芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。音量調節もできます。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***

zoom RSS 日帰りバスツアー 〜 お水取り

<<   作成日時 : 2018/03/16 18:41   >>

ナイス ブログ気持玉 143 / トラックバック 0 / コメント 18


 ※チョットだけ、長いです。


2018/03/05(月)。クラブツーリズムさんの日帰りバスツアーに行ってました。


ツアータイトルは、


   『奈良公園を案内人付でご案内  約1万本!絶景の紅白の梅「月ヶ瀬梅林」と

          奈良の春を告げる東大寺二月堂修二会「お水取り」』


長〜〜い、ツアータイトルです。(^^ゞ



案内と行程は、

画像



「お水取り」は通称で、実際の儀式は、3月1日〜3月14日の二週間行われます。

ツアーでは、この儀式の「お松明」だけを見に行きます。

まぁ、殆どの方は、「お松明」目当てで集まってきますが。(^^ゞ





集合は、JR難波OCATビル1階団体受付カウンター前に、11時40分です。

画像



このツアーは、昼食ではなく、夕食が付いています。

集合の時間は、何処かで昼食するには中途半端なので、コンビニで買いました。

でも、夕食は早めのハズなので、オニギリ二個だけにしました。(^^ゞ





今日は雨。

それも、かなり激しく降るそうです。

突風もあるかも…とか言ってました。

昨日は良い天気やったし、明日も回復する予想なんですが…

このツアー参加者、よっぽど、日頃の行いが悪いんですね。





バスは、天王寺集合班を乗せ、阪神高速・松原線から西名阪自動車道経由で名阪国道に入ります。

名阪国道は、一般国道25号のバイパス道路ですが、高速道路です。

なんでも、「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」だとか。(^^ゞ





12時55分、道の駅「針テラス」でトイレ休憩です。

雨は、よう、降ってます。(^^ゞ

画像



ここは、飲食や土産物だけでなく、温泉施設や観光農園まである、西日本最大級の道の駅です。

ツアーでも良く利用する道の駅ですが、

在職中は、仕事で三重県にも行ってたので、良く、ここで寛いで(?)ました。(^^ゞ





13時35分、「月ヶ瀬梅林」に到着です。

「月ヶ瀬梅林」は、渓谷沿いにある海抜200mから300mの高原で、「月ヶ瀬梅渓」とも呼ばれてます。


ここ…ツアーで何度か来てますが、いつも、あんまり咲いてないんです。(^^ゞ

ツアーって組み合わせるから、ここに来る時って、大抵、早いんやろなぁ。

特に、今年の梅は遅れがちなので、先程の現地問合情報では、チラホラやそうです。(^^ゞ


雨の中やし…

チラホラやし…

かなり、戦意喪失です。(x_x;)

おまけに、今日は、かなり雨が予想されるので、ちっちゃなコンデジしか持ってきてません。

画像



到着は、13時36分。

出発は、14時40分です。

滞在時間は、1時間しかないので、何処まで行けるか…

というか、適当にして、早々に戻った方がイイかも。(^^ゞ





案内図がありました。

絶対に、1時間じゃ無理ですね。


お寺があり、「月ヶ瀬梅林発祥の地」と書かれてるので行ってみます。


画像



この近道…イマイチでした。(^^ゞ

画像



ソシンロウバイが、こんな状態やったら、そりゃー、梅は早いですね。(^^ゞ



で、梅はどうなんか…という事ですが…

画像



ホンマ、チョロチョロ。(^^ゞ





高台を下りた所にも、ちょこっと咲いてました。

画像



14時05分になったので、戻ります。

真福寺の処から下りて来たので、ちゃんと戻れるやろか?(^^ゞ

画像



ゆっくり撮ってる時間がないので急ぎます。

画像



14時30分頃に、無事、駐車場に戻りました。(^^)

トイレに行き、一服して、乗車します。





この後、東大寺の方を、ちょっとだけですが、ガイドさんと一緒に回り、その後、夕食です。



到着までの間 …… (´△`)Zzzz・・・。O○








15時25分頃、夕食会場「菊一文殊四郎包永」さんの駐車場に到着。

ここは、若草山の麓で、鎌倉時代にまで遡る、打刃物の製造販売もされている、

大和風料理のレストランです。




バスを下りると、ガイドさんが着てました。

今は、雨は上がってます。(^^ゞ

画像



奈良をガイドさんの案内で回るのは初めて。

大阪からのツアーなんで、とっても珍しいですね。

ガイドさん…とっても可愛いい方でした。(^^)

画像



使用前のお松明なんて、初めて見ました。

それに、、こんな間近で見るのも初めてです。(^^)


画像



という事で、二月(堂)から四月(堂)まで、ここに集まっています。(^^ゞ




予定では、この辺りまでのガイドやったようなのですが、

まだ時間があるので、次に向います。


画像



ここでは、鳩が御使いだそうです。

鳩と聞く迄は、「八咫烏(やたがらす)」かと思ったんですけど…

でも、最初に見えた「オッサン顔」が頭から離れなくて。(^^ゞ


「手向山八幡宮」は、創建が天平勝宝元年(749年)。

御祭神は、応神天皇、姫大神、仲哀天皇、神功皇后、仁徳天皇とあります。

東大寺の大仏建立の際に、宇佐八幡宮(大分県)より東大寺の守護神としてお迎えになったとか。

画像



16時25分…

夕食開始までは、少し時間がありましたが、雨が降っているので、

店内の夕食会場とは別のテーブルで、お茶を出してくれました。

助かりますねぇ。(^^)


時間があるので、先にお土産を…(^^ゞ


奈良では、18時になると、殆どのお店は閉まってしまうそうです。

なので、「お土産は当店で。(^^)」と言われてます。


勿論、「お水取り」が終るとスグに帰らなきゃいけないし、

その前に他所で買っても、雨の中を持って歩かなきゃいけません。

でも、ここで買うと、バスまで運んで下さるサービスがあるとの事です。

それは、助かる!(^^)

という事で、先に、ここで、お土産を買います。

レジで、名前を書いておくと、バス迄運んで下さいました。(^^)




16時50分、夕食の用意が出来たとの事で、席に着きます。

画像



このお店は、かなり有名な所の様で、春日大社の御用も受けているとか。

「春日はくたく のっぺい鍋」は、元々、このスタイルはなかったそうなんですが、

寒い時は冷めちゃうので、春日大社の許可を得て、「鍋」にしたそうです。


ところで、この「はくたく」って、「ほうとう」の様なって書きましたが、

「ほうとう」が「はくたく」の様な…って事だそうです。(^^ゞ


「はくたく」は「餺飥」と書き、「うどん類」のルーツだそうです。

「ほうとう」も、「餺飥」と書きますけど…


「はくたく」は、春日大社のご神饌に供されていて、

当時は、この平麺に醤油(のルーツ)を付けて食べていたそうです。


という事で、ルーツには、各地で色んな説がありますが、

ここでは、「はくたく」が「うどん類」のルーツです。(^^ゞ


で、このお料理、メッチャ、美味しかった。(^^)





ゆっくりと、食事を終えて、一服をしても、まだ、17時30分。

「お水取り」の開始は、19時からです。


実は、「お水取り」には、2007年に来た事がありますが、ブログを始める前でした。

その時は、土曜日でしたので、17時30分頃に、「二月堂」の前に行くと、もう、人が一杯でした。

なので、早くに行った方が良いのでしょうけど、今日は、平日やし、おまけに雨。


まぁ、ボチボチ、行ってみます。(^^ゞ

画像



撮ってきた写真は、全部、光量不足。

こりゃー、今日は、失敗やなぁ。(^^ゞ

雨なので、ちっちゃいコンデジにしましたけど、これじゃー、「お水取り」の撮影は無理かも。




開始まで、まだ、1時間。

途中で、雨、風が強くなって…

カッパを持ってくれば良かったなぁ…



時間の経過につれて、寒さも増してきます。

もう一枚、中に着てくれば良かったなぁ…


この一時間が、我慢の子でした。(^^ゞ


「お水取り」は、「修二会(しゅにえ)」という行事で、天平勝宝4年(752)に始まり、

以後、一度も欠かされた事がないそうです。

という事は、今年で…1267回?

計算、ようせん。(^^ゞ


でも、「修二会」は正式名所ではなく、

正式には、「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言うそうで、


  『われわれが日常に犯しているさまざまな過ちを、

   二月堂の本尊である十一面観世音菩薩の宝前で、懺悔する』


という事を意味してるそうです。


行事は、日程的には、12月中旬から着手してるようですが、3月1日〜14日が本行となります。

本行の詳細は、東大寺のHP、「修二会」にて。(^^ゞ

       ===> http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie1.html


「お水取り」という名称は、

 
   『3月12日深夜に、「お水取り」といって、若狭井(わかさい)という井戸から

    観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われる。』


という事から来ています。


又、この行事期間中、大きな松明が灯される事から、「お松明」とも呼ばれています。

特に、この「お松明」のパフォーマンス(?)が観光のハイライトシーンになっており、

毎年多くの観光客が訪れます。


そして、「お水取り」が終ると、奈良には春がやってくると言われています。

ボクは大阪ですが、大阪でも、「お水取り」が終ると春がやってきます。(^^)






そんな事を書いている内に…


あっ!雨が止んだ!(^^)

画像



予想通りの結果でした。(^^ゞ

かなりの高感度で早いシャッターを切れなきゃ撮影は無理ですね。

三脚も、当然の事ながら使用できません。

使える場所もあるとか言われてましたけど、どんな所かは知りません。


まぁ、予想通りの結果なので、対策として、動画も撮っておきました。(^^ゞ


下の画像をクリックすると、YouTubeが起動します。
別画面じゃないので、記事に戻る時は、プラウザの 『戻る(←)』 で戻って下さい。
(画面上に無い時は、動画以外の場所で、右クリックをすると、選択メニーが出るハズです。)


動画は、3分01秒です。


画像




「お水取り」が始まる直前に、一旦、雨は止みましたが、途中で、降ったり止んだりでした。

「お松明」は、十本が灯されますが、終わる頃には、雨足も強くなってきてました。


「お水取り」が終わると、照明が点灯します。

急いで、バスに戻ります。

バスに戻る時に、よく、迷子になる方がいらっしゃるそうです。

今回も、二名程、別のツアーに付いて行って、ちょっと遅れはりました。

でも、付いていったツアーも、クラブツーリズムのツアーやったそうですが。(^^ゞ



大きな遅れもなく、帰り道での渋滞もなく、なんとか無事に帰宅。

梅はチラホラ…

そして、雨風で大変なツアーでしが、しっかりと「お松明」を見てきました。(^^)



画像
By yoppy











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 143
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。その1からラストまで無料です。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレに最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。 夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。 岡潔が後半生を暮らした奈良が舞台の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。東大寺・毘盧遮那仏を造立した聖武天皇の外祖父が登場します。
(奈良のはじまりの歴史は面白いですよ。)
omachi
2018/03/17 08:24
月ヶ瀬梅林と聞いて、あれ伊豆の方にも同じ名前を見かけたような…。
梅林かどうかははっきりしませんが、月ヶ瀬は合っています。

他でも咲いているだろうと思って撮らないと、結構見かけないことが多いんですよね。
梅はまぁまぁ咲いていたんじゃないですか。
でも結構雨降ってますね。
お陰で幻想的な月ヶ瀬湖が撮れましたね。

二月堂は数年前に行ったかなぁ。
この辺りさだまさしの歌には良く出てきますから。
随分早い夕食で、お水取りまでが長いですね。

やはりコンデジではだめでしたか。
素晴らしい、動画も撮られたんですね。
私はあまりカメラで動画を撮っていないんで、すぐ思いつきません。

終わって照明がついてもバスに戻る時迷いますよね。
雨風で大変な中見たお松明はきっと記憶に残るでしょう。



コスモス
2018/03/17 09:59
お水取りのバスツアー、盛りだくさんですね。
お水取り(お松明)を一度見学したいのですが、いろいろあってタイミングが合いません。
ツアータイトルが凄く長くて面白いです。
月ヶ瀬梅林の「約1万本!絶景の紅白の梅」っていうのが現状に見合ってませんでしたかね。
今年の梅は遅かったので仕方ありませんよ。
道の駅針テラスは一度行ったと思います。
ツーリングの季節にバイクがたくさん駐輪するところじゃなかったですかね。
月ヶ瀬梅林は有名ですが行ったことないです。
yoppyさんが行ったのは3月5日ですよね。
今年は梅が遅かったので、ちょうど今頃が見頃になってるんじゃないですか。
私、7日に綾部山梅林に行きましたが、まだ五分咲きくらいでした。
3月5日のお天気は雨模様でしたね。
そのせいで月ヶ瀬湖(名張川)がガスに烟っていい感じになってます。
チラホラと梅の花も咲いていて、一応観梅も出来てますし。
月ヶ瀬湖と梅のコラボも良かったです。
夕食までの間、東大寺二月堂などをガイドしてくれた女性がとっても可愛かったそうでした。
yoppyさん、そんなこと書くんで、東大寺よりガイドさんを見ている方がよかったですねって、どうでもいい話になっちゃいますよ。(^^;
「菊一文殊四郎包永」で夕食でしたね。
ここは打刃物の製造販売もされている大和風料理のレストランでお土産も売ってるんですね。
しかも、名前を書けばバスまでお土産を運んでくれるという親切なお店。
豪華な夕食で驚きました。
春日はくたく膳、覚えときます!
はくたくがうどん類のルーツだということも。
さて肝心のお水取りですが、動画で見てもその迫力に気圧されました!
現場の様子は分かりませんが、二月堂がよく火事にならないなと思いました。
やっぱりいつか生で見てみたいです。
トンキチ
2018/03/17 18:28
<omachi 様>
はじめまして。
せっかくのお知らせですが、興味はありません。
気も向かないと思います。
ご訪問、ありがとうございました。m(__)m
yoppy702
2018/03/17 19:55
<コスモス 様>
ありがとうございます。
チェックしましたら、伊豆の方も、「月ヶ瀬梅林」、「月ヶ瀬温泉」でした。
奈良でも、「月ヶ瀬温泉」があるので、全く、同じですね。(^^)

この日は、事前情報で、チラホラと言われてたんで、咲いてるのを見た時に、これを撮らなきゃ、後がない的な感じでシャッターを切りました。(^^ゞ
広い所なので、早咲き種が咲いていたんやと思いますが、完全にアウトでなくて良かったです。(^^ゞ
雨は、降ったり止んだりやったんですが、降ってる時は、結構、強い雨でした。
標高が250m位の所でしたので、ガスも出てましたから、幻想的でしたね。
今まで、お花のツアーで、時々、こんな幻想風景に出会ってます。(^^ゞ

奈良を題材にした、さださんの歌って、何曲かありますね。
「修二会」というタイトルのもありますので、正に、「お水取り」を歌ってます。(^^)
春日大社で奉納ライブもされてますから、さださんって、奈良に合う方かも。
あっ、鎌倉でもお似合いですね。(^^ゞ

コンデジでも、高感度の使えるシャッター優先モードがあれば、高速連写でカバー出来たかもしれませんが…
この日に持っていったのは、小さなカメラ任せのコンデジなので、お松明が舞台を走る所では太刀打ち出来ませんでした。(^^ゞ
まぁ、ダメな時は、動画で撮ろうと、最初から考えてたので、スグに動画に切り替えました。(^^ゞ

始まる前は、まだ、薄暗かったので、終了時は、道の感じが変わってました。
お松明の見物は各自なので…
1時間の遅れというのも、過去にはあったらしいです。
こんな天候やったので、余計に、この日の事は、記憶に残るかもしれませんね。(^^ゞ
yoppy702
2018/03/17 19:57
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
もっと早く出発したら、月ヶ瀬梅林での滞在時間が長く取れるんですけどねぇ…
でも、この日は、1時間で良かったです。(^^ゞ

ツアータイトルって、ホンマ、面白いです。
タイトルで、客を引き寄せますから、上手い事考えますね。(^^)

ハイ。針テラスは、良い季節になると、バイクの方が沢山いらっしゃいます。
今は寒いですけど、春が進み天気の良い日には、又、ツーリング途中で寄られると思います。

7日の綾部山梅林で五分くらいでしたか。
綾部山も標高が150m程あったかと思いますので、平地より遅いですね。
でも、今年は、何処でも遅れてるとの事なので、こればっかりは仕方ないですね。

月ヶ瀬湖にガスがかかってイイ感じになってます。
って、負け惜しみです。(^^ゞ
でも、ガイドさんは、ホンマ、可愛いかったですよ。
そんなに若い人ではないんですが、話し方や、仕草が可愛いいんです。
ちょこっと、話掛けたりもしてみました。(^^ゞ

夕食は、ツアー用なんですが、正規の物のコンパクトタイプという感じでした。
なので、食材も調理も、そのままなので美味しかったです。
はくたく鍋はお奨めです。
夏場は、つけ麺になるかと思いますが、なかなか、ボリュームがありましたよ。

お土産をバスまで運んでくれるサービスは助かりでした。
雨も降ってたので、どうしょう…と思っていたんで。
こんな、何気ないサービスが、お・も・て・な・し、なんですね。(^^ゞ

現場は歓声が上がって迫力がありますよ!
火の粉も飛びまくりです。
ホンマ、よく火事になりませんね。(^^)
これが、1200回以上、毎年、欠かさず続いてるんですもんね。
スゴイ事です!
yoppy702
2018/03/17 20:00
こんばんは。

お水取りのツアー、月ヶ瀬梅林とセットだったのですね。月ヶ瀬梅林は前から行ってみたいと思っているのですが、中々行く機会がないのですが来年こそはと思っております(^^)
月ヶ瀬へは名阪国道を通るのですね。名阪国道は車で上高地や山登りに行く際に利用しています。なんせ天理ー亀山間が無料ですから名神を経由するより少し高速代がお得なんですよね。その代わり制限速度が60キロで覆面パトもウロチョロしてるので名神ほどは飛ばせませんが・・・(笑)

3月5日でも梅林はまだ見頃ではなかったのですね。やはり都市部よりは開花は遅いみたいですね。それでもチラホラとは咲いていたのですね。それに月ヶ瀬湖をバックの梅林、なんとも幻想的でいいですね。月ヶ瀬梅林と聞くとこの月ヶ瀬湖をバックにした風景を思い出します(^^)

お水取りの動画、お水取りって見た事なかったのですが迫力ありますね。見学者は結構離れた所からご覧になっているんでしょうか。
もし間近だと火の粉が飛んできて大変だろうなって、いらぬ心配をしてしまいました(^^;)

雨の中の月ヶ瀬梅林とお水取りツアー、お疲れさまでした
narayama2008
2018/03/17 20:17
梅は咲いたか桜はまだかいなという様な、春到来という季節ですか、寒暖の差や気象状態の変化の日々が続く中、太陽黒点の影響やそれに伴う寒冷化やいろいろな事が取り沙汰されておりますが、今年の花見を楽しみに待つのみです。
kazukun
2018/03/18 10:32
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
各社とも、お水取りのツアーは、月ヶ瀬梅林とのセットが多いです。
月ヶ瀬には、何度か行ってますが、見頃やったのは一度だけです。(^^ゞ
標高が250m位の所にありますから、平地よりも遅いし、自然の事なので、ツアーですと、なかなか、良い時期には出会えませんね。

大阪市内からですと、名阪国道がアクセスになります。
名阪国道は、在職中に、仕事でも使っていて、針テラスも、良く利用してましたので、落ち着ける道中なんです。(^^ゞ
仰る通り、覆面パトもウロチョロしてますね。(^^)
でも、60kmで走ってる車は殆ど無いので、ボクは、流れに乗っかって走ってました。

月ヶ瀬は、平地よりも遅いし、今年の梅は、遅れているとの事ですので、こんなもんかなぁ…と。
まぁ、少しは咲いてるのがあったので良かったです。
天気が悪く、ガスが出ていたのが、ちょっとは救いかも。(^^ゞ
天気の悪い時に、わざわざ行こうと思わないから、これは、ツアーの良さ(?)かもです。(^^ゞ

まだ、お水取りには行かれた事がないんですか。
ボクは、二度目ですが、待ち時間が難儀です。
それに、天気の良い時は、スゴイ人出です。
土、日や12日には、人で大変な状態になります。
お松明は、期間中、毎日ありますので、一度、行かれても良いかと。

見学者は、舞台の真下近くにいる方もいらっしゃいますよ。
勿論、火の粉を被ります。(^^)
でも、「火の粉が無病息災をもたらす」と言われてますので、火の粉を浴びるために来てらっしゃる方も居るようです。
なので、焦げても良い服装で来られてるらしいです。
でも、火の粉だけやったらイイけど、塊が落ちてきたらタマリマセンね。(^^ゞ
yoppy702
2018/03/18 12:02
<kazukun 様>
ありがとうございます。
こちらでは、お水取りが終わったので、春到来という感じです。
まだまだ、朝晩はヒンヤリしますが、野草も可愛いい顔を見せ始めてます。
各地では、桜の開花も早まってますので、今年は、遅咲きの梅と桜が同時に咲いている光景に出会えるかもしれませんね。
桜が満開になるのが、何日頃なのか、これからの開花情報に目が離せません。(^^)
yoppy702
2018/03/18 12:04
エッ、3月5日と云えば、風雨強かった日じやなかったですか。
雨天強行なんですねぇ。クラブツーリズムさんも、参加者御一同さまも、根性ありますね。まあ、お松明は、中止されることないですから、仕方ないですねぇ。^_^

月ヶ瀬梅林、早いようですが、後半、いいのが撮れてますね。
「まぁ、しっとり感があって・・・」の紅梅がいいですね。てくてくがお題をつけるとしたら「梅花雨情」^_^

ご馳走の夕食の後のお松明は、きついですね。てくてくだったら、お松明取材やぁめた・・・

お松明、光量不足でも、雰囲気出てますねぇ。
動画、その手ありですね。火の粉が散るの、迫力ありますねぇ。

雨、風、強い中、梅林の探訪、お松明取材、お疲れさまでした。
冷えたでしょうから・・・
                                  てくてく
てくてく
2018/03/18 19:49
私もお松明を見に行ったことがあります。
待合の壁に使われたのが飾ってありました。
なが〜い階段でしたよね。
お水取りは二月堂ですが、三月堂、四月堂、ってありましたよね。
http://noba3-11.at.webry.info/200805/article_7.html
奈良の紀行の途中に立ち寄ったのでした。
御髪塔の所で女子学生をみたのでした。
日帰りのツアーも案内人が居て下さると楽しいですね。
おまけにかわいい人だったなんて、サプライズーでしたね。

雨に煙る梅林のレポもお疲れさまでした。
雨だけならまだしも風が強いのはヤーですよね。
幻想的な景色はなかなか良かったですね。
YouTube も見させていただきました。
ご苦労が偲ばれて・・お声も入っていますね〜
ほんとにお疲れさまでした。お料理おいしそうですね。
nobara
2018/03/18 21:34
<てくてく 様>
ありがとうございます。
そうなんです。
雨風の強い日です。
前日も、翌日も天気が良かったんですけど…
ツアー参加者の日頃の行いが、余程悪いんですね。(^^)
ツアーは、運行手段がアウトにならない限り、中止にはならいですからねぇ…
お松明も、余程の事が無い限り中止になりませんから、ホンマ、根性ありますわ。(^^)

月ヶ瀬梅林は、現地問合せではチラホラやったんで、早咲が咲いていてくれて助かりました。(^^ゞ
「まぁ、しっとり感があって・・・」、ありがとうございます。
しっとり感だけは、一杯ありましたよ。(^^)
「梅花雨情」…
オー、素晴らしいタイトルや。
てくてくさんって、ロマンチストやなぁ〜

夕食で、イイ気分になった後ですからねぇ…
でも、覚悟してたので、夕食時は、アルコール抜きにしました。
あれが、もっと嵐になってたら、「やぁ〜めた」になっていたかも。(^^ゞ

かなり強い雨の予想でしたので、もう、撮影は諦めてました。
お松明が舞台の上を走る時は、絶対に撮れないと思ってたので、ちょっと間は写真にして、その後は、動画にしました。
雰囲気だけでも、感じて頂いたら成功です。(^^)

お松明が半分過ぎた頃から、身体が冷えてきて、途中で帰ろうかと思いましたよ。
でも、スンナリと帰れない人混みなので。(^^ゞ
上着は濡れてもイイように、もう一枚持ってきてたので、バスに戻ってから着替えました。
さすがに帰宅して、スグにお風呂に入りましたよ。(^^ゞ
yoppy702
2018/03/18 22:21
<nobara 様>
ありがとうございます。
nobaraさんも、お水取りに行かれてたんですね。
お松明を置いてある所の石段って、結構、滑り易いんですよね。
そこを、燃え盛った大松明を持って上がるんですから大変な行事です。
舞台に上がるまでは、ゆっくりと上がってくるとは思いますが、舞台の上を走りますからねぇ…
ちっちゃなコンデジやと、流れるとは思ってましたが、見事に、軌跡だけになってました。(^^ゞ

三月堂、四月堂は記事にも載せてますが、二月堂の隣が三月堂、斜め前が四月堂です。
五月堂は、別の場所にあって、一月堂は無いと言われてました。(^^ゞ
奈良のツアーで、ガイドさんが付くなんて初めてです。
やっぱり、ガイドして頂いたら、良く解りますね。
録音しといたら良かったと後悔してます。
ハイ。可愛いいガイドさんで、ウキウキしてました。(^^ゞ

梅林は、チラホラとしか情報がなかったので、結構、咲いている木を見付けた時は、ヤッター(^^)って感じでした。
それに天気が悪いので、川にガスがかかって、それは、イイ雰囲気を出してました。
天気の悪い時に、観梅に行こうなんて思わないから、これは、バスツアーのお蔭(?)(^^ゞ

YouTubeもご覧頂きありがとう御座います。
写真はダメなので、スグに動画にしました。
人のザワメキなんかも入ってますので、ちょっとした臨場感がありますね。(^^ゞ
ちっちゃなコンデジでも動画が写せるので、便利な世の中になりました。(^^)
yoppy702
2018/03/18 22:23
バスツアーで奈良のお水取り?
と思ったら、月ヶ瀬梅林があったからですね。
月ヶ瀬梅林は以前のSNSで、仲間と車で行った事があり懐かしいです。
お掃除小僧さん、その時と同じ格好だったと思います^^)
かなり濡れていますね。
滑りそうな坂だった記憶が蘇ります。
水滴がつく蕾が可愛いですが、咲いている梅は少しで、やや残念。
水墨画の様な雰囲気、これがいいです。
ここで記念写真撮りました。

二月堂周辺は、無料で巡る事が出来るので、昨年2月25日に行った時も大勢の人で中国の方が多かった。
鹿煎餅持って、お尻突かれる東洋人が居ましたが、外国の方はいましたか?
おっさん顔の絵馬が面白い^^)
正体は鳩でしたか!
雨だと鹿煎餅貰えない?
みたいな顔の鹿さんです。

100%和風のいい夕食デス。
夕食頂いてからの撮影なので、何時ものビールは無しですか?

動画が素晴しい!
最初は火の粉がパラパラ落ちて、それを持って走るんですね。
最後ボトッと落ちて、驚きました。

前半は幻想的な雨で、最後は雨も上がっての撮影で良かったのではと思います。
長時間の行程で、お疲れさんでした。
アルクノ
2018/03/21 09:55
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
お水取りだけでしたら、個人なんですけど、ツアーは、梅林+夕食というパターンが多いので。(^^ゞ
でも、天候を選べません。

アルクノさんも、月ヶ瀬で真福寺に行かれてたんですね。
お掃除小僧さん、懐かしいでしょ。(^^)
この横から梅林への道、雨で濡れて、とても滑りやすかったです。
こんな所で、ツルッとなったら恥ずかしいので慎重に下りました。(^^ゞ
蕾固しには、もう、アングリでした。(^^ゞ

天候が悪く、ガスが出てましたので、水墨画の様な雰囲気になりました。
って、負け惜しみですけどね。
まぁ、早咲き種が咲いてくれていたので、少しだけ観梅の雰囲気が出せました。(^^ゞ

東大寺は、拝観料の要るお堂もありますが、広い敷地内をウロウロできるのがイイですね。
この日も、外人さんは多かったです。
お水取りの時は、殆ど、日本人でしたけど。(^^ゞ

一度、オッサン顔に見えてしまうと、鳩だと解ってもダメですね。
困ったもんです。(^^ゞ

雨でも、鹿煎餅は売ってますので、貰えると思いますが…
鹿さん、欲しそうな顔してました。

夕食付のツアーにしたのは、以前、行った時も、夕食が美味しかったんです。
今回は、その時よりも内容が良かった。
でも、ツアー仕立てですけど。(^^ゞ
ビールは我慢しました。
この後、寒い中でじっと待つ事になるし、人が増えると、簡単に抜け出せないんです。

この条件下では動画がイイですね。
最後のボトッと落ちるのがスゴイでしょ。
もし、あの下に居たら大変な事になってますね。

風雨が激しい天候でしたが、なんとか記事になりました。(^^ゞ
出発は12時でしたし、奈良は近いので、楽チンツアーでした。(^^)
yoppy702
2018/03/21 17:18
あいにくの雨模様で、せっかくの
お松明も撮影が大変でしたね。
二月堂のお水取りは、今から30年程前、
どうしても見学したいという衝動に
駆られて、新幹線で出かけた事があります。
その頃の私のカメラでは、ちょっと
手に負えない感じでしたが、暗いお堂に浮かぶ
お松明の灯りがとても印象的でした。
雨の中、貴重な体験をされましたね。
yasuhiko
2018/03/21 18:06
<yasuhiko 様>
ありがとうございます。
ハイ。この日は、時折、風も強く、雨も激しく降ってました。
日中の気温は高かったので、服装も悩みましたね。
夜の奈良は冷えるので、それも考慮しなきゃいけないし…
ツアーは、予約時に天気が読めないのが難点ですね。(^^ゞ
まぁ、バスツアーなので、不要な物は車内に置いとけるのが便利ですけど。

yasuhikoさんも、お水取りに行かれてたんですね。
お松明が停止してる時は、なんとか撮れるんですが、動くと、お手上げでした。
デジイチで撮影されてる方も多かったですが、雨風が強いと、やっぱ、デジイチは敬遠しますね。
で、動画に頼りました。
「暗いお堂に浮かぶお松明の灯り…」
長い歴史の中の伝統行事は幻想的で、タイムスリップしますね。(^^)
yoppy702
2018/03/22 00:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
日帰りバスツアー 〜 お水取り 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる