芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。音量調節もできます。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***

zoom RSS 鶴見緑地┌(^^)┘ 〜 ≪咲くやこの花館編≫

<<   作成日時 : 2018/02/08 22:52   >>

ナイス ブログ気持玉 139 / トラックバック 0 / コメント 16


 ※チョット長いです。


2018/01/27(土)。前記事の続きです。(^^ゞ


前記事は、緑地内をブラブラして、、、「咲くやこの花館」に到着。

これから、入園するところまででした。





受付を通り、温室内へ入ります。

その瞬間…

画像



めがねが曇ってしまいました。(^^ゞ



その上、カメラのレンズも曇ってしまいました!\(◎o◎)/

レンズを拭いても、スグに曇ってきます。

画像



もはや、フォギーフィルター状態。(^^ゞ



メガネは、もう、見えるようにはなったんですけどねぇ…

これじゃ、撮影になりません。


1月29日放映の「よーいドン」でも、カメラが温室に入った瞬間に曇ってました。(^^)






屋外に出れる場所があるので、一旦、そこへ出て、レンズを落ち着かせます。

そして、ゆっくりと室内に戻り、室温に馴染ませます。








なんとか、撮れるようになりました。


曇り止め、持って来れば良かったなぁ…(^^ゞ




という事で、気を取り直して…(?)




館内の配置は、こんな風になっています。

画像





最初は、「熱帯雨林植物室」です。


入ると…

画像



いやぁ〜面白い。(^^)




次は、色んなランです。

画像



名前が、ややこしくて…(^^ゞ




熱帯スイレンもあります。

画像





隣のオバチャンが話しかけてきました。

とっても詳しい方なので、コイツ誰や?

と思っていると、スタッフさんでした。(^^ゞ


このランの仲間、極端に長い筒状のものが付いており、それは蜜線だそうです。

そして、ダーウィンは、長〜〜〜い、蜜を吸う口を持つ昆虫が居ると考えたそうです。

そして、ダーウィンの死後、1903年に、その昆虫が発見されました。


いやぁ〜、植物と虫の不思議の世界、面白い。(^^)

画像





不思議な木もあります。

画像



でも、スタッフさんの話では、このタコ足は、そんなに強力ではないそうで、

実際は、地中の根で、しっかりと支えてるそうです。


ところで、「ビヨウタコノキ」の「ビヨウ」ですが…

「美容」と書くそうで、タコノキの仲間では一番美しいそうです。

…うーん、それは、解らへん。(^^ゞ




こんな展示もあります。

画像



世界最大の花、「ラフレシア(ラフレシア科)」の標本です。

閉じ込めているのは、臭いが強烈なためでしょうか?(^^ゞ




世界三大花木の一つカエンボク(ノウゼンカズラ科)の花が咲いています。

高い所で咲いているので、イマイチですが。(^^ゞ

画像





もふもふしたお花も咲いています。(^^)

画像



カリアンドラ・ハエマトケファラ(マメ科、原産:ボリビア)。

和名は、オオベニゴウカン(大紅合歓)。

英名は、パウダーパフ。

ホンマ、これで、おしろいをはたく事が出来そうです。(^^)

画像



いつの間にか、「熱帯花木室」に変わってました。

どこから変わったのか解らへん。(^^ゞ



エアープランツも沢山あります。

画像





この先は、「乾燥地植物室」です。

多肉ちゃんのコーナーですね。(^^)

画像


家のベランダにあるハナキリンは、何年か前に、DAISOで買ったんです。

勿論、108円。(^^ゞ

ちっちゃな、ちっちゃな、ミニ多肉ちゃんやったんですが、

ベランダに置いて、植え替えしたら成長しちゃって…

買った時より、遥か〜〜に大きくなって、こないだ迄、沢山の花が咲いてました。(^^)


画像





次は、楽しみな「高山植物室」です。(^^)


「高山植物室」に入ると、いきなり変なのが…

画像



これは、サラセニア科のダーリングトニア。食虫植物ですね。

英名は、コブラリリー。

正に、コブラや。

マムシグサ(サトイモ科)ってのがありますけど、そっちの方が可愛いいです。(^^ゞ



高山植物は、可憐で可愛いいイメージがあるのに、初っ端から、変なん(?)見てしまった。



という事で、可憐で可愛いお花達を。(^^)

画像



やっぱり、可憐で可愛いいです。(^^)




♪黒百合は 恋の花〜♪でお馴染みの、

クロユリ(黒百合、ユリ科)が咲いてます。(^^)

画像





色々と咲いていて、やっぱり、「高山植物室」ってイイですね。(^^)

画像



パープル系、好きやし、特に、この色は綺麗ですね。(^^)

画像



急に鳥が居て、エッ!?って思いました。(^^ゞ

画像



エーデルワイスに似た花って、結構、あるんですね。

画像



展示室を見終わると、花回廊という通路を通って、下りて行きます。

画像



中央部は、フラワーホールで、休憩・飲食スペースになってます。

食事は、隣接のレストランがあります。



という事で、「咲くやこの花館」の展示室のお花達でした。(^^)


画像
By yoppy










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 139
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

「咲くやこの花館」はまだ入ったことがないのですが、見所満載ですね(^^)
でも、入った途端にメガネ・カメラのレンズが曇ってしまったんですね。
寒い所から暖かい所に入る際には曇り対策が必要ですね。

これだけ色々な植物を見れれば飽きないですね。
特にビックリしたというか驚いたのはシラホシ(白星・サボテン科)です。
このようなサボテンもあるんですね。

今度、鶴見緑地公園に行った時は「咲くやこの花館」にもぜひ寄りたいと思いました(^^)

たくさんの植物を紹介して頂きありがとうございました
narayama2008
2018/02/09 10:46
いきなり曇って、温泉入浴かと思いました。
外気との温度差が30度近いんじゃないですか?
更に湿度が凄いので、特殊効果のよる撮影みたいです。

ビカクは大鹿ですか。
こんなシダ類があるんですね。
神戸森林植物園で、冬に出て来るトナカイの角に^^)

植物と昆虫の不思議な世界。
ダーウィンさん賢いですね。
必用と思われるものが生物界に存在する訳です。
ビヨウタコノキは美容蛸の木ですか。
検索すると、美葉蛸の木と両方が併記されていました。
タコノキの中で一番美しい、と言うのは葉っぱの事で、
蛸の足ではないようです^^;
葉を写した画像が沢山ありますが、これも?でしたが。
スタッフさんの解説付きは、ここまででしたか?
ブログで宣伝してくれて喜んでいると思います。

オオベニゴウカン(大紅合歓)は、マメ科ネムノキ亜科とあり、
半球形なのがネムの花と違う所ですね。
確かに化粧パフみたいです。
イチオシ多肉植物。
いろどりと、小さな黄色い花がいいですね。
変な形のコブラリリー、
どんな風に獲物を捕らえるのか興味が湧きます。

更に、可愛い高山植物の数々が咲いています。
たっぷり、癒されました。
アルクノ
2018/02/09 11:06
咲くやこの花館も何度か行きました。
近かったので、ついついふらふらと惹かれて〜ですね。
カエンボクは沖縄でいっぱい咲いてるのを見ました。
コエビソウ⇒蝦蛄の色違いに見えますね☆彡
サラセニア、トップが開いてないとグロテスクですね。
マムシグサの方がましと思われたんですね((((^Q^)/
ヒマラヤの青いケシ、年中見られても時期を選ぶのかしら?
フラワーホールで変わったフルーツの試食会した事があります。
高山植物のコーナー、いいですね。
また、その近くで過ごしてみたいです((((^Q^)/
やっぱ、そういうところに行かないとお花には逢えませんね。
nobara
2018/02/09 13:13
ビカクシダ、どっちかと云えば、トナカイの角に見えますね。yoppyさんに賛成。
スイレンも色鮮やか。美容タコノキ???チョットほめすぎヤ^O^
オオベニゴウカンも鮮やかな・・・
蘭も沢山咲いてるし、熱帯雨林植物室いいですねぇ。

キンシャチ、でっかいですね。花咲いたらいいでしょうねぇ。姫英冠珍しい。
シャボテンって、いかついのに、可愛い花咲かすんですね。

高山植物室もあるんですか。
ホンマ、コブラリリーや。^O^
コマクサ、随分草臥れて・・・^O^
モミジカラマツも咲いてるんですか。ミヤマオダマキ、懐かしの花。^O^
ウスユキソウも色々あるし・・・
ヒャア-、クロユリや。北アでも、なかなか、お目にかかれないのに・・・
二輪のクロユリ、イチオシ。^O^
高山植物室、いいですね。ここだけでも行く価値あり。^_^
珍しい花や植物、有難うございました。

アッ、レンズ曇っちゃいましたか。昔、スキーや冬山で、先輩に外気温に近くなるまで、ザックから出すな・・・って、言われてました。
ホンマだったんですねぇ。
カビ、生えない様に、養生して上げてください。
ホナ・・・
                              てくてく
てくてく
2018/02/09 14:51
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
温室なので、年中、お花が一杯咲いてます。
なばなの里のベゴニア館みたいな感じですよね。
なので、季節感はありませんが、ハズレがありません。(^^ゞ

入った瞬間にメガネとレンズが曇ってしまいました。
こんなに温度差があるのかと驚きました。
温室内は、20℃程やったんですが、外は、数℃でしたから、そりゃそうですね。(^^ゞ

もっとゆっくりと見れば、さらに、写真撮影には面白いのも撮れると思うんですが、割と、あっさりと進みました。
高山植物室は、やっぱり、可愛いい花が沢山あるので、ちょっと、しつこく居ましたが。(^^ゞ

シラホシ、面白いでしょ。
何度も、ここには来てるんですが、これを撮ったのは初めてかもしれません。

お時間のある時に、一度、覗いてみてください。
熱帯スイレンは、綺麗ですよ。(^^)
yoppy702
2018/02/10 00:20
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
言葉だけより、画像を入れた方がインパクトがあるかと。(^^ゞ
この時の室温は、20℃程度でした。
でも、外気温は、2〜3℃やったと思います。
仰る様に湿度も関係して、こんなになりました。

何度も、ここに来てるんですが、このシカの角は、初めて気づきました。
でも、どう見ても、トナカイ…(^^ゞ

植物と昆虫の関係は、色々と聞きますが、まさか、こんな長〜〜い、蜜を吸う口を持ってる昆虫が居るとは!
この昆虫、きっと飛びにくいでしょうね。(^^ゞ

美葉は、葉が特に美しいという意味から、この字も使われているんでしょうね。
足が美しいという意味ではありません。(^^)
ここも、スタッフさんにより、ツアーがあるので、それに、くっ付いて行くと色んな説明が聞けるのですが…
又、時間のある時に、くっ付いて行きます。(^^ゞ

オオベニゴウカンは、温室では、よく見かける花です。
ネムノキは、もっと、眠たくなる花ですね。
♪ねんねの ねむの木 眠りの木…♪(^^ゞ
こんな風に言ったら、皇后様に怒られそう。

“イチオシ”と付いてるのは他にもあったんですが…
…それじゃ、イチオシとちゃうやん。(^^ゞ
多肉ちゃん、家のヘランダにも、花を咲かせるのがありますが、みんな可愛いい花です。

コブラリリー…
バクッとやるのではなくて、中に入り込んだ虫が、ツルツルの中に落ちて出られなくなるみたいです。
YouTubeにありました。(^^ゞ

ここは、高山植物が沢山あり、年中、花を咲かせているのが魅力です。
まぁ、季節を錯覚してしまいますが。(^^ゞ
yoppy702
2018/02/10 00:23
<nobara 様>
ありがとうございます。
そうですね。
nobaraさんは、何度、行かれてますね。(^^)
展示内容は、そんなに変わってないと思います。
月により、色ん催し、特集があるし、年中咲かせていても、その時々の咲き方が違うので、何度行っても楽しめますね。

カエンボクって、温室でしか見た事がないので、いつも、チョロチョロとしか咲いてません。
これが一杯咲かなきゃ、カエンボクの名前の由来が解りませんね。(^^ゞ

コエビソウ、やっぱり、シャコに見えるでしょ。(^^ゞ

コブラリリーは、パッと見て、ギョッ!でした。
やっぱり、食虫植物とサトイモ科ですから、マムシグサの方が可愛いいです。(^^)
でも、マムシグサには、強い毒がありますもんね。

ヒマラヤの青いケシ、咲いてない時もあります。
何度か行ってますが、二回位しか咲いてなかったような記憶が…(^^ゞ

熱帯植物は珍しいのが沢山ありますが、やっぱり、高山植物室がイイですね。
この日も、高山植物室には、カメラマンが、結構、居ました。
って、ボクも、その一人ですけど。(^^ゞ
yoppy702
2018/02/10 00:26
<てくてく 様>
ありがとうございます。
やっぱり、トナカイに見えたんですね。(^^)
ありがとうございます。
でも、頭部だけ見ると、トナカイもヘラジカも変わらないかもしれませんね。(^^ゞ

熱帯スイレンは、色鮮やかです。

美容と言われても、タコノキの中では一番綺麗やそうなんですが、違いがイマイチです。(^^ゞ

オオベニゴウカンは、温室でよく見かけます。
鮮やかですね。

サボテンといえば、キンシャチが頭に浮かぶ程の代表格ですね。
サボテンや多肉ちゃんの花って、ホンマ、可愛いいですよ。(^^)

ここは、高山植物が、沢山あるんです。
しかも、年中、咲かせてます。
何度も来てるのですが、コブラリリーって、初めて撮ったような記憶が…
コマクサは、この時は、白しか咲いてませんでした。
いつも、ピンクの方が沢山咲いてるんですけどね。
モミジカラマツが、ここで咲いてるのは、初めてみました。
山で見るのとは、感じが違いますね。
ミヤマオダマキもしかりです。
クロユリは、乗鞍のお花畑(畳平)などで見た事があります。
でも、実際に、山中で見た事は無いです。(^^ゞ
てくてくさんでも、あまり、お目にかかってないんですね。

冬場の温室って初めてじゃないんですが、初めて、メガネ、レンズが曇りました。
普通は、ちょっとしたら戻るんですが、レンズは、なかなか戻らなくて…
内側が曇っていたらヤバイなぁ…と思いながら、とりあえず、外気にふれさせて、それから、内気温に馴染ませました。
温室内は、20℃程度やったんですが、外気温が2〜3℃やったんで…
帰ってからは、しばらく乾燥させてました。(^^ゞ
yoppy702
2018/02/10 00:28
温室に入ったとたん、メガネとカメラのレンズが曇ってしまったんですね。
私もまったく同じ経験をしたことがありました。
拭いても拭いても一緒で、しばらく呆然とした覚えがあります。
ビカクシダって本当に大鹿の角にそっくりですね!
よく豪邸なんかに角の生えた鹿の顔面のはく製が飾ってあるのをTVとかで見たことがありますが、そんな雰囲気ですね。
ランはきれいですねぇ、いいですね。
熱帯スイレンなど水生植物もきれいな花を咲かせてますね。
ビヨウタコノキ、面白い!
ラフレシアの花の大きさに(@_@)
サボテンや多肉植物もいいですね。ベランダでよく育つでしょう。
高山植物が可憐で新鮮でどれも見ごたえがありました。
クロユリ、チシマルリオダマキ等々見せてもらって嬉しいです。
全部の名前を挙げるのはたいへんなので、この二つにして、等々ということで…。
さすがに温室ですねぇ。屋外では異常寒波で震えているのに、ここでは高山でしか見られないかわいいお花が咲いているなんて!管理がよく行き届いていますね。
yoppyさん、いいところに行かれましたね。
「咲くやこの花館」の展示室のお花たち、最高です!
トンキチ
2018/02/10 08:25
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
冬場に、温室へ入った事は何度もありますが、今回の様に、メガネもレンズも曇ったのは初めてなんです。
余程、外との気温差があったんでしょうね。
拭いても拭いても…
ホンマ、呆然としますよね。(^^ゞ

ここも、何度か来てるんですが、オオジカの角そっくりさんは、初めて見たような気がします。
見れば見る程良く似てらっしゃる。(^^)
本来は、葉っぱだけがオオジカの角に似てるんでしょうけど、これを見てたらボクもシカの剥製に見えました。
なので、全体写真を載せてみました。(^^ゞ

熱帯スイレンは、華やかで、いかにも熱帯という感じです。
沢山、咲いていたら良かったんですけどね。

タコ足があったら、安定してるやろと思ったら、あんまり役立ってないという説明を聞いて、より面白いと思いました。
綺麗に見せる飾り足かも。(^^ゞ

ラフレシアの花は、TVで見た事があります。
剥製になって、閉じ込められてると、なんか、雰囲気が違いますが、こんなのを展示してるのはスゴイですね。

多肉ちゃんって、雨の掛からない所に置いておけば、手間が掛からないので、とってもボク向きなんです。
でも、ハッと気がつけば、収拾がつかない状態になってます。(^^ゞ

ここは、色んな高山植物が、年中咲いているので、それを見るのが楽しみなんです。
まぁ、六甲高山植物園のような季節感はありませんが。(^^ゞ
今回は、クロユリが、よく咲いてましたし、チシマルリオダマキが、スゴク綺麗でした。(^^)
それに、冬場の温室は、暖かくてイイですね。
寒い中を歩きまわっていたので、身体が喜んでました。(^^)
yoppy702
2018/02/10 11:51
こんにちわ、yoppyさん^^
毎度そこはかとなく可愛い面白さが漂うyoppyさんの植物探訪、ふふふとおかしさがこみ上げます。
子供の頃、野道の草間に隠れるように生えている花、学校帰りに通る家々の軒先に、雑草の取り払った後に生え残されている花に、名前があるかどうかもわからずに見入ったものですが、yoppyさんのお花ブログはそんなことを思い出します。
つくづくyoppyさんは乙女な人だと思います

そんな小さな命にも、環境に合わせて必死に命脈をまもってゆく密かな戦いがあり、それゆえちいさいながらこのような個性的な姿をしていると思えます。
命って本当に愛らしいですね✨
ちいかめ
2018/02/12 11:48
<ちいかめ 様>
ありがとうございます。
「そこはかとなく」って言葉、大好きなんです。
在るようで、無いような…
なんか、ボンヤリとしたボク自身みたいなんで。(^^ゞ
「可愛い面白さが漂う」、「ふふふとおかしさがこみ上げます。」なんて、とっても嬉しい表現です。(^^)

『雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるんです。』と、昭和天皇が仰られたそうですが…
言葉通りにとっても、雑草とされている草達に名前があるなんて、あまり気にしてませんでした。
でも、自分が、野の花、道端に、何気に咲いている小〜〜さな花の写真を撮ったりしてる内に、その言葉が理解出来るようになりました。
でも、この言葉には深い意味があるんですね。
仰る様に、「そんな小さな命にも…」、正に、それやと思います。
ちいかさんの絵には、命が吹き込まれていると常々感じてます。
小さな命の大切さ、尊さを知ってらっしゃるから、描くという行為に、命が吹き込まれているんやと。
ん?こんな感じ方も、ひょっとしたら、乙女チックなんかなぁ…
でも、一応(?)、普通の男性で、ニューハーフではありません。
…ジジイですけど。
yoppy702
2018/02/12 15:10
冬の温室は、レンズが曇るので
困りますね。私はこの前、板橋の温室を
訪ねた時、体のホッカイロをはがして、
温室到着の少し前から、カメラバックの中に
忍ばせておきました。それにしても温室は別世界。
エーデルワイスも咲いてるんですね。
yasuhiko
2018/02/16 00:18
<yasuhiko 様>
ありがとうございます。
今まで、冬場の温室に行って、レンズが曇った事ってなかったんです。
ここは、大阪なので、寒いと言っても、他所と比べると、遥かにマシなので、外気と大きな差がないんですが、雪が薄っすらと残ってるくらいやったから、余程、外気温との差が大きかったんですね。(^^ゞ

先日の温室撮影では、到着前に、ホッカイロをカメラバッグに入れておかれたんですか!
さすが、慣れてらっしゃる。
それは、良い方法ですね。(^^)

季節感は無いですが、冬場の温室は、ホンマ、別世界です。
夏山でしか見られない高山植物が一杯咲いているので面白いです。(^^)
yoppy702
2018/02/16 09:19
こんばんは。
コマクサ、セツブンソウ、ザンセツソウや珍しいサボテンなどいろいろと咲いていて、春が来たようで楽しませて戴きました!
フラワーホールも広くてゆったりと出来そうで良いですね!
わんこの自転車、可愛い🚲
みっちゃん
2018/02/17 21:32
<みっちゃん 様>
ありがとうございます。
温室って、季節感がないですが、暖かいし、色々咲いてるので冬場はイイですね。(^^)
中に居る時だけでも、春を感じ、夏を感じ…
出ると冬に逆戻り。(>_<)
でも、夏山で出会える高山植物が一杯咲いてました。(^^)
フラワホールは、飲食も出来ますが、催しもあったりの多目的スペースで広々してます。
わんこの自転車可愛いいでしょ。
みっちゃんさんの、わんこちゃんにもいかがですか?(^^)
yoppy702
2018/02/18 18:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鶴見緑地┌(^^)┘ 〜 ≪咲くやこの花館編≫ 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる