芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。音量調節もできます。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***

zoom RSS 夜行バスの旅 〜 『江戸東京たてもの園』 編

<<   作成日時 : 2018/04/16 12:16   >>

ナイス ブログ気持玉 103 / トラックバック 0 / コメント 16


 ※長くなっております。


2018/04/04(水)。前記事の続きです。(^^ゞ


前記事は、大阪を夜行バスで出発し、翌早朝、成田駅に到着。

       「成田山新勝寺」をブラブラした後、四街道市に行き、

        ブロ友・ちいかめさんが出展されている、「千美展」の観賞を終えたところまででした。


今回は、「江戸東京たてもの園」をウロウロしました。(^^)





13時過ぎに、JR東小金井駅に到着。

バスに乗ろうと、「たてもの園」のHPをチェックしたら…


武蔵小金井駅からは、西部バスですが、東小金井駅からは、CoCoバスとなってます。

そのCoCoバスというのが、良く解らない。


武蔵小金井駅までは一駅なので、武蔵小金井駅に行こうかと思ったのですが、

グーグルマップで、チェックしたら、「たてもの園」迄は、徒歩30分程です。


という事で、歩く事にしました。(^^ゞ

画像



グーグルマップのお蔭で無事、到着。(^^ゞ



受付で入園券を買っていると、スタッフの方に聞かれました。

 スタッフ 「写真をお撮りになられますか?」

 yoppy   「ハイ。」

 スタッフ 「これをお読みになって、注意事項を守ってくださいね。(^^)」


で、頂いたのが、コレ。

画像



こんな風に記載して頂くと、トラブルは起こり難いですね。(^^)





室内の展示ルームもありますが、既に、13時45分。

先に、屋外展示に向かいます。

お腹も空いちゃったし。(^^ゞ



「江戸東京たてもの園」は…

江戸東京たてもの園は、1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館です。
敷地面積は約ヘクタール、園内には江戸時代から昭和初期までの、30棟の復元建造物と
28の屋外展示物が建ち並んでいます。たてもの園は現地保存が不可能な文化的価値の高い
歴史的建造物を移築し、復元・保存・展示するとともに、貴重な文化遺産として次代に継承することを
目指しています。両国の江戸東京博物館の分館です。小金井公園(77ヘクタール)の中にあります

nobaraさんの説明が、一番、簡潔で解り易いので使わせて頂きました。



前記事で、ちょっと触れましたが、

「江戸東京たてもの園」は、ブロ友、nobaraさんのお庭の様な所です。

良く行かれていて、詳しい説明、季節ごとの見所などを的確にレポされています。


nobaraさんの「江戸東京たてもの園」の記事は、こちらです。

         http://noba3-11.at.webry.info/theme/70912370e1.html



ボクは、ざっと回った程度ですので、もっとお知りになりたい方がいらっしゃいましたら、

詳しくは、nobaraさんの記事を参考にしてください。(^^ゞ

きっと、HPよりも、良く解ると思います。(^^)





という事で…

あっ、その前に、園内のマップです。(^^ゞ

(大きくなります。)

画像






先ずは、東ゾーンに行きます。

画像



ここは、下町の風情を楽しめる事が出来るエリアだそうです。


通りを覗いてみます。(^^ゞ

画像



見て回る前に…

この中に「たべもの処」があるので行ってみます。(^^ゞ

画像



遅い昼食を済ませ、園内を見て回ります。

※建物の説明は、HPを参考にしました。

画像

画像

画像

画像



こんな感じに進めてたら、絶対に、一回の記事では、終わらへんなぁ…

どうしょう…





センターゾーンに移動します。

画像



二階には、ガイドさんがいらっして、色々と教えてくださいました。


二階が、あの事件の現場と聞くと、何か、感慨深くなりました。(^^ゞ


ここのガラス窓は、昔ながらの、歪みのあるガラスです。

是清さんは、このガラス越に庭の風景を楽しんだそうです。





画像



裏から入ったので、プレハブ?と思っちゃった。(^^ゞ


さすが、室内、スゴイですね。





画像



佇まいが山荘ですね。

洋式トイレには驚きました。(^^ゞ





画像



大正14年で、こんな外観の家ですか…

全然、古臭い感じが無いですね。(^^ゞ





画像



お家も素適ですが、調度品なども立派です。

玄関天井の丸いのは、ミラーボール?

ちゃうね。(^^ゞ

点灯すると、どんな感じなんやろ?





ここを出ると、ボンネットバスの展示がありました。

画像






古民家のような建物もあります。

画像



綱島家では、風車づくりの体験が出来ます。





目の前に桜が…(^^)

画像



先程の、洋風建築の方へ戻ります。





桜で外観全体が見え難いですが…

画像



ここへ戻ってきたのには、理由があります。


ここの1階は、カフェになってるんです。


もうじき、15時45分ですが、ちょっとお八つを。(^^ゞ

画像



テラス席、お洒落です。(^^ゞ


ロールケーキの上に乗ってるのは、生クリーム…

でなくて、ソフトクリームです。(^^)

美味しかった。





16時15分、「武蔵野茶房」を後にします。





画像



寄ったけど、アップしてない建物もあるのですが…

建物等は、こんなところで…(^^ゞ





野草ゾーンを歩いていた時です。

あれ?

あっ、ムラサキハナナや。(^^)

画像



ムラサキハナナの団体さんが咲いています。(^^)

以前、nobaraさんの記事で知って、これ、見たいと思ってたんです。

そうや。今の時期やったんや。

来て良かった。(^^)





他にも、お花は咲いていました。(^^ゞ

(大きくなります。)

画像



「江戸東京たてもの園」、思ってた以上にイイ所で、楽しめました。(^^)


もっと、ゆっくりできたら良かったのですが…


でも、ずっと来てみたかったので、満足、満足。(^^)


それにしても、平日やのに、お客さんの多い事。

まぁ、こんなにイイ所やったら、確かに、来ちゃいますね。

近かったら、しょっちゅう来たいですね。(^^ゞ





16時40分、桜を見ながら、ビジターセンター(出入口方向)へ向かいます。

画像




   ≪夜行バスの旅 〜 『最終』 編 ≫に、☆ To be continued ☆ (^^ゞ


『最終』というよりも、

『残り』というか…


せっかく、関東まで来たんで、もうちょこっとアップしようかなぁ…と。

なんちゃって。(^^ゞ




画像
By yoppy










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 103
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい〜〜〜〜〜☆彡です。
yoppyさんがレポして下さるとこんな風になるんですね。
私はもっぱら、植物中心になってしまいます。
わざわざ大阪からきはって、しかも成田から寄って下さったのに
お気に召さなかったらどうしようと思っていました。
まずはほっと〜安堵しました。ようこそ!おこしやす!
東小金井の駅でスイクル(東日本のレンタサイクル)もあり?
ココバスの説明がうまくいかなくてごめんなさいね。
武蔵野うどん。召し上がったのですね。
ジブリの宮崎駿さんもお気に入りなんですって。
グッズが飾ってありましたでしょう?
ジロボウエンゴサク、咲いてたんですね〜見逃しました。
武蔵野茶房にもようこそ!雰囲気いいでしょ??
ここのコロッケカレーが美味しいのですよ。
里桜・カンザンもウェルカムしてくれたようで良かったです。
いこいの広場前も通って?たてもの園にいらしたようですね。
実は私も、たてもの園便り発行しました((((^Q^)/
yoppyさんに来ていただいてほんとうに良かったです。
nobara
2018/04/16 18:18
こんばんは。

『江戸東京たてもの園』、このような野外博物館があったのですね。初めて知りました。
写真を撮る人には撮影の注意書きが渡されるんですね。
注意の中に「トイレを含む園内施設での着替え・メイク等はご遠慮ください」とあるのを見ると、きっとコスプレ撮影等が行われていたんでしょうね。

銭湯の富士山の壁画は定番ですよね。
子供の頃、銭湯に行って湯上りにフルーツ牛乳を飲むのが楽しみでした(^^)

ここは江戸から昭和初期の雰囲気が味わえるのですね。1日中、楽しめそうな所ですね
narayama2008
2018/04/16 19:01
<nobara 様>
ありがとうございます。
nobaraさんの記事を見てたお蔭で、初めて行ったのに、建物を見ると、「あっ、ここ知ってる。」となり、嬉しがってました。(^^ゞ
ずっと行きたかった「江戸東京たてもの園」、思ってた以上に素晴らしい所でした。
成田からは、ちょっと遠いなぁ…と思ってましたが、強行して良かったです。
これも、nobaraさんの素適なレポのお蔭です。
ありがとうございました。

東小金井の駅で、レンタサイクルがあるんですね。
それを利用すれば、小金井公園もかなり回ることが出来そう。
CoCoバスの事は…ボクって方向音痴の方なもんで。(^^ゞ

武蔵野うどん、宮崎駿さんのお気に入りなんですか。
麺類好きなんですが、この細うどん、とても美味しかったです。
グッズ、気が付きませんでした。(^^ゞ
次回行った時に、チェックしときます。

あっ、ジロボウエンゴサクでしたか。
ヤマエンゴサクかと思ってました。(^^ゞ
野草ゾーン、色々、咲いてて、楽しいですね。
古民家の辺りでも、咲いてそうでしたが、探してる時間がありませんでした。
高橋是清邸では、二階にいらっしたガイドさんに捕まって(?)話を聞けましたが、時間の都合で、ガイドさんの説明は聞けなかったのは、ちと残念でした。

武蔵野茶房は、絶対に行こうと決めてました。
テラス席が、なかなか、空かなかったのですが…
ドイツビールにしようか迷ったんですが、抹茶ロールにしました。(^^ゞ
ここのカンザン、イイ雰囲気を出してますね。
エエ時期に行きました。(^^)

新しいたてもの園便り発行ですか。
楽しみ。(^^)
yoppy702
2018/04/16 23:04
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
ここは良い施設ですよ。
以前から、ブロ友さんの記事で見ていて、ずっと行ってみたいと思ってたんです。
ここは、東京で一番広い小金井公園の中にありますので、公園の散策も兼ねると、一日でも回りきれないですね。(^^ゞ

撮影の注意書きを渡されている所は初めてです。
でも、これは、親切ですね。
コスプレの方だけでなく、個人のモデル撮影にも、頻繁な利用があって、トラブルがあったのではないかと思いますね。

銭湯の富士山って、東京では普通のような感じですが、過去二回、東京の銭湯へ行った時は、富士山は描かれてませんでした。
最近は、少なくなってるようですよ。
フルーツ牛乳は、定番ですね。(^^)

仰る通り、大正、昭和初期の懐かしい香りが一杯で、ゆっくり回れば、一日中楽しめます。(^^)
yoppy702
2018/04/16 23:05
たてもの園、凄いですね。
写真についての注意。yoppyさん、ここまでしても、不心得モン、トラブル起こすんですよ。^O^

村上精花堂、ハイカラですね。ヤッパ、昔から化粧品=ご婦人は、ハイカラでないと・・・おたなは、純日本風で、主力商品は、椿油の様なんですけど。^O^

武蔵野うどん、旨そうですね。エッ、お昼、これだけ?

居酒屋、安政3年ですか。旅籠・料亭みたいにみたい。高級居酒屋なんですかねぇ。
エエェ-、カブトビールのポスターがある。明治から昭和10年代まであった、愛知県半田市の、加富登麦酒のポスターヤ。値打モンですよ。^O^

御殿風の銭湯に富士山。ヤッパ、銭湯には富士山がお似合いで。^_^
酒屋も、花屋も、昭和初期の建物、モダンで立派ですね。でも、おたなは、フツーのゴチャゴチャ陳列で、落差が面白いです。
ヒヤァ-、時代モンのレジスター。

センターゾーンは、高級住宅街なんですね。
2・26事件の高橋是清の邸宅ですか。ン・・・意外と質素。
でも、他の建物は、モダンなのが多いですね。
エッ、昭和17年、戦争最中に、水洗トイレがあったんですか。
・・・と思えば、小出邸のお風呂^O^
ホント、三井邸の調度品、凄いですねぇ。

古民家もあるんですね。風車づくりの立て看板、無粋です。^O^
吉野家、流石、名主さんの家。貫禄ありますね。

霊屋も立派だし・・・
大筒もあるし・・・
庚申塔、なんで、日光の申なんですかねぇ。^O^
花も綺麗だし・・・

yoppyさん、よくこれだけ巡られましたねぇ。ヤッバ、space alien ^O^

アッ、yoppyさん、最終編・その2・・・にしちゃえば
                       てくてく
てくてく
2018/04/17 17:22
江戸東京たてもの園は野外博物館…面白いところがあるんですねぇ。
両国の江戸東京博物館の分館ですか。
たてもの園では、写真撮影の注意事項があらかじめ文書で渡されるので、無用のトラブルを起こさないようにしなければなりませんね。
yoppyさんのブロ友nobaraさんのブログに初めて訪問しましたが、素敵なブログでした!
さて、たてもの園の下町中通りとか昔の風情そのままですね。
しかも、実際に営業している食堂があるとは。
東京のうどん、独特のだしでしょ。
これはこれで結構美味しいと思いますよね。
それにしても、たくさんの建物で見学するのが大変そうです!
でも、タイムスリップしたようで、楽しかったでしょうね〜。
昔、訪ねた明治村を思い出しました。
古民家の綱島家の前に桜が咲く風景が素敵に見えました!
デ・ラランデ邸のカフェでおやつとは、いい休憩になりましたね。
武蔵野茶房っていいネーミング!
コーヒーとソフトクリームが載ったロールケーキが美味しそうです。
疲れた体にやさしいおやつで元気回復しましたね。
その後もたくさんのお花など観賞して、yoppyさん、ホンマお元気です。
ムラサキハナナ、きれいでした!
トンキチ
2018/04/17 17:39
うわー、見所満載で楽しそうなところですね。

昼食やおやつも美味しそうで、一日楽しめそうですね。

高橋是清邸、興味あります。
あの二・二六事件ですか。
なるほど。

勉強にもなりそうな場所ですね。
でも休日は混雑しそうだなあ(^_^;)
koji
2018/04/17 18:22
最終編その2にしちゃえば・・・は、勘違いでした。
                             てくてく
てくてく
2018/04/17 22:39
このような長文記事を、前回から3日後にアップするとは、
凄い情熱とバイタリティーです。
私に少し分けて頂戴^^)
CoCoバスを調査しました↓
「CoCoバス」の愛称は市民から公募されたもので、小金井市のCo、コミュニティバスのCo、心(=CoCoろ)の通うバスを掛けている。
とありました!

ポッテリ八重桜を眺めて、
江戸東京たてもの園へ。
へ〜、撮影に関する注意事項を皆さんに配布するなんて凄いです。
普通、看板だけだと思いますが、他の施設も見習って欲しい。

村上精華堂は、私が良く訪れるブロ友さんで、以前に見た事があります。
その下の写真がレトロ丸出しですが、
当時を再現した?それとも当時の現物?
何れにしても凄い光景です。

通りを覗いてみます。(^^ゞ
の、以下の光景が凄いです!
緑色の外壁は、銅が錆びた色ですが、実際銅で出来ているんですね。
(どうなんでしょう^^)

武蔵野うどん、やはり関東だけあって、汁が濃いです。
以前東京で蕎麦を食べた時、麺が見えませんでした^^;
でも、思った程には辛くはなかったですが。
このうどんも、美味しかったんですね。

続いて、子宝湯。
昭和28年だと5才です^^;
当時入浴料は15円でしたか、
私は驚きの6円!
母が払ってましたから、知らなんだ〜。

以下全てがレトロ丸出しで、幼少時の記憶が蘇ります。
ブロ友さんの記事より数倍の写真と説明で、状況が良く解りました。
昭和初期〜中期世代にとっては垂涎の場所です。
よだれが出ました〜^^)

アルクノ
2018/04/17 22:56
<てくてく 様>
ありがとうございます。
「たてもの園」、面白い所でしょ。(^^)
撮影の注意書き…確かに、これだけやっても守らない方はいらっしゃるでしょうね。
ボクは守りましたよ。(^^ゞ

昔の化粧品店ってのは、全然、知らないんです。
こんなんやったんですね。

武蔵野うどん、美味しかったです。
細うどんやのに、コシがありました。
ハイ。お昼はこれだけで。
お八つも食べなきゃいけなかったんで。(^^ゞ

ボクが見ると、古いなぁ…昔は、こんなんやったんや程度しか感じないんですが、値打ちモンのポスターとかあるんですね。

銭湯の富士山は、東京やったら普通のようですが、今は、少なくなってます。
本物の富士山を見ながら入った事があります。(^^)

昭和初期の建物って、レトロでイイですね。
ここのは、本物の味があります。
レジスター…未だ、動くんかなぁ。

センターゾーンには、高級住宅が多いですね。
これらも貴重な建物やと思います。
高橋是清邸、質素に見えるでしょ。
でも、ガイドさんの説明によると、気付かない所に金が掛かってるようです。(^^)

水洗トイレは、?なんですが、無かったら、こんな所に置いとかないやろうし…
三井邸は、さすがです。
建物、庭も立派ですが、調度品、家電はハンパじゃないですよね。

古民家は、服部緑地でも見ましたけど、ここは、展示だけでなく、風車作り体験などで、利用もしてます。
冬場は、囲炉裏を囲んで座れたりするんですよ。

霊屋などは、てくてくさんが専門ですね。(^^)
日光の猿は…人間の悪事を報告されたら困るからじゃないですか?(^^ゞ

space alien…
ハイ。M78星雲からやってきました。(^^)

「最終編・その2」…ですか?
yoppy702
2018/04/18 00:41
<てくてく 様>
再度、ありがとうございます。(^^)
勘違いでしたか?
最終編を二回に分けようか…なんて考えてました。(^^ゞ
最終編は、アッサリと流したいと考えていますので、又、宜しくお願いします。
yoppy702
2018/04/18 00:42
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
ここ、なかなか、面白いでしょ。(^^)
両国の方って、どんなんでしょうね。
そちらも興味があります。(^^)

写真撮影の注意書きがあると助かります。
それに、それ以外は、まずOKですもんね。(^^)

nobaraさんは、旦那さんと一緒に、良く、旅行もされてますし、なんと言っても、お花の事を良く御存知なので、しょっちゅう教えて貰ってます。(^^ゞ
たてもの園のレポは多いですが、四季折々で行かれていて、どの時期にどんな催しがあるか、どんな花が咲いているかなど、HPを見るよりも、遥かに詳しいです。

下町中通の風景、これ、好きなんです。(^^)
関東のうどんって、あんまり食べる機会はないですが、以前に食べた時も美味しかったです。
汁の色は関西と比べると濃いですが、味は、そんなに濃くはないんですよねぇ…

レトロな建物を見る楽しみは、仰る様に、タイムスリップしたような感覚になる事ですね。
建築に興味のある方には、お宝でしょうし。
そうです。明治村がそうですね。
ボクも、一度だけ行った事があります。

八重桜が咲いてたので、正に、建物に、花を添えてくれました。(^^)
不思議に、桜って、和でも洋でも合いますね。
武蔵野茶房は、最初から行こうと思ってました。
ここ、ドイツビールもあるんですよ。
悩んだんですが、ロールケーキにしました。
ソフトクリームが載ってるのがイイでしょ。

ムラサキハナナは、野草ゾーンを入っていくと、目の前に現れるんです。
なかなかの光景ですよ。(^^)
yoppy702
2018/04/18 00:44
<koji 様>
ありがとうございます。
仰る様に、見所満載です。
歴史的価値のある建物ばかりなので、ホンマはゆっくりと見なきゃいけないんですが、時間の都合で、さーっと回ってしまいました。(^^ゞ
なので、じっくり見ていくと、ここだけで、一日掛かるかもしれませんね。

カフェはお洒落ですよ。
テラス席は、レトロな洋館のお庭ですから、天気が良ければ、テラス席がイイですね。

高橋是清邸の二階でガイドさんから説明を聞いて、二階が事件現場と聞いた時は、ちょっと感激しましたね。(^^ゞ
ガイドさんは、各建物にいらっしゃる事が多く、その説明を聞くだけで勉強になります。

平日でも人は多かったですが…
休日も多いとは思いますが…
どうなんでしょうね。(^^ゞ
yoppy702
2018/04/18 00:45
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
頑張ったでしょ。(^^)
でも、今回は、そんなに時間が掛からなかったんです。
建物の説明は、全部、HPのコピペですし、順番に、適当に端折って画像を載せただけですから。(^^ゞ

「CoCoバス」、ありがとうごさいます。
コミュニティバスというのは、HPで解ったんですが、乗場が…
歩いてる時に見かけましたが、もうイイやってなりました。(^^ゞ

撮影の注意書きを渡すという事は、過去に、大きなトラブルがあったと推測されますね。
でも、看板はなかった。(^^ゞ

「たてもの園」は、移築・復元・保存ですので、メンテはされていても現物ではないかと思います。
以前に行った服部緑地の古民家も、現地で解体して運び、組み立て・復元してますから、同じような方法を取っているのではないでしょうか?

緑色の外壁は、銅版かと。
『最終』編で、ちょっと触れる予定ですが、当時は、「看板建築」といのが流行っていたそうです。
木造建築に、銅版やタイルが貼られた建物が数多く立てられたそうです、

ボクも、以前に、関東のうどんを食べた事があります。
関西と比べると真っ黒。(^^ゞ
でも、不思議に、味は濃くはないんですよね。
関西のより美味しかったです。(^^ゞ

昭和28年は、ボクの生まれ年なんです。
なので、載せちゃいました。
ボクも、六円やったんや。
未就学児という言葉は、この頃にもあったんですね。

アルクノさんは、記憶がおありなんですね。
ボクの場合、サッパリです。
でも、なんか、懐かしさが一杯でした。(^^ゞ
yoppy702
2018/04/18 01:15
江戸東京たてもの園にいらしてたんですね。
それも八重桜のきれいな季節に。
桜と歴史的な建物の風景が素晴らしいです。
私の場合だと、一度では廻りきれないので、
今回は看板建築の商店中心とか、
山の手や郊外のお邸や分譲住宅中心とか、
いつもテーマを絞ってるんですが、さすがというか、
一通り全て廻ってらっしゃるので驚きました。
しかも、まだ続くんですよね!
yasuhiko
2018/04/18 20:29
<yasuhiko 様>
ありがとうございます。
「江戸東京たてもの園」は、関東で、一番行きたかった所でしたので、成田からは、ちょっと遠いかなぁ…と思いながらも行きました。
短時間では、ゆっくりと回れないと思いながらも、なかなか、行ける機会がないので、エーイ、行っちゃえ!という感じでした。(^^ゞ
八重桜が丁度咲いてくれてたので、建物に花をそえてくれてました。
「たてもの園」には、一重より八重の桜の方が似合いそうですね。(^^ゞ

yasuhikoさんは、比較的、お近くやから、テーマを絞って回られるでしょうけど、ボクの場合、次は、いつ来れるか解りませんので、広く浅くで回りました。
まだ、回ってない箇所もありますが、結構、回りましたね。
武蔵野茶房で、お茶もしましたし。(^^ゞ

アハッ。もうちょっと続きます。(^^ゞ
yoppy702
2018/04/18 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜行バスの旅 〜 『江戸東京たてもの園』 編 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる