日帰りバスツアー ~ ≧[゚◇゚]≦ (2019)


 ※ちょっと長いです。



2019/02/25(月)。クラブツーリズムさんの日帰りバスツアーに行ってきました。


ツアータイトルは、

  『あなたはどっち?選べるカニ尽くしの昼食!日本海・若狭カニカニカーニバル!』


年々、ツアータイトルって、派手々になってます。(^^ゞ



旅行案内 及び 行程は、

画像






集合は、JR難波駅OCATビル1階団体受付カウンター前です。

画像



平日なので、道は空いてます。

その上、今日は、ほぼ、

ラッキーです。(^^)





行程表では、次の立ち寄りは、「西友本店」となってますが、

月曜日が定休日のため、道の駅「あどがわ」に変更です。


このツアーは、メインはカニ。

観光が殆ど無く、買物が多いです。

観光も、ツアーとしては、入場料不要の所です。

まぁ、若狭まで観光バスで行ってカニを食べて、この値段ですもんね。(^^ゞ

画像



「道の駅 あどがわ」は、滋賀県高島市安曇川町にあります。

ここは、「藤樹の里」って付いてます。


「藤樹」は、「中江藤樹」の事で、江戸時代の陽明学者。

現在の、安曇川町が生まれ故郷だそうで、近江聖人と称えられたそうです。




店内に入ります。

画像



沢山の品揃えです。

こういう所に来ると、つい買いたくなってしまいます。

以前に、道の駅巡りのツアーに行った時には、道の駅に着く度にお買物をしてしまって、

帰りには一杯になってしまいましたっけ。(^^ゞ


お花もあります。

画像



バイカオウレンに手が出そうになりましたが、我慢しました。(^^ゞ

でも、結局、衝動に負けて、これを買ってしまいました。(^^ゞ

画像



岩手県の、「南部せんべい」 と 「ゆべし」 です。

… ???

ここ、滋賀県やのに、なんで、岩手県のお土産なん?



実は…

画像



岩手県の物産フェアをやってたんです。(^^ゞ





次は、本日のメイン、昼食です。(^^)

お世話になる昼食会場は、「千鳥苑」さんです。

画像



会場は二階です。



昼食は、「選べるカニ尽くしの昼食!」です。

選べるというのは…

  ①.ジャンボズワイガニ、一杯付きのカニ御膳

  ②. ズワイガニ、三杯分使ったカニフルコース

のどちらかですが、このツアー参加者は、全員、①でした。(^^ゞ


画像



ジャンボズワイガニです。(^^)

画像



( i∇i)コワー


画像



食事会場に入って、席に着いたのは、11時43分。

ここの出発は、13時です。

1時間17分もあるんですが、カニの時は、これでも短いです。

って、カニを食べるのが下手なだけなんですけどね。(^^ゞ


という事で、静かな食事が続きます。

なんせ、皆さん、カニと格闘してますから。(^^ゞ





結局、座席を離れたのは、12時45分でした。

あ~、もう、お腹が一杯。





手を、洗わなきゃ。(^^ゞ

石鹸…ハンドソープで、念入りに洗います。



その後、土産物を見ようと思ったのですが、そんな時間はありません。

でも、大丈夫。

こうなると予想していたので、車内販売が「千鳥苑」さんやったので、それを申し込んでおきました。(^^ゞ

それに、車内販売の方が、断然、お得やったんです。

画像



「スイートポテトのおまんじゅう」の店頭販売価格は、680円。

「越前塩羽二重餅」の店頭販売価格は、581円。

二つで、1,261円のところが1,000円です。(^^)





時間はありませんが、喫煙場所で一服して…





今日は、海が綺麗なので、一応、写真だけ撮っときます。(^^ゞ

画像



いやぁ~モデルさんが居ると、のっぺらな風景も絵になります。

って、同じツアーの方ですけど。(^^ゞ

シャッターを切ったら、たまたま、、、入っちゃったんで。





次は、「選べる観光地」です。

と言っても、「敦賀港」か「氣比神宮」ですけど。


「氣比神宮」は、以前に立寄ったし、「敦賀港」の「赤煉瓦倉庫」に行ってみたかったので、

ボクは、「敦賀港」にしました。





バスは、出発して20分程で、「赤煉瓦倉庫」に到着です。


先に、「赤煉瓦倉庫」観光者を下ろし、バスは、「氣比神宮」へ向かいます。

なので、観光時間は、『 「赤煉瓦倉庫」 > 「氣比神宮」 』です。(^^ゞ

画像



横浜の「赤煉瓦倉庫」は大きいですが、ここのは、コジンマリしてます。(^^ゞ


「赤煉瓦倉庫」の中に入る前に、ちょっと、付近をブラブラします。

画像



「人道の港 敦賀ムゼウム」という名称でした。(^^ゞ

敦賀港の歴史をまとめた博物館で、

特に、第二次世界大戦中に杉原千畝の命のビザに救われた多くのユダヤ人難民が

敦賀にたどり着いた事からその功績を紹介しているそうです。


杉原千畝(すぎはらちうね)は、日本の元国家公務員(外交官)で、

第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していました。

杉原は、ナチス・ドイツの迫害により欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情し、

外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、避難民を救ったそうです。


なるほど…

その避難民が着いたのが、この敦賀港。

なので「人道の港」、「命のビザ」、「自由への扉」なんですね。


因みに、「ムゼウム」は、ポーランド語で資料館を意味するそうです。

画像



「旧敦賀港駅舎」は、鉄道資料館になっているので入りたかったのですが、

月曜日は休館日でした。(^^ゞ





そろそろ、「赤煉瓦倉庫」へ戻ります。

画像



ここの「ジオラマ館」、素晴らしいです!

スタッフの方が話しかけてきたので、しばらく説明とか聞いていたんですが…

なんでも、このジオラマを作った方は、ゴジラ映画の関係者だそうです。


こんな紹介文があります。


  敦賀赤レンガ倉庫は、1905(明治38)年、敦賀港の東側に石油貯蔵庫として建設されました。

  北棟と南棟の2棟の倉庫は、福井県では有数のレンガ建築物で、2009(平成21)年1月には、

  煉瓦塀とともに国の登録有形文化財に登録されました。

  建設から110周年(2015年)に、

  北棟は当時の敦賀市を再現した「ジオラマ館」として生まれ変わりました。

  館内には、国際港湾都市として栄えた敦賀の町並みや、

  その繁栄を支えた鉄道や港を再現した「巨大ノスタルジオラマ」が展示されてます。

  また、当時を写した映像の中では、昭和初期の当社敦賀工場なども紹介されます。




「ジオラマ館」のHPには、


  全長約27m、最大奥行き約7.5mの大きさを誇る鉄道と港のジオラマ「ノスタルジオラマ」。

  D51・1号機をはじめとする蒸気機関車、ディーゼル機関車、敦賀の特徴となるスイッチバックなどの

  鉄道模型、自走式の船や自動車が、ところ狭しと走り抜けていきます。

  町並みは、『いま蘇る みなとまち敦賀の町並み』気比史学会創立10周年記念出版(1988年)の

  昭和20年(敦賀空襲被災時)の復元地図を参考に往時の町並みを

  約80分の1スケールで再現しました。




このジオラマを使ったジオラマショーがあります。

前面には、当時の写真を映し出し、それに合わせて、ジオラマの部分が稼動するという仕掛けもあります。

これが、特に素晴らしかったです。

画像



精巧なジオラマ、そして、ジオラマショー…


ここは、もっとゆっくりと見物したかったです。

なので、「赤煉瓦倉庫」の他の所は探索出来てません。

どんな、お土産品があるか見たかったんですけどねぇ…

この辺りは、他にも沢山の観光場所があるので、個人で来てもイイかも。(^^ゞ





時間がなくなっちゃったので、慌ててトイレへ行き、外で一服します。(^^ゞ

見ると、バスが、もう来てました!





次は、「昆布館」でお買物タイムです。

このツアーは、やたら、お買物タイムが多いです。(^^ゞ





「昆布館」は、ここから、10分程でした。

「赤煉瓦倉庫」で、焦って、トイレと一服しなくてもよかったんや。(^^ゞ





「昆布館」は、昆布の生産拠点の北海道、そして、流通拠点の、ここ、敦賀にあります。

流通拠点というのは、北前船の歴史です。


ここには、昆布を使った様々な商品が販売されてますが、

二階には、昆布館オリジナル映画や、昆布の歴史、流通などのディスプレイなどがあります。

でも、何度も来てますが、未だに、二階って行った事がないです。(^^ゞ


何度も来てますが、久し振りです。

売店に並んでる商品も新しい物があります。

画像



「昆布ソフト」って、昆布の味がするのかなぁ…と思ったんですが、

どちらかというと、「抹茶ソフト」って味でした。(^^ゞ





次は、行程最後の「日本海さかな街」です。

又、お買物です。(^^ゞ


「日本海さかな街」は、日本海側最大級の海鮮市場で、

敦賀港直送の魚介が並ぶ鮮魚店や水産加工、昆布、珍味、銘菓など50数店と

海鮮丼、寿司など17店舗の飲食店が軒を連ねる巨大海鮮市場です。

以前、ツアーの企画で、カニの爪、詰め放題で入った事があります。(^^ゞ

画像



ギッシリと詰めて、さらにオマケで入れてくれるのでケースからはみ出してます。


雰囲気的には、干物とか買いたかったんですが、お店の方が美人やったんで…

ちゃう!

前から、殻付アーモンドを食べてみたかったんです。





これで、全ての行程が終わりました。


帰路では、名神高速道路「大津SA」でトイレ休憩があります。





画像






出発時間が近づいてきたのでバスに戻ります。


バスに戻ると、座席には…

画像



このツアーには、夕食(?)が付いているんです。

マダ、お腹が空いてないので、帰ってから食べましたが、

ミニの割には中身がギッシリ。

海鮮部分(?)も、さすがに美味しかったです。(^^)





今回のカニツアー…

お買物タイムが多かったですが楽しめました。

それに、敦賀港散策…特に、赤煉瓦倉庫のジオラマは素晴らしかったです。

でも…

なんといっても、カニが上手かった。(^^)



画像
By yoppy











この記事へのコメント

2019年03月07日 01:42
お店の人が美人・・・ふ~ん・・・
yoppy702
2019年03月07日 10:04
<ちいかめ 様>
ありがとうございます。
ハイ。お店の娘御は美人さんでした。(^^)
でも、殻付きアーモンドを買ったのは、それが理由じゃないですよ。
「ボクが買ったのはコレです。(^^ゞ」の画像はトリミングしていて、原本では、彼女が小さく写ってます。
なので、彼女が美人かどうかは解らず、アーモンドの文字に惹かれて寄って行ったんです。
そしたら、美人さんやった。
というだけなんです。(^^ゞ
最近(?)、殻付アーモンドって、ちょっと評判になってるでしょ。
だから、興味があったんです。
これで、アーモンドバターを作ろうと思ってます。(^^)
2019年03月07日 15:29
こんにちは。
これだけお買い物する所があれば、帰る頃にはお土産でいっぱいになりそうですね。
カニ料理美味しそうで羨ましいです。
海が綺麗ですね 
2019年03月07日 16:00
カニツアーは、存分に食べることができて、良いですね。
北海道内のツアーでも、買い物タイム有りますが、道外の人達のためのようですね。ほとんど札幌で買うことが出来ますから・・・。
杉原千畝の話、以前NHKでやっていたので、覚えていました。殺伐とした時代でしたが、こう言う、人徳の有る人も居たのですね。ちょっと、誇らしいです。
2019年03月07日 16:29
こんにちは。
お買物バスツアーに行ってきたのですか~
買ったのが「南部せんべいとゆべし」
なんですね!「ゆべし」好きです。特に
「くるみゆべし」が一番美味しいですよ!
メインの『ズワイガニ』美味しそうに
撮れていますよ~ナイス!
へ~「昆布館」なんてあるのですねか。
大好きなカニ料理を食べて満足しましたね!
2019年03月07日 16:31
ウハッ、カニ御膳凄いですねぇ。香の物入れて10品もある。
ジャンボズワイ、大きいですね。これだけで1時間かかりそう。ビール飲んでるひまなさそう^O^

ツアーバス、お土産の車内販売もあるんですか。yoppyさん、慣れてますねぇ。^_^
それにしても、お店、アチコチ、沢山、寄りますね。いちいち、買ってたら大変だ。

海、碧くって綺麗ですね。モデルさんはいいけど砂浜が・・・
赤煉瓦倉庫は明治の香りが・・・キハも懐かしい。
ジオラマも旧敦賀港駅舎もいいですねぇ。

ミニ海鮮丼付きで、このお値段。いいツアーでしたね。

ン・・・ちいかめさんの「ふ~ん」って???
                              てくてく
2019年03月07日 22:23
こんばんは~
久し振りのバスツアーですね!
安曇川で早速のお買い物?
あっ!かわいいお花次々に~買うのかい?買わんのかい?
買うと思ったら、花より団子せんべいか~い!

足湯もあるんや~
ホンマ!カニに睨まれてるね!残さず食べてや~とね!
昼食後は横歩きしたんと違う?

お土産のお饅頭2箱、全部yoppyさん食べるの?
手伝いましょうか~
アーモンドおいしそう~体にいいよね。
海鮮丼まで付いて、お腹いっぱいのツアーでしたね!

2019年03月07日 22:32
こんばんは。

カニづくしの日帰りバスツアー、いいですね~(^^)
昼食、カニが一杯つくんですね。どれもおいしそうです。
カニを食べる時は皆さん、静かですよね。

お天気も良いので海がきれいですね。
赤煉瓦倉庫のキハ28系気動車、懐かしい車両ですね。この車両が大阪駅に来ることは今はないですが、一昔前は山陰方面に向かう急行列車はだいたいこの車両だったような気がします。
それに鉄道のジオラマ、これは素晴らしいですね。ぜひ見たいです(^^)

「日本海さかな街」、ここは私も前に一度寄った記憶があります。とにかく内部が広かったのを覚えています。

そして帰路に寄られた大津SA、ここホントきれいになりましたよね。展望台のようなところともあって、特に用事がなくても寄ってみたいSAだと思います。

日帰りバスツアー、お疲れさまでした(^^)
yoppy702
2019年03月08日 00:25
<みっちゃん 様>
ありがとうございます。
ハイ。お土産で一杯になりました。
なんかねぇ…お店に寄って目の前にすると、つい買っちゃいたくなるんです。(^^ゞ
なので、いつも、ポケッタブルの袋を持って行ってます。

カニ料理、美味しかったですよ。(^^)
まぁ、お安いツアーのカニなので、高級品には慣れていないボクには、ですけど。(^^ゞ

天気が良かったので、若狭の海が、穏やかで綺麗でした。
日本海は、好天でも荒天でも表情が素適ですね。(^^)
yoppy702
2019年03月08日 00:27
<藍上雄 様>
ありがとうございます。
大阪から、北海道へのカニがメインのツアーもありますけど、大阪からは、日本海への日帰りカニツアー(バスツアー)がお得ですね。
昔、行ったツアーでは、カニ足食べ放題というのがあり、これは、食べ甲斐がありました。(^^ゞ
道内のツアーといっても、道外からのツアーが多いので、買物タイムがあるんでしょうね。
でも、大阪から近場へ行っても、必ず、お買物タイムってありますから、案外、道内の日帰りツアーでも、お買物タイムがあるかもしれませんね。
まぁ、買う、買わないはその人の自由ですけどね。(^^ゞ

杉原千畝、御存知でしたか。
ボクは、知りませんでした。(^^ゞ
ホンマ、あんな時代に、よくこんな事が出来たもんやと驚きの感があります。
それも、自分の判断でされているから、官僚にあって、よく、そんな決断ができたもんです。
それを後世に伝えているのは素晴らしい事ですね。
yoppy702
2019年03月08日 00:29
<remember you 様>
ありがとうございます。
まぁ、お買物ツアーみたいなモンですね。
でも、一応、カニツアーです。(^^ゞ

「ゆべし」は、「くるみゆべし」が一番美味しいんですか。
「ゆべし」って聞いた事はあっても、食べた事はなかったんです。
で、初体験。
美味しかったです。
確かに、胡桃がないと物足りないかも。(^^ゞ

ズワイガニ、ツアーのジャンボサイズでしたので、足にも、しっかりと身がありました。
カニさんの顔がイイでしょ。
カニツアーで姿ガニがあったら、いっつも、怒ってる顔を撮ってるんです。(^^ゞ

「昆布館」、あるんですよ。
北海道と敦賀の二ヵ所ですが、有名昆布や昆布加工製品など、色々とあって面白いです。
「○○館」って、色々とありますね。
カマボコ、メンタイコなんてのも面白いです。(^^)
yoppy702
2019年03月08日 00:34
<てくてく 様>
ありがとうございます。
お安いツアーの割には、カニ御膳の内容は豊富でしょ。
カニは、小さいと、足に身が入ってないので、ジャンボサイズにしました。
まぁ、ジャンボといっても安いツアーのジャンボなので、お高いツアーに行くと、小さいサイズかもしれませんが。(^^ゞ

カニを食べるのが得意な方は、一杯ですと、ササッと食べるのかもしれませんが、ボクの場合はモタモタ…
でも、ビールは飲んでます。(^^ゞ

クラツーさんの日帰りバスツアーは、大抵、車内販売があります。
店頭で買うよりお得やし、選ぶ手間が省けます。(^^ゞ
これ以外でも、立寄るので、気に入ったのがあると、スグに買っちゃうんで、帰りは、一杯になりますけど。(^^ゞ
今回も、一杯になりました。
なので、ポケッタブルの袋物を持っていってます。

若狭の海、綺麗でしたよ。
海は。(^^)
砂浜は…トリミングでカットしようかと思いました。(^^ゞ
こういう場所には、若い女性がお似合いですね。

赤煉瓦倉庫は舞鶴にもありますね。
でも、敦賀にはジオラマ館があるので、こっちの方がイイかも。
って、赤煉瓦倉庫自体は、あまり関係ないですね。(^^ゞ
赤煉瓦倉庫横の展示車輌がイイですね。
鉄道資料館が開いていたら入ったんですけどね。

そうなんです。
ミニ海鮮丼付きでした。
実は、見落としていて、付いてるなんて知らなかったんです。(^^ゞ

ちいかめさんの「ふ~ん」…
ですよね。
女性には反感を買いそうな発言内容でした。(^^ゞ
2019年03月08日 08:45
JR難波駅OCATビル1階の集合場所、DAISOの所、覚えてます。
yoppyさんがいつも集まる場所ですね(*^-゚)⌒☆オボエチャイマシタ・・
若狭までカニを食べるツアー⁇ 絶対参加したぁい。
立派なズワイガニとコースですね。裏山椎~~~☆彡
くるみ柚餅子、大好きでcoopで切り落とし扱ってたので即買い!
羽二重餅も美味しいですよね~ こちらのは羽二重団子ですが。
あらら。。なんだか食べ物の話ばっかりになりました。
ジオラマも素晴らしいですね~~
私も大好きです。ジオラマの世界が・・・
お土産選びも、悩んでしまいますよね~~~
へ~~~~~~ 夕食までついてるの@@
ツアーの中に可愛い方や、売り場の美人?さんにも恵まれて
なんてお得なツアーだったんでしょ((((^Q^)/
至れり尽くせり、いったりきたりでしたね(*^-゚)⌒☆
yoppy702
2019年03月08日 10:50
<miyo 様>
ありがとうございます。
バスツアーは、昨年の11月下旬以来ですね。(^^ゞ
安曇川の道の駅でしたが、ホンマはも西友本店という川魚中心のお店やったんです。
鰻や佃煮があり、前に行った時は、うなぎ茶漬けを買いました。
これが美味しかったんですけど、今回は、定休日でしたので道の駅になりました。

鉢植、可愛いいでしょ。
「買うのかい?買わんのかい?…」
ハハハ。ナイス!(^^)
さすが、吉本miyoさんや。
バイカオウレンが欲しかったんやけど…
やっぱり、東北は支援しなきゃですもんね。(^^ゞ

足湯もあるんですが、なんか、ヒッソリとしてましたよ。(^^ゞ
カニって、子供の時は、冗談抜きで怖かったんです。
大阪の道頓堀に、かに道楽ってあるんですが、そこにデッカイ動くカニがあって、それがメッチャ怖かった。(^^ゞ
昼食後は…横歩きというか、千鳥足でした。(^^ゞ

お土産のお饅頭は、ボクが片付ける予定です。
お近くやったら、お招き致しましたのに。(^^)

アーモンドでも、殻付がイイそうですよ。
なので、前から、殻付って食べてみたかったんです。
でも、殻取るの、結構、面倒です。(^^ゞ
これで、アーモンドバターを作ろうと思ってます。

ミニ海鮮丼が付いてるのって知らんかったんです。
なかなか、美味しかったです。(^^)
yoppy702
2019年03月08日 10:52
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
カニは、大好きなんで、冬場になると、やっぱり、カニツアーに行きたくなるんですよね。
でも、カニを食べるのは、メッチャ下手なんです。(^^ゞ
こちらには、道頓堀に、かに道楽とかあるんですけど、お安いツアーでも、日本海に行って食べたくなりますもんね。
そうなんです。
カニツアーの食事は、メッチャ静かです。(^^)

この日の日本海、綺麗でしたよ。
久し振りに、こんな綺麗なのを見ました。
赤煉瓦倉庫も行きたかったし、横に展示されていた車輌には満足。
昔は、山陰方面への急行は、これやったんですね。
さすが、良く御存知です。(^^)
ジオラマは、昔の敦賀を表現してるんですが、町並みと共に、鉄道が精密に再現されてました。
これを見ながら、先程の「キハ」を含めて、narayama2008さんやったら、メッチャ喜ぶやろなぁ…と思ってました。(^^ゞ

「日本海さかな街」は、こっち方面のツアーでは、必ず立寄る所ですが、ホンマ、ここは、モノスゴク広いです。
山陰の方でも、鮮魚中心の所は多いですが、こんな広い所はないですもんね。

大津SAは、若い頃に、自分の運転で初めて立寄ったSAなんです。
当時は、ちょっと感動したんですが、もう、何十年前でしょうね。(^^ゞ
リニューアルした時は、ちょっと寂しかったですが、とっても綺麗になりました。(^^)
yoppy702
2019年03月08日 10:55
<nobara 様>
ありがとうございます。
集合場所、覚えて頂いてたんですね。(^^)
難波OCATは、色んなツアー会社が利用してますし、高速BTも、ここの二階にありますし、家からも、地下鉄だけで行けますし、歩いても半時間程なんで、便利な場所です。(^^ゞ

若狭方面のカニツアー、これも、冬の恒例行事、風物詩になってますね。
お安いツアーのカニでも、ここまで来ると、とっても立派で、美味しく感じてしまいます。(^^ゞ
カニ会席で、お箸だけで食べれるツアーもあるんですが、やっぱり、姿ガニと格闘したいので、そういうツアーがイイですね。

くるみ柚餅子、お好きなんですね。(^^)
ボクは、「ゆべし」は知ってましたが、食べた事がなかったんです。
これ、美味しいですね。(^^)
羽二重餅は、特に珍しく、特に美味しいって感じではないですが、こっち方面に来ると、やっぱり食べたくなるお土産なんです。
こういうのを銘菓っていうんでしょうね。(^^ゞ
ハイ。今回は、お土産も含めて、食べ物の登場が多いツアーでした。(^^ゞ

ここのジオラマ、素晴らしいですよ。
敦賀のジオラマやから、観光用のちょこっとした内容やと思ってましたが、裏切られました。
スゴイです。
なんせ、ゴジラ映画の関係者が作っただけあって、昔の敦賀の町が精密に再現されています。
ジオラマが好きでなくても、ここには釘付けになりますね。

そうなんです。
夕食(軽食)まで付いてたんです。
案内には載ってましたが、見落としてました。(^^ゞ

売場の美人さん…
ツアーの可愛いい方…
ホンマ、男って、いくつになっても困ったちゃんですね。(^^ゞ
2019年03月08日 21:18
敦賀港っていったら「いだてん」に出てきましたね。
ストックホルムに行くときに敦賀港から船に乗ったんですね。
そんな大きな港なんですね。
福井には行ったけど、敦賀まで行けなかったから
今度機会があれば行きたいわ。
赤レンガ倉庫のジオラマ館は面白そうですね。
yoppy702
2019年03月08日 22:16
<コスモス 様>
ありがとうございます。
ハイ。そうです。(^^)
敦賀港は、江戸時代の北前船の寄港地の一つでしたし、舞鶴港が軍事関係に対して、敦賀港は民間の港として発展してきたそうです。
そして、明治には、ロシアのウラジオストクとの間に定期航路が開かれました。
「いだてん」では、その定期航路に乗り、ウラジオストクに渡り、シベリア鉄道に乗り、ストックホルムに行ったんですね。
考えたら、なかなか、タイムリーなツアーやったんや。(^^ゞ

赤煉瓦倉庫は、横浜のと比べるとショボイですが、ジオラマは素晴らしかったですよ。
ゴシラ映画の関係者が作ったそうなんで、昔の敦賀の町が、精巧に再現されてました。
2019年03月11日 07:36
おはよーございます!

カニづくしツアー、いいですね(^o^)

お土産ってついつい買っちゃいますよね。
クルミゆべし、おいしそう。
殻付きアーモンド、食べてみたいです。

海も眺められて、いいお天気で、最高ですね!
2019年03月11日 11:14
在職時、職場の人とカニツアー一泊が懐かしいです。
私は毎年ここで、ブログ・カニツアーに参加してます^^)
今年は「若狭カニカニカーニバル」ですか♪
リオのカーニバルは終わりました♪

ズワイガニ三杯分より、ジャンボズワイガニ一杯付きカニ御膳がいいのは、デカイ蟹が睨んでくれるからですか♪
こちらは良質のフルコース状態です。
アルコールが進みそうですがビールは1本?
蟹と格闘後、格安の車内販売へ、考えてくれてはります。
寂しい波打ち際にはモデルさんまで♪
ズームアップは秘蔵?

敦賀港は久し振りです。
「人道の港 敦賀ムゼウム」は、この「命のビザ」を持ったユダヤ人難民が上陸した日本で唯一の港として「命」と「平和」を伝えているそうですね。
杉原千畝さんのお話し、私も以前調べたことがあります。
大陸に近い敦賀港がもっと栄えてもいい様に思います。

2015年にこのジオラマ館が出来たそうで、知りませんでした。
素晴らしい動画「4K 敦賀赤レンガ ノスタルジオラマ」が公開されていて、魅入ってしまいました。
戦前には船を利用した、東京・パリ間を走る国際列車があったそうで、驚きました。
他にも色々一般の方が動画を公開していています。
この写真でも更に楽しめました。

「日本海さかな街」の種類豊富な海鮮丼が凄い!
朝飯抜きで行きたい所です。
美人の店員さんに惹かれて購入した殻付アーモンド、お味はどうでした?

海鮮丼の夕食付きでしたか。
至れり尽くせりのバスツアーを堪能しましたね。
おつかれさまでした。
yoppy702
2019年03月12日 00:35
<koji 様>
ありがとうございます。
ハイ。カニツアー好きなんで、ほぼ、毎年行ってます。(^^ゞ
ツアーによって違いますが、カニづくしの昼食が多いですね。

お土産は…
自重しようと思ってるんですが、見たら、つい、買ってしまいます。
誘惑の魔の手ですね。(^^ゞ

ゆべしって、名前は知ってましたが、食べた事がなかったので買ってみました。
ブロ友さんによると、クルミのが一番美味しいらしいですね。
殻付アーモンドは、評判になっていたので買ってしまいました。
殻なしよりも、味が濃厚な感じがしますね。

天気が良かったので、若狭の海は綺麗でしたよ。(^^)
yoppy702
2019年03月12日 00:40
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
ボクも、慰安旅行で、一泊のカニツアーに行った事があります。
あの時は、宴会なので、仲居さんが、カニの身を取ったりしてくれましたっけ。(^^ゞ
リオのカーニバル、こうべ祭りが終わると、カニカニカーニバルの季節がやってきます。
かなり遅れてですけど。(^^ゞ

カニって、同じ料金やったら、三杯より一杯の方が、絶対に身が詰まってますから。
姿ガニと格闘したいですけど、食べるのが下手なんで、身が詰まってないと、食べる所がなくなってしまうんです。(^^ゞ

ビールは…
姿ガニとの格闘が忙しくて。
後、30分欲しいですね (^^ゞ

クラツーさんでは、車内販売は、ほぼ毎回あります。
なので、状況に合わせて利用してます。
今回は正解でした。

波打ち際のモデルさん…
ホンマ、知らなかったんです。
シャッターを切ったら、入ってたんです。
二枚目は、ワザと入れましたけど。
ズームアップのはないですよ。(^^)

敦賀港も行ってみたかったのが、このツアー選択理由の一つです。
杉原千畝、あの時代に、官僚でありながら、スゴイ事をやりましたね。

このジオラマ館、素晴らしかったです。
見るまでは、客寄せ程度やと思ってたんですが、唖然でした。(^^ゞ
今、いだてんさんが、敦賀港から船に乗って、シベリア鉄道経由でストックホルムに行きましたね。
舞鶴は軍需、敦賀は民間としてアジア、ヨーロッパへの玄関口やったんですね。

「日本海さかな街」は、ホンマ広いですよ。
でも…そんなに安いとは思えないんですけどね。
日本人の顔をした外人さんも多かったです。

夕食が付いているのを見落としていたので、ラッキーと思いました。
ミニとはいえ、食べごたえがありました。(^^)
2019年03月13日 12:27
日帰りのカニツアーとは素晴らしい(笑)
遠い昔、初めて北海道に旅行した時がクラツーさんのカニ食べ放題ツアーだったのを思い出しました(笑)
2泊3日で2晩目の夕食だけがカニ食べ放題で時間制限もなかったけれど、そんなに食べられるもんじゃありませんでした(苦笑)
ズワイガニ3杯分のフルコースで夕食まで付いててこのお値段はナイスですね。
クラツーさん、儲かってまんな(笑)

アーモンドの殻付きがあることを初めて知りました殻付きってからには、塩味もなにもついてない素煎り状態ってことですね?
アーモンドバターのお裾分けお待ちしています(笑)
2019年03月13日 16:26
カニカーニバルですか。
美味しそうなツアータイトルですね。
カニを食べすぎて、もうお腹一杯なんて、
一度は言ってみたいものです。
美味しいカニが獲れるだけあって、
また海のきれいな事。敦賀港から船で
シベリア鉄道に繋がってたんですね。
このルートで、与謝野晶子も、林芙美子も、
金栗四三も欧州へ旅立っていったかと思うと、
なかなか感慨深いものがあります。
逆ルートで、多くのユダヤ人難民がこの港を
利用していた事にも驚きました。
yoppy702
2019年03月14日 10:16
<karake 様>
ありがとうございます。
シーズンになると、日帰りのカニツアーには、大抵、一度は行ってるんですよ。
今迄で、一番面白かったのが、カニ足食べ放題。
足だけなので食べ易かった。(^^ゞ

北海道で、カニ食べ放題ですか。
贅沢なツアーや。(^^)
時間制限がなかったら、一杯、食べれるやん。
あっ、karakeさんは、飲む方が忙しいから、それで、あんまし食べれんかったんですね。(^^)
日帰りのツアーは、食事の時間は制限されちゃうので。
宿泊で金沢へ行った時は、食べ放題とちゃうかったし…
姿ガニと格闘する時は、時間が欲しい!(^^ゞ

クラツーさん…
儲かってると思います。(^^)
でも、カニは、シーズンには、各社が出しているので、そんなに利益は無いでしょうね。

殻付は…特に、塩味という感じはないですね。
まぁ、殻は、食べてはいけないですけど。(^^ゞ
でも、しっかりとした味です。
殻付は濃厚な味と聞いてましたが、正に、濃厚です。
…多分、濃厚。(^^ゞ
もう、かなり減っちゃいまして…
アーモンドバターが作れるかどうか?
初めてなので、多分、失敗すると思うし…
成功しても、お裾分けできる量じゃないし、それにクール宅急便を使わなきゃいけないもんなぁ…
通販で、姫路の名店・大陸さんが出してるから、それを頼んだ方がイイと思います。
yoppy702
2019年03月14日 10:18
<yasuhiko 様>
ありがとうございます。
ツアータイトルは、年々、大層になってますね。(^^ゞ
このツアーは、量が決まってますけど、食べ放題のツアーに行くと、カニを食べるのが上手な方の前には、ボクと比べ物にならない程のカニの残骸ができてますよ。
カニ食べ放題のツアーでお腹一杯になるには、腕を磨かなきゃと、いつも思いますもん。(^^ゞ

この日の日本海は穏やかで、とても綺麗でした。
でも、冬の日本海は、天候によっては、とても怖い景色にもなります。
荒天の時は、波の花が空から降ってきた事もありました。

敦賀港は、民間の歴史では、とても大切な港やったんですね。
丁度、「いだてん」が、敦賀港からシベリア鉄道経由でストックホルムに行く場面でしたので、とってもタイムリーでした。
人道の港というのも初めて知りました。
杉原千畝…官僚でありながら、あの時代に、あんな事ができるなんて素晴らしいです。
敦賀港、スゴイ所ですね。

この記事へのトラックバック

最近の記事

テーマ別記事