夜行フェリーの旅 ~ 山口のあたり…(^^ゞ

2013/04/04(木)。会社を休んで、サンケイ旅行会さんのツアーに行ってきました。(^^ゞ


ツアータイトルは、「紺碧の青海島・角島大橋と秋吉台」。

今回は、日帰りではなくて、二泊三日です。

でも…往復夜行フェリーなので、二泊とも船中泊です。(^^ゞ

行程は、

画像



集合は、大阪南港フェリーターミナル、2階待合室に、16時です。

今日は、添乗員さん、何処にいるのかなぁ…
それらしき方が、受付台のような所にいらっしゃいます。

「yoppyです。」と受付を済ませたのが、15時48分。
家を、15時に出てきたので、案外早く着きましたね。

16時07分、乗船のため、移動します。

画像




フェリーは、「名門大洋フェリー」南港発16時50分、新門司港行き、「フェリーおおさか」。

以前に乗った、東予港行きのオレンジフェリーの方が、綺麗…かな?(^^ゞ
でも、レストラン、ゲームコーナー、お風呂、自販機コーナー、売店などが完備され、
快適な船旅を過ごせそうです。


夕方の南港もキラキラ…

画像


そして、出航。

動き出したら速い。フェリータミナルが、もう、あんなに遠くに…

これから、長い船旅の始まりです。

えーと…12時間40分も乗るんや。

新幹線で行ったら、早く着くのにねぇ。(^^ゞ




18時05分頃に、明石海峡大橋を通過するので、ご挨拶に。

デッキは、風が強い。やっぱり、スピード出てるんやなぁ…
帽子を飛ばされないように、後ろ向きに被り、キュッと締め付けます。

近づいて来ます。

画像


そして…

画像



下から見たの、初めて。(^^)

行ってきま~す。(^^)




明石大橋に挨拶を済ませたので、夕食にします。

船内では、売店も、レストランもあるのですが、今日は、ライフでお弁当を買ってきました。

画像


そして、食後に(?)、寝酒。(^^ゞ


という事で、この日は、20時前には、寝てました。(^^ゞ

途中、何度か目が覚めますが…




2013/04/05(金)

新門司港は、5時30分の予定なので、4時15分に起きだします。
4時30分に、館内放送で起こされるんですが…


朝食は、ロビーで販売してますが、数に限りがあります。(あるそうです。)
朝食も、昨日、ライフで買ってました。

画像


ちょっと変形してますが…(^^ゞ



フェリーを降りて、サンケイ旅行会集合です。

画像


といっても…今日は、23名です。
昨日は、40名だったとか。 こじんまりしてます。



外へ出ると、真っ暗。

画像


(写真は、実際の暗さに近づけてます。)



しばらく、バスで走ります。
車内からの撮影で、ピントが甘いですが…記録という事で。(^^ゞ

しばらく走ると、「関門トンネル」です。

画像




これは、写真がボケてるのではありません。(車窓なんで、ボケてるのかも…(^^ゞ)

画像


ガス(霜?)ってるんです。

今日は快晴で、気温も、21℃くらいまで上がるらしいんですが…
こういう日によくなるらしいです。



そして…ほんの一瞬…

画像


綺麗…



山陰本線に遭遇します。

画像




車内では、添乗員さんが、本日のコース案内をされています。

画像


なんせ、5時30分に新門司港について、16時50分発の新門司港発のフェリーに乗るまで、
11時間20分あります。
そう、このツアーは現地滞在が11時間なんです。

この地図の写真を撮るのを忘れちゃった…




最初に訪れた所は、「角島大橋」

画像



橋を渡って、「角島」に入ります。

画像


ここは、バス車内からの観光です。

「角島」は、山口県の北西部にあり、コバルトブルーの海がとっても綺麗。

周囲は、17.1kmで、人口は907人だとか。

2000年に開通した、1780mの「角島大橋」は、TVのCMによく登場する所で、
「角島」は映画のロケ地でもあります。




「角島」を後にして、バスは、「千畳敷」へと向います。

「千畳敷」っていう名前の所は他に多くて…
ボクの場合は、白浜や駒ケ岳を連想してしまいます。

ここは、標高333mに26400㎡の草原が広がっていて、日本海や棚田が見える風向明媚な所として近年注目されているらしいです。
風が強く風力発電も盛んだとか。

その風力発電機の風車ですが…

画像


何故か、半分ガスの中…

という事は…


画像


やっぱり、真っ白や。(^^ゞ




バスは、「青梅島(おうみしま)」に向います。

「青海島」は、海の綺麗な景勝地で、周囲40kmで、本土とは、青海大橋で連結されています。
対岸の仙崎は、童謡詩人、金子みすずの故郷で、「金子みすず記念館」があります。


今日は、この「青海島」で、ミニウォークです。
といっても、2km程なので、ミニミニウォークですね。(^^ゞ


駐車場にバスを置いて、スタートしてスグに…

画像



ここはダイビングの方も多く、日本の渚百選にも選ばれています。

画像



歩いて行きます。

画像




駐車場に戻ると、ここのオジサンのパフォーマンスです。

画像


ここのオジサン、かなり有名な方で、地元紙でも取り上げられたとか。
所ジョージの「ダーツの旅」にも的中された場所でもあります。



で…未だ、10時。

次は、海鮮村「北長門」。お土産屋さんです。

画像


この辺りは、夏みかんが特産だとか。
で、夏みかん関係のお土産を買いました。

で…夏みかんソフト。(^^)

画像




次は、「秋吉台」~「秋芳洞」です。

時間があるといっても、広い所をゆっくりと…というわけには行きませんので、
「秋吉台」はバスの中からの観光です。

画像



「秋吉台」は、有名な日本最大のカルスト大地です。
総面積54km2。石灰岩の分布としては、93km2だとか。

カルスト台地は、、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成され、
大地が雨水、地表水、土壌水、地下水などによって侵食されてできた地形です。


バスは、黒谷口に向かい、そこから、「秋芳洞」観光です。

画像


でも、「秋芳洞」の観覧はオプションです。

このツアー…食事は付いておらず、オプションも何もなければ、8,888円なんです。

フェリーのエコノミーは、キャンペーン期間中でも、5,300円やから、
それに観光バスを入れると、かなりお得です。

ボクは、フェリーではツーリストベッドにしたので、往復で、3,000円増し。
オプションは、「秋芳洞」が、1,000円、昼食が、1,000円増しとなり、
今回の旅行費用は、13,888円。

夜行フェリーで、旅がしたかったので、バッチリでした。(^^)


「秋芳洞」は、「秋吉台」の地下100mにある鍾乳洞で、日本最大規模。

数十万年の時を経た自然の造形が我々を魅了します。
(写真は、ストロボの使用はしておりません。)

画像



洞内は、四季を通じて17℃と一定しているとの事。

画像




地下探検の後は、ようやく、昼食。

フェリーを降りてから、ここまで、6時間40分です。

今回、お世話になる所は、「安富屋」さん。

画像


メニューは、名物「河童そば」。

茶そばの鉄板焼です。

焼きそば…?

で…これ、つけ麺なんです。

画像



昼食と買物で、1時間10分ありましたが、後でやってきた、Y旅行は、なんと、35分。



バスの駐車場まで、テクテク歩いて、

画像


バスが出発すると、ウトウト…



朝は、関門トンネルでしたけど、今度は、橋。

これから、門司港レトロです。


JR門司駅周辺に残る外国貿易で栄えた建造物を中心に、
大正レトロ調に整備した観光スポットです。

ここ…初めてやし、調べてこなかったので、よう解からんなぁ…
滞在時間は、1時間30分です。

画像



レトロな建物…

画像



桂由美さんの「恋人の聖地」認定の、はね橋があります。

画像


一日に、6回、開閉するとの事。
15時に開閉があるので待っていたのですが、15時過ぎても、全く気配がない。
その内、係りの人からアナウンスです。

「メンテのため、15時の開閉は中止します。」

もっと、早く、アナウンスしろよな!



オルゴールミュージアムがありました。

画像


倉敷美観地区には、お気に入りのオルゴールミュゼ・メタセコイアがありますが、
ここにも、ありました。

しかも、ここでも、生演奏をやっているとか。

でも…悲しい事に、15時からやったんです。

あの、はね橋が、15時に開閉しないことが事前に解かっていたら、
ここで、オルゴールの生演奏が聴けたかもしれませんねぇ…

で、お店に入り、やっぱり、CD買いました。(^^)

宮崎駿作品集の中の一枚です。
家にも、昔、小樽で買ったのがありますが、音源も違うし、
ボクの大好きな「ナウシカ・レクイエム」も入っています。(^^)



「九州鉄道記念館」

画像


中は入らず、外から、パシャリ。

下の青い列車は、観光トロッコ「潮風号」。
「九州鉄道記念館駅」から運行しています。



そして…知らんかったなぁ…

画像


ここが、「バナナの叩き売り発祥の地」だそうです。




門司港レトロを後にして、新門司港に向います。



フェリーターミナルの2階で待っている間に添乗員さんが乗船手続きをします。

2階で、クラブツーリズム、阪急トラピックスさんが、乗船しようとしているところです。

先ずは、クラツーさんが…

続いて阪急さんが…一人一人点呼を取りながら、慎重に乗船しようとしています。



そこへ、うちの添乗員さんが登場。

「ハ~イ、サンケイ旅行会、乗船しますよ~ (^^)」

受付のお姉さんに、

「ハイ。23人分。」

と手渡し、スーッと乗船口へ。

いやぁ~ お見事。(^^)


フェリーは、16時50分、定刻通り出発です。

画像


上空には、北九州空港から飛び立った飛行機が…



今日は、夕食の前に、お風呂に入ります。
出航直後は、混むので、時間をズラしてお風呂に行きます。

画像



ここは展望露天風呂。

海を眺めながら、お風呂に浸かります。

あ~…エエ湯じゃ。(^^)

フェリーは瀬戸内海を航行中です。

海の見える温泉というのは入った事はあるけど、海の上でお風呂に入るのなんて初めて。

お湯に浸かりながら、のんびりと、海を眺めます。

あ~…寛げますねぇ…(^^)


どんなお風呂かというと…上の画像をクリックしてみてください。(^^ゞ

想像してたより広かった。



部屋に戻り、荷物を整理して、レストランヘ。

メニューはバイキングです。

ソフトドリンクは、バイキング代に入ってますが、アルコールは別料金。

生ビールも、セルフ。
これ、面白い。(^^)

画像




ベッドに入ったのは、20時30分頃。

なんか、今日は、昨日より揺れるなぁ…

低気圧が追っかけてきてるからかなぁ…

でも、大阪へは、こっちの方が早く着くよ…

ずっと天気で良かったなぁ…

楽しかったなぁ……

……

いつしか、深い眠りに…




2013/04/06(土)


3時過ぎに目が覚めて…

もう一度寝ようと思ったけど…

そうや、明石大橋を通過するのが、4時15分頃やったっけ…

しばらくベットの中に居ましたが、ソロ~リと起きて、トイレに行って、

煙草を吸いに行って、洗顔に行って…

4時過ぎに甲板に出ると…

エッ!  目の前に…

画像


アハッ。セーフや。(^^)

帰って来ましたよ。



4時29分。フェリーは、南港に向って順調です。

画像


朝食の販売が始まったので、ホットドックとホットコーヒーで朝ご飯です。



フェリーが接岸して、長い船旅も終わりを告げました。

終始、23名を気遣ってくれて、和ませてくれた添乗員さんにお礼を言って、下船します。

お疲れさまでした。ありがとうございました。

画像



空は、そろそろ曇ってきたけど、自宅までは、充分過ぎる位…天気は大丈夫やね。(^^)


画像

By yoppy












この記事へのコメント

2013年04月09日 12:08
ええっ~、2泊3日の旅?…。
「すごい!」と思ったら…フェリーの旅だったのですね。
でも、これだけゆっくりフェリーを楽しめるのは、とても贅沢だと思います。
淡路海峡大橋を下から眺めるのは気分が良さそうですね。
私も1度見たいと思っていたので、じっくりと楽しむことができました♪

今回もいろんな場所に行かれていますが、行ったことがあるのは秋吉台、秋芳洞だけです。(あえていつとは申しません )
カルスト大地の風景と地下では黄金柱と、百枚皿の風景は今もはっきり覚えていましたので、とても懐かしく拝見しました。



行ったことがあるのは秋吉台だけです。山陽道が建設されている頃でしたが、独特の磐の風景はあまり変わっていないようですね。地下の
2013年04月09日 12:36
そそっかしいものですから、下書きの部分が残ったままですみません。
もう、ほんとに穴があったら入りたいです。
申し訳ございませんが、削除をお願い致します。
yoppy702
2013年04月09日 19:51
<のぎく 様>
普通、二泊三日っていったら、ホテルに二泊ですよね。(^^ゞ
それも、新幹線を使えば、スーッと行ける所を、わざわざ、フェリーで長旅をするなんて…
でも、こういうのって、結構、楽しいですね。(^^)

橋を下から見るのは初めてやったので、ちょっとウキウキしました。近づいて来るまでは、少し時間があるのですが、そばに来て、通過するのは、速かったです。

秋吉台と秋芳洞…ボクも、あえていつとは申しませんが、以前に行った事があります。その時と比べると、変ってないような感じがしました。まぁ…こういう所は、なかなか変えれないとは思いますが…
カルスト大地は、いつ見てもスゴイですね。展望台から、眺めさせてくれれば良かったのですが、今回は車窓のみ。なので、写真もじっくりとは撮れませんでした。
黄金柱、百枚皿は、実際に見るとド迫力です。ちょこっと、写真に撮るなんて、なんか、失礼ですね。(^^ゞ
yoppy702
2013年04月09日 19:55
<のぎく 様>
すいません、後の方を見ずに、返信しちゃいましたので…
削除すると、何か、変なので、そのままにしております。
2013年04月09日 22:59
田舎が四国なもので船旅は良くしました。
が、夜行でも6時間ほどで着くので朝が早かったことを覚えています。
行き帰り長距離の船中泊だと、のんびりできるでいいですね。
生ビールがセルフですか、途中で無くなったりしないかと不安になります。

秋吉台は真夏に行ったので少し寒かったです。
今だと温度差がなくて丁度いい感じでは?と思いますが。
他には長浜群洞や門司港レトロなど楽しく拝見しました。
オプション入れて13,888円はいいと思います。1泊料金ですものね。
長距離のバス旅行よりはずっと楽だったのでは?と想像します。
2013年04月09日 23:01
船旅ってまだ未経験なので興味深く拝見しました。
12時間も船に乗って、しかも2泊・・・yoppyさんは乗り物酔いしない方なんですね。
私は鉄道と飛行機以外、車とかバスとか自分で運転しないと酔う人なので
船酔いが不安で船旅に挑戦出来ずにいます。
寝酒を飲んで早く寝ちゃえば大丈夫なんかなぁ・・・なんて思いましたけど(笑)

秋吉台と秋芳洞は高校の修学旅行で行きました。
でも、なんでかほとんど覚えてません
yoppyさんの写真を見ても思い出したのは百枚皿くらいですかね
きっと高校生の頃には、旅で出会う風景なんかより夢中になっていることがあったんで
さら~っ見てきた風景は心に残ってくれなかったってことでしょうかね?
今なら、違う思いで見ることが出来るような気がするので・・・また行ってみたいです。
2013年04月10日 02:29
爆弾低気圧に追いかけられたにもかかわらず、
無事に、なんの影響もなく、今回もラッキーでしたね。

2泊3日って、こうしてみるとメチャ長い。
ずーっと見ていて、だんだん旅に引き込まれていきました。
フェリーの中では、ビールのお陰?でよく寝ていたんですね。
そういえば、スキーの夜行でもよく寝ていたのを思い出しました。

一番、イメージに残ったのは、「角島」でした。
日本らしくないような、広大な感じがしますね。
そして、パフォーマンスのおっちゃん。
トランペットの音も、写真から想像できます。
そして、自転車はちょっと古びれた、ママチャリというのが
とっても、いい感じです。 そりゃ、新聞に載るわ。
秋芳洞も、十分堪能しました。
朝3時におきて(僕の寝る時間です)、明石大橋は、
感心しました。 4時までの1時間よく辛抱したね。
僕だったら、爆睡だった思います。

また、船旅・バス旅も楽しんでください。
そして、またこちらも楽しませてくださいね。
ちゃたろう
2013年04月10日 16:41
バス泊ツアーはスキーなんかでよく聞くけど、フェリー泊ツアーってのもあるんですね。面白いです
私は香川県~大阪間をよくフェリーに乗ってたのですが、短距離なので電車的な存在でした(^_^;)長距離になると海の上で露天風呂ってこともできるんですね、ステキ
秋芳洞は子供の時、おばさんになってからの2度夏に訪れたことあります。子供のころの感動は大人になったら無いかと思いきや、ここの洞窟は2度とも感動しました!
道のりの長さ=洞窟の巨大さに驚きますね。最初に発見した人はどんなに感動しただろ
バナナのたたき売りに「発祥の地」があるなんて可笑しい~
すごく盛り沢山な楽しそうな旅ですね。
私も楽しませていただきました
ひのっち
2013年04月11日 16:36
2泊3日の船旅 
 お疲れ様でしたぁ~
今回もyoppyさんの丁寧なご案内でしたから
すっかり行った気分になりました♪
楽しいこと盛りだくさんでしたね~~~~
海を眺めながら~~あ~…エエ湯じゃ。(^^)は
最高の気分でしたでしょ^^
ここでもビールが美味しそうやぁ (*^▽^*)
最後、寝過ごさないでよく起きれましたね
さすが旅慣れしてらっしゃるわyoppyさん
yoppy702
2013年04月12日 00:53
<アルクノ様>
昨年、石鎚山登山に行った時も、フェリー泊だったのですが、この時は、22時30分の出航で、翌朝6時30分に東予港着でした。なので、この時は、寝酒を飲んで、ベッドに入れば、時間を持て余す事はなかったですが、今回は、長かったですね。ものすごく、ノンビリ出来ました。(^^)

セルフの生ビールなんて、初めてです。それも、自販機になってますから、面白かったですよ。横の冷蔵庫で、ジョッキーが冷やしてあり、それを取り出してセットして、お金を入れると、ジョッキーが傾けられ、ビールが注がれます。二杯目を飲んだ時は、ちょっと失敗しました。最初に飲んでいたジョッキーをそのままセットしたのですが、ジョッキーが冷えてないため、泡が多くなり、少し、こぼれました。途中で無くなる…考えもしなかったですが…確かに。でも、近くに、関係者の方がいらっしゃるので、何とかなるでしょう。(^^ゞ

洞窟の中は、周年、17℃と言われてました。夏は、ヒンヤリですけど、今の時期は、丁度イイですね。

「門司港レトロ」も一度行ってみたかったので、滞在時間は短かったですが、雰囲気を味わえたのでよかったです。又、ゆっくりと行きたいと思います。
船旅は、現地到着までに時間が掛りますが、夜間に移動しているので、かえって合理的かもしれませんね。
yoppy702
2013年04月12日 00:56
<karake 様>
前に、石鎚山へ行った時が、フェリー泊やったんで…実は、九州の山に行くのも、今回のフェリー(往復船中泊)利用なんで、それの下調べも兼ねているんです。
乗り物酔いは…経験が殆どないですね。小学校の時に、一度、ちょっと気分が悪くなったことがありましたが、その程度でした。船が一番酔い易いらしいですが、昔(ん十年前?)、釣りで乗合船にもよく乗っていたので、多少はマシなのかもしれません。でも、帰りは、行きよりも揺れが大きかったし、飲んでいたので、ちょっと心配でした。寝酒をしていても、船酔いする方は、船酔いしますよ。(^^)

高校の修学旅行で、秋吉台&秋芳洞の方も行かれたんですね。確かに、その年頃って、色々と夢中になる事は多いですね。…でも、karakeさんって、今でも、夢中になってる事って多くないですか?という事は…まだ、高校生や。(^^)
今度、行く機会があれば…洞窟探検をされているかもしれませんね。(^^)
yoppy702
2013年04月12日 00:58
<チテイジン 様>
ここんとこ、ラッキー yoppyでしょ。あれだけの春の嵐に遭遇せずに、良い天気のままで帰ってきてますものね。自分でも、コワイ程です。(^^)

二泊三日って言っても、時間的にすると…フェリー乗船から、38時間程の拘束です。通常のツアーやったら…60時間程は拘束されますから、それから考えると、短い二泊三日ですね。

やっぱり、ビールのお陰で、よく寝れましたよ、なんせ、アルコールは弱いですから。(^^)
でも、バスの中でも、船の中でも、関係なしに寝てますね。得な性分です。

「角島」は、CMでもよく登場してます。車のCMです。コバルトブルーの海が、地中海のような雰囲気を持ってます。そこに、スラーッと掛けられた橋。それしかないんですが、ゆっくりと見ていたい景色でした。

3時に目が覚めて、もう一度寝かけたんです。が、思い出して、起き上がったんですが、ちょっとボーっとしてましたので、完全に目が覚めるまで、少々、時間が掛っております。なので、デッキに出た時は、闇の中に浮かんでいる目の前の橋を見た時はビックリ。後、数分遅かったら、通過してましたものね。
yoppy702
2013年04月12日 01:00
<ちゃたろう 様>
スキーの夜行バスは、楽しかったですね。(^^) 停まる度に、下りて、何か食べてたりして、そして、下りる度に、雪深くなってきたりしてて…遠くに来たなって感じが好きでした。
それで、未だに、夜行が好きなんでしょうね。(^^ゞ
四国の方だと、フェリーって、電車と同じなんですね。ボクの場合は、短くても、船の類だと、旅行モードになっちゃいます。
フェリーにお風呂があるというのは、前に、東予港への夜行フェリーで知ったんですが、その時は入れなかったので、今回、楽しみにしていました。お風呂自体は、豪華さとかは一切ないんですが、「海の上でお風呂に入ってる。」ってのが、とっても楽しかったです。(^^)

ボクも秋芳洞は久し振りに行ったのですが、今回の方が、素晴らしいと思いました。多分…変わってないと思うんですけどねぇ…(^^ゞ

バナナの叩き売りは…ホントかなぁ…と思って、ウィキペディアで、チェックしたら、載ってました。信憑性があるようですね。門司には、バナナを使ったお土産がたくさんありましたよ。ボクも、お土産に買って帰りました。(^^)
なんせ、朝の5時30分から観光してましたし…天気が良かったので、色々と楽しめました。
yoppy702
2013年04月12日 01:05
<ひのっち 様>
ありがとうございます。
フェリーの中では、結構、寝てたんですけど、帰宅したら、また、寝ちゃいましたよ。(^^ゞ
春の嵐に、かなり心配させられたんですけど、不思議に、ちょっと先を行っていたので、帰りもなんとか無事。行程中は、快晴。ホント、ラッキーでした。
今回は、秋吉台・秋芳洞以外は、全部初めてやったし、秋吉台・秋芳洞も、ムッチャ久し振りやったので、行くとこ全てが新鮮でした。フェリーの旅で、お風呂というのも初めてで、海の上でお風呂に入りながら、海を眺めるってのもイイもんですね。
そして、風呂上りは、やっぱり、ビール。(^^)
このビールがセルフの…自販機ってのも面白かったです。
山口ならば、新幹線を使えば早いんですけど、こういう旅もイイもんです。

普段は、目覚ましをかけていても、なかなか起きないんですけど、こういう時は、一発で目覚めますね。不思議です。
2013年04月14日 09:16
行ってない所ばかりです。
船旅でのアプローチも旅にでた気分になりますね!
名所ありグルメあり街めぐりありで
yoppyさんの旅行記はいつも充実してますね
TOPのサクラの花びらは圧巻です。
yoppy702
2013年04月14日 21:58
<清兵衛 様>
大阪からやと、新山口へは、新幹線で二時間弱なんですけどねぇ…夜行フェリーで、旅したかったもので…でも、どえらい時間差ですね。(^^ゞ

ツアーは、バタバタしますけど、楽しませてくれますね。
今回は、バスからの観光も多かったですが、ミニミニウォークもあって楽しめました。
特に、天気に恵まれましたので…春の嵐からも、上手い具合に逃げられて…ホント、ラッキーでした。

TOPの桜…
そろそろ、変える準備をしなきゃいけませんね。

最近の記事

テーマ別記事