芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。音量調節もできます。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***

zoom RSS 葛城山登山 〜 ツツジ

<<   作成日時 : 2018/05/15 00:57   >>

ナイス ブログ気持玉 97 / トラックバック 0 / コメント 0


 ※チョコット長いです。
 ※コメント欄は閉じております。
  


2018/05/05(土)。葛城山のツツジも、今年は早くて…


「葛城山」は、奈良県と大阪府の境に位置する標高959.2mの山です。

正式には、「大和葛城山」で、山頂付近は、「葛城高原」と呼ばれ、

春のツツジ、秋のススキの名所となっています。


山頂へのロープウェイがあり、ロッジやお店も充実しているので、

シーズンには、多くの観光客で賑わいます。


でも、ボクは、テクテクと登山口から歩いて行きました。(^^ゞ


メインの登山道の「櫛羅の滝コース」が、昨年の台風21号の影響で、

長い事、通行止めでしたが、GW直前に仮復旧しました。


ボクは、「北尾根コース」で登るんですが、ここは、急登で始まり、

しかも、滑り易いので、出来れば、下山には使いたくなかったので助かりました。(^^)




この日のルートは、

  葛城山ロープウェイ「葛城登山口駅」 ⇒ (北尾根コース) ⇒ (ダイトレ) ⇒ 葛城山頂 ⇒

  自然ツツジ園 ⇒ (櫛羅の滝コース) ⇒ 葛城山ロープウェイ「葛城登山口駅」




歩いた後のGPS軌跡マップは…(大きくなります。)

画像






今日は、ゆっくりと行きました。

近鉄電車で「御所駅」へ行き、そこから、路線バスです。

5月5日なんで、メッチャ人出が多いのですが、

今年のツツジの開花は、例年より二週間早くて、前々日で、もう、五分から七分になってました。


満開には、まだ数日を要しますが…

でも、6日からは天気が下り坂で、その後、雨が続く予報です。

なので、仕方なく、この日に行きました。

まぁ、人出の多い時は、バスがピストン運転をするので、その点は楽ですけど。(^^ゞ

画像



今日は、ハイカーが多かったので、ここに着くまでに、、いつもより時間が掛かりました。

特に、下山してくる方が多かったので、すれ違い時に、道を譲ったり、譲られたり。

このルートは、急な箇所が多いので、下山は滑り易いんですけどね。

画像



7分程休憩して、11時15分、出発します。

画像



「櫛羅の滝コース」が、長い間、通行止めになっていて仮復旧したとは知ってましたが、

「自然研究路」でも通行止めがあったなんて知りませんでした。

「自然研究路」を使えば、あの分岐からは、殆ど、平坦なんですけどねぇ…

こんな事やったら、もっと早く、家を出れば良かった。(^^ゞ

画像



予定では、12時半頃に、山頂でお昼にする予定やったんですが、

「自然研究路」が使えないと知ってから、ガックリとなり、その後はトボトボ…(^^ゞ

予定より遅くなりました。

この辺りでも、食べる所はありますが、先ずは、山頂へご挨拶です。(^^ゞ

画像



お弁当は、セブンイレブンで買った、「そぼろ弁当」。


今日の「葛城高原」は、風が結構あって、涼しさを通り越して寒い程。

まぁ、まだ、5月初めですもんね。(^^ゞ





食事を終え、一服して、トイレに行き…

13時34分、本日のメイン、ツツジ観賞のスタートです。(^^)

画像



「金剛山」とのコラボは、この後も、一杯、登場します。(^^ゞ
画像



そーゆう事なんですか…

なので、ハゲ(?)が多いんや。(^^ゞ

画像



展望台って、上の方にあって、遠くや、下の景色を見るという認識なんですが、

ここのは、下から上の方を眺める展望台です。(^^)



この正面の景色をパノラマで。(^^ゞ  ≪デッカクなります。≫

画像






真っ赤ばかり見てるので、目が変になってきちゃった。(^^ゞ

でも、これから上って行きますので、赤いのは、まだ、続きます。(^^ゞ

画像



ツツジ園の底からは、結構な登りです。

歩くだけやったら、きっとシンドイでしょね。(^^ゞ

画像



15時になったので、そろそろ、下山します。

ツツジの所には、1時間半弱居ました。(^^ゞ

画像



GWで快晴、ツツジが見頃からすると、ロープウェイ待ちの行列は少ないかも。

皆さん、遠くへ出かけてるのかもしれませんね。(^^ゞ

画像



以前に登った時は、こんな所は無かったのですが…

なんか、河原のような雰囲気です。

ひょっとしたら、ここって、「櫛羅の滝」のあるとこ?

画像



ここに寄ったのは、2016年5月でした。

その時は、こんな感じやったんです。

画像



滝の様相も変わってます。

でも、残っていて良かったです。


この滝の事は、御所市史に、こんな風に記載されてるそうです。

  昔、弘法大師がこの地を巡錫し、天竺のクジラの滝によく似ているので、

  供尸羅(くじら)と名づけた。

  供尸羅の供尸という字は「供に屍」と書くのはいけないとあって、

  領主の永井信濃守が供尸の二字を櫛と改めたという。

  この滝は別に尼ヶ滝または不動の滝ともいわれている。

  この滝に浴するものは不動明王の功徳によって脳病によく効くといわれている。



「尸」=「屍」?

「尸」って「かばね、しかばね」という部首やから!

チェックすると、『尸の字はヒトが横たわっている様子にかたどり、死体を意味する。』とありました。

ナルホド…





ここから、「ロープウェイ・葛城登山口駅」迄はスグです。

画像



でも、野草に捕まっちゃった。(^^ゞ

画像



時間、食っちゃった。(^^ゞ

画像



靴紐を緩め、帰りの支度をして…

画像



グビッ…

ウンメェ〜。(^^)


今日は、飲まずに帰ろうと思ってたんですけど…

誘惑に負けちゃった。



寛いでいると、こんなアナウンスが…


「櫛羅の滝コース」、「北尾根コース」とも、下山時に滑って転倒され、

怪我をされる方が増えているので、ご注意くださいという内容でした。


確かに、「北尾根コース」の下りは、滑り易いので危ないし、

下りて来た「櫛羅の滝コース」も、ズルズルの箇所が沢山あって滑りやすくなってました。


でも…

このアナウンス、誰へのアナウナスやろ?

この時間から登る人?

それとも、ロ―プウェイで上がって、歩いて下山する人?

なんか、悩んでしまいました。(^^ゞ




画像
By yoppy











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 97
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
葛城山登山 〜 ツツジ 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる