、完全に終わってるんですけど、少し残ってました。(^^ゞ
「ハナジョウブ、アジサイとしょうぶしてる。」…

miyoちゃん、面白い!(^^)

平日やのに、メッチャ、人が多かったです。
でも、メゲズに行きました。

次…
まだ、北鎌倉に居ます。

エッ?未だ、コメントでエラーが出てるんですか?
もう、解消されているハズなんですけどねぇ…
あまりにヒドイんやったら、事務局へ問合せした方がイイですよ。

最近の記事

テーマ別記事