芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。音量調節もできます。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***

ブログパーツのサイトを利用しておりましたが、そのサイトが2018/2/10で終了するため、
この際、自分で、YouTubeからリンク、自動再生、リピート機能を付けるようにしました。
そのため、パソコンの環境によっては、YouTubeが動作しない事もあるかもしれません。


zoom RSS 雪の金剛山登山(2018)≪後編≫

<<   作成日時 : 2018/01/23 00:10   >>

ナイス ブログ気持玉 161 / トラックバック 0 / コメント 28


 ※チョット、長くなっております。


2018/01/12(金)。前記事の続きです。(^^ゞ


前記事は、

葛木神社で、お詣りをして、、、社務所の広場に下りて来て、小休憩をしていた所まで、でした。




画像



常連さんのような方と、お話してたんですが…

その方も、こんなに綺麗に遠くまで見える事って、めったに無いと言われてました。


気温が低いから、空気がクリアーなのかも。

ボクは見てこなかったんですが、社務所の広場の温度計は、マイナス7℃やったそうです。





ここでは、お楽しみがあります。(^^)

画像



鳥さんとの寛ぎタイムです。(^^)

ここは、餌台があるので、餌を持参してきました。


そして、こんな事も出来ます。

画像



今年も、手の上の餌を食べに来てくれました。(^^)

手の上に乗っても、全然、重さが無いんです。

長く乗っていると、もう、可愛いくって、可愛いくって…

トロケソウになります。(^^)



野鳥との触れ合いタイムでした。(^^)





そろそろ、15時になろうとしてます。

という事で、下山します。


  ※ここから後は、ドジをしたボクのメモ的な内容ですので、

    ご覧頂ける方は、高速スクロール、又は、スルーして、

    お疲れの出ないようにしてくださいませ。





下山予定は、いつもの、セト経由。

画像



\(◎o◎)/

キャイ〜ン

通行止めになってます。



しゃーないから、千早本道で下山します。



で、横の階段を下りて、千早本道に行こうとした時に、目に入ってしまいました。


「歩いた跡があるので、ここから行けるんや。(^^)」

画像



今、考えると、これが、恐怖(?)の始まりでした。


なんせ、いつも歩くルートだけで、他のルートなんて、全く、頭に入ってません。

しかも、先程の通行止めは、取り付きに通行止めの標示があっただけで、

通行不能箇所の地図は付いてませんでした。

なので、この後、いつもの勝手な思い込みで行動してます。(^^ゞ

画像



この後、ルートは右へ行ってたのですが…

何か、急斜面ぽく見えたので、左に目をやると、踏み跡が少しありました。

で、そちらに行ってしまいました。

この時点では、いつものセトからの下山道に合流するんやと、まだ、思い込んでました。(^^ゞ

画像



国見城跡を出発して37分です。

踏み跡も薄くなってるし、道の感じも変わってきたので…

こりゃー…

又、やっちゃったかな?(^^ゞ

画像



谷底に下りてきてからは、雪のある所は、薄くても踏み跡がありますが、

渡渉箇所があると、何処?となるのが何度もあります。

でも…

セトから下りて来た所は谷底なので、ここは、その谷の上流では?と、

未だ、思い込んでいます。(^^ゞ


とにかく、橋があるという事は、ちゃんとした(?)登山道やろうからと橋を渡ります。


国見城跡を出発して56分です。

画像



国見城跡を出発して1時間02分。


もう、完全に解りました。

今、歩いてる所は…何処や!(^^ゞ

と、やっちまった!という事が、完全に解りました。


今日は、YAMAPを動かしてなかったので、ONにします。





圏外のために作動しません!

圏内の時にONをして、マップデーターを取り込んでおれば、後は、GPS機能で作動するんですが…


グーグルマップもポインターは出ますが、マップデーターが出ません。

つまり…ここ、何処や!


山と高原地図は持ってますが、現在地が把握できないと、ボクの場合は役に立たないし…


登山ルートなんでしょうけど、完全に迷ってます。


16時を過ぎたので、少し、焦りが…



雪があるので、踏み跡は、薄くても解るのですが…

この後、登り方向に踏み跡があります。

でも、反対方向に下りる所にもあります。



で、取りあえず、登り方向へ行ってみます。




少し登って行ったのですが…

上流に向ってるし、前方には堰堤がありました。

堰堤を巻いて対岸に行くのかなぁ…

この向こうは、ひょっとして、千早本道の方かなぁ…

でも、それには、道の無い所を乗越えて行かなきゃならないやろうし…



なんて、色々考えてます。(^^ゞ



で、結論は…



谷を下流に歩いて行こう!(^^)


金剛やったら、下流に歩いたら、遠く無い所で管理道と出合えるかも!(^^)


問題は、日没に間に合うか…


ヘッデンはありますが、こんな状態じゃ、ヘッデンで歩くのは危険です。



とにかく、じっとしててもダメなので、下流に行きます。

画像



なんか、ドキドキします。

ここんとこ、楽な山歩きばっかりしてたので、お仕置きかな?

画像



16時20分、管理道路に出ました。


ここが、何処かは、まだ解ってませんが、これで、日が暮れても、ヘッデンで歩けます。(^^ゞ

画像



この橋は、セトから下りて来て、ずーっと管理道路を歩いて行くと、

最後の方で登場する車止めのある橋です。

もう、これで大丈夫。

ここから、バス停までは、そんなに遠くはありません。(^^)



今、歩いて来た道の入口に、こんな標示がありました。

画像



これによると、国見城跡からセトへは行けるけど、

セトから金剛登山口へのルートが通行止めのため、国見城跡の所で通行止めにしてたんですね。


でも…

セトから青崩方面へ行く人も居るのに、そっちもダメなんかなぁ…(^^ゞ


で、このマップには、今、ボクの歩いて来たルートは載っていません!


多分、このマップのツツジ尾谷を歩いてきたんでしょうけど…



国見城跡を出てから、1時間20分。

時間的には短いですが、とっても長く感じました。



ん?という事は、時間的には、セト経由とそんなに変わらない。


でも、このルートは厳しいですね。

もう一度歩いても、ちゃんと辿り着けるやろか?(^^ゞ

画像



バスは、16時50分発でした。

靴紐を緩めるためにスパッツを外します。

紐を緩めると…C=(´。`*)ふぅ



少し時間があるので、一服します。(^^ゞ





やがて、バスが到着。

乗車客は、パラパラ。


いつも、登山口から、南海・河内長野駅行きに乗ると、座れないどころか、

乗れない時もあるのですが…

今日は、余程、登山客が少なかったんですね。





半時間程で、河内長野駅に到着。

帰り支度をして、一服して、トイレに行き、17時34分、ホームに立ちます。

画像



到着した電車は空いてます。


シートに座り、なんば駅まで…(__).。oO





≪今回の下山ルートのチェック≫


で、どのルートで下山したかというと…

上が、歩いた後のGPS軌跡マップで、下が、山と高原地図です。

画像



これによると、ほぼ、タカハタ道を歩いていたようです。

そして、歩いてた谷は、ツツジオ谷…

歩いてた時は、緊張の連続でしたが、終ってみれば面白かったです。(^^)

いつもの、セト経由の道と、今回の、タカハタ道の間に、カトラ谷を下りていくコースもあるんや。

でも、セトへ行くほうから、案内は出てなかったから、どっか変な分岐なんやろなぁ…

カトラ谷が、セトから下りて来た谷なんですね。

一応、覚えとこっと。(^^ゞ



画像
By yoppy












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 161
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
yoppyさん、こんにちわ^^
うちの庭で育てているブロッコリー、忙しさにかまけて防除を忘れてしまったら、鳥に丸坊主に(-_-;)🐤
yoppyさんのように美味しそうなエサを片手に庭に立っていたら手に乗ってくれるかなあ…無理か(´-ω-`)

昨夜こちらでやっと初雪が降り、10センチほどの積雪に⛇
やはり一冬に雪景色を1度は観たいので、これもいいかと。
今年の冬はわりと体調がよくて、物価高さえなければ毎日楽しいです✨
yoppyさんも寒中身体を動かして鍛錬怠りないようですし、
寒い時には毛糸の帽子とマスク、ネックウォーマーを忘れずに、風邪をひかないでくださいね🌸
ちいかめ
2018/01/23 07:54
こちらでも昨日から雪景色に変わりました。
千早赤坂村は大阪府で唯一の村ですね。

今回も鳥さんとの寛ぎタイムがいいですね。
可愛い姿をたっぷりと楽しませてもらいました。
アップの写真も可愛いですね。

よくぞご無事で帰れました。雪道で遭難しなくて良かったです。

コスモス
2018/01/23 10:26
オ--国見の眺めや樹氷いいですねぇ。yoppyさん、石切さんお詣りした甲斐ありましたね。^_^

餌くわえて、飛び立つ瞬間のヤマガラくん、ベスト・ショット。翅が綺麗ですねぇ。
一番最後の手乗りヤマガラくんもいいですねぇ。^_^

やっちまった編。^O^
yoppyさん、全然、やっちまった編ではないですよ。
コースの様子や、GPS軌跡図を見ると、正規のタカハタ道、完全制覇ですねぇ。^O^
はじめの、銀色のお椀?とコップが2つある水場、タカハタ道の水場ですね。
ツツジオ谷は、下りの入口に、お地蔵さまがいらっしゃるので、前編でコメしたツツジオ谷ではないと思います。

雪の金剛、楽しませて頂き、有難うございました。
                                  てくてく
てくてく
2018/01/23 12:13
国見城跡の広場からの展望がいいですね。
向こうに見える山並は六甲山でしょう。
樹氷が美しい金剛山、ほれぼれしました。
コガラとヤマガラだけで18ショット、嬉しい野鳥との交流でしたね。
それにしてもここの野鳥はよく人になついていますね。
かわいらしい姿だし、手に乗ってくれて、ホント素晴らしい光景です。
参考まで、野鳥のエサは何の実でしたっけ?

セト方面への登山道は通行止め!
普通の人なら千早本道で下るのですが、yoppyさんは違いましたね。
>「歩いた跡があるので、ここから行けるんや。(^^)」
そして、ここから苦難の下りが始まるのですが、わざと記事の内容を盛り上げるためにとった行動じゃあなかったのかなぁ!
って、そんなわけないですよね。
冬場の午後、日が傾いてくる時間帯に、わざわざ知らない雪道を下る人はいない…いた。
でも、ホント踏み跡って怖いですよね。雪道は余計に。
でも、読んでてドキドキしながらも無事に下りれそうって薄々感じてました。
さすがのyoppyさん、しっかり管理道路に無事到着!!
後から地図を見るとタカハタ道ですか、これを歩き、それとあの谷はツツジオ谷、そのときは気が気じゃなかったと思います。
普通、道迷いで登山のセオリーは下るより登れ、なんですが、何度も金剛山を歩いたことのあるyoppyさんなので、確信をもってあの谷を下流に向かったんだと思います。
その適切な判断が功を奏したわけですね。
ドジでもなんでもなく、大人の登山者の冒険話でした。
お疲れさま、この夜のお酒は美味しかったことでしょう。
苦笑いが止まらなかったにちがいありません。(=^・^=)
トンキチ
2018/01/23 13:20
<ちいかめ 様>
ありがとうございます。
プロッコリーを坊さんにしたという事は、ヒヨドリかもしれませんね。(^^)
ヒヨは、嫌われている方が多い鳥ですが、ボクは、大好きなんです。
前に、ブロッコリーを鉢植えして、ヒヨの接待をしようか?と思った程です。(^^ゞ
ヒヨは、警戒心が強いので、手の上の餌を食べに来るかどうかは解りませんが、大阪城公園にいるヒヨは、人馴れしてるのか、パンを投げてやるとフライングキャッチしました。
家にくるキジバトも毎日のように来るし、来たら、目の前で餌を置いてあげるので、「餌をくれる人」という認識はあるようです。
警戒はしてますが、慣れてきた頃に手の上に乗せてやると食べましたので、案外、手の上の餌も食べてくれるかも。
まぁ、ヒヨが乗ったら、ちょっと重いですけど。(^^ゞ

今朝のTV見たら、東京都心部もスゴイ事になってましたね。
そちらでも、10cmの積雪ですか!
イイなぁ。(^^)
ボクやったら、イヌのように、駆け回ってるかも。(^^ゞ

体調が良いのが一番です。
物価、特に野菜が高いですね!
レタスとか買おうと思っても高いので、ついつい安い野菜にしてます。
って、野菜って、そんなに好きじゃないんですけどね。(^^ゞ

寒中は、室内でゴロゴロしてる時が多いんですよ。(^^ゞ
もっと、動かなきゃ、その内に歩けなくなってしまうかも。

出歩く時は、ニット帽、ネックウォーマーを着けるか持って行ってます。
マスクは、持って行ってますが、着けてないですね。
今の時期は、マスクも着けた方が安心ですね。
帰宅したら、手洗い、うがいはやってます。(^^ゞ
ちいかめさんも、風邪に注意してくださいね。
yoppy702
2018/01/23 18:15
<コスモス 様>
ありがとうございます。
コスモスさんの横浜の記事でも驚きましたが、東京都心部の積雪はスゴかったですね。
朝から、TVではそのニュースばっかりです。
あの寒波で、金剛山の積雪が、18日から0cmになっていたのに、又、15cmになってました。
そうなんです、唯一の村なんです。
大阪で村っていうと何か変な感じですが、東京でも、島を除いた本州部では、檜原という唯一の村がありますね。

ハイ。鳥さんとの寛ぎタイムをやってきました。(^^ゞ
やっぱ、可愛いいですね。
野鳥は、警戒心が強いですが、ここにいるコ達は、人馴れしてるので、よって来てくれます。
あの、つぶらな瞳を見てると、フニャフニャとなってしまいます。(^^ゞ

ハハハ…(^^ゞ
なんとか、無事に生還できました。
そうなんです。
一瞬、遭難という文字が頭を過ぎりました。(^^ゞ
yoppy702
2018/01/23 18:16
<てくてく 様>
ありがとうございます。
眺めイイでしょ。
生駒でも、明石海峡大橋が見える程でしたけど、ここでも、明石海峡がボンヤリと見えてました。
やっぱり、石切さんにお詣りしたからですかね。(^^ゞ

ベストショット、ありがとうございます。(^^)
勿論、偶然の出来事で、狙っても、こんなの撮れません。(^^ゞ
このコ達、サービス精神が旺盛なのか、観光課から頼まれているのかして、手の上に餌を乗せて差し出すと、次から次へとやってくるんですよ。
雪の金剛を歩くのは楽しみなんですが、このコ達と遊べるのが嬉しくって。(^^ゞ

「やっちまった編」…やっぱり、「やっちまった」なんですよ。(^^ゞ
一応、踏み跡は外さないように歩いたので、結果的には、ルートを歩いてるんですが、ここを歩こうという気持で歩いてなかったので。
このルートを歩いているという意識があったら、山と高原地図を見れば、大体の位置が解って、安心して歩けたんでしょうけど…
なんせ、「ここ、何処や。(^^ゞ」ってなりましたから、あの時は、「金剛山で遭難」という新聞の見出しが頭を過ぎり、恥ずかしいなぁ…って思いましたもん。
レスキュー保険に入ってるので、捜索費用は大丈夫ですけど。(^^ゞ

ツツジオ谷の入口に、お地蔵様がいらっしゃるんですか…
って、危険な事は考えないようにしよっと。(^^ゞ
今回の最後の方で歩いた谷が、ツツジオ谷ですので、てくてくさんの予想も当たってました。(^^)
yoppy702
2018/01/23 18:18
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
ヤッパリ、六甲ですか。
六甲から、金剛が見える時は、これ位の感じですもんね。
金剛の樹氷、なかなかのモンです。
葛城は雪が少なかったので、金剛の方が、雪の付きがイイんですかねぇ…

野鳥との触れ合いショット、18もありましたか。
なんせ、嬉しくって、一杯、撮っちゃった。(^^ゞ
もう、可愛いくって、可愛いくって!
それに、ここのコ達は、手の上の餌を食べに来てくれるので、もう、キュン、キュンの連続でした。(^^ゞ
餌は、麻の実です。
コーナンのペットショップで売ってたやつです。(^^ゞ

通行止めやったので、千早本道で下山する気になってたんですが、変なのを見ちゃったので…(^^ゞ
知ってたら、あの時間から、こんな初めてのルートは下りませんよ。
思い込みって怖いですね。
まぁ、こんな事でもなければ、このルートを下りる事は無かったやろうから、結果的には良かったかも。(^^ゞ

ドキドキさせてスミマセン。m(__)m
トンキチさんの仰る様に、登るのがしんどくっても、迷った時は、登る方が安全です。
一時間程下っだけなので、引き返すという方法がベストかもしれません。
ロープウェイでの下山、香楠荘での宿泊も出来ましたので。
ボクの判断は、たまたま、ルートを歩いていたので脱出できただけです。
これが、ルートから外れて谷を歩いていたら、場所によっては高巻きや危険な岩上り下りがあって滑落してたかもしれません。
管理道が近いという確信はあっても、その危険は頭にありました。
賭けですね。(^^ゞ

無事、バスに乗れた時、昨年のトンキチさんの記事を思い出しましたよ。
「とても刺激的で、面白い山歩きとなった」って。(^^)
yoppy702
2018/01/23 18:23
こんばんは。

ホント、眺めがいいですね。これだけ眺めがよいと疲れも忘れるんじゃないでしょうか(^^)
それに樹氷もとてもきれいですね。
なにより小鳥との触れ合い、最高です!人の手に止まってエサを食べるのには驚きました。トロケソウになるのはわかります

下山は読みながらドキドキしてしまいました(^^;)
無事下山できて良かったですね。

金剛山登山、お疲れさまでした。
narayama2008
2018/01/23 20:33
いきなり、わんダフル!なわんちゃんのイラストと言葉。
更に、青空をバックに樹氷がWonderful!
社務所の広場の温度計は、マイナス7℃ですか!
寒いのに、
鳥さんとの寛ぎタイムは、一羽だがOneダフルで心が温まる。

その後はアドベンチャーコース?
私だったら直ぐ引き返しますが、下りですから、下れば何処かへたどり着くと言う気持ちも湧きますね。
問題は崖や崩落で、ロープがあってもその先が台風の影響で崩落も考えられます。
以前国見城跡から千早へ下る時、別の道から上がって来る人が居ました。
それが、タカハタ道だったのかも?
聞くと難路だと言っていました。
通行止めを避けて行ったら通行止めに入った、ということですか?

次回はカトラ谷の探索でしょうか。
分らない道を行く時は峰より谷の方が滑落の危険性が少なく、安全と言われます。
写真と文章で、ハラハラ、ドキドキしました。
私も、近くの丹生山系で、雪深い時に道を間違えた事があります。
踏み跡が無くなり、周りが真っ白で、方向感覚が無くなり怖くなったことを思い出します。
雪道は要注意ですね。
雪の無い時に探索してから挑戦した方が良いかも知れません。
でも、今回は結果オーライで、良かったです。
石切神社のご利益かも^^)
お疲れ様でした!
アルクノ
2018/01/23 21:41
こんばんは。
鳥さんたち可愛いなと拝見して居ましたら、ハラハラドキドキでした。
雪山で足を踏み外したら大変なことでご無事でよかったです!
以前に近くの山で午後から用事が有ったので一人で先に降りたのですが間違えて遠くの団地に降りてタクシーで帰ったことがあります。途中で上に行くのを下の方と勝手に思い込んだのが間違いでした。
宮島の山でも遭難した女性がいましたが低い山でも何か所も道があるので怖いですね。
みっちゃん
2018/01/23 23:47
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
ハイ。常連の方が、こんな綺麗に見えるのは、希やと言ってましたし、ボクは、こんな綺麗に見えたのは、今まで無かったです。
こないだ、生駒でも明石海峡大橋が見れた程やったのでラッキーが続いてます。(^^)

樹氷も綺麗で、前々日に積雪15cmになってから、ずっと、気温も低かったので状態が良かったです。
小鳥との触れ合い、最高でしょ。(^^)
ここに来る楽しみなんです。
登山より、こっちの方がワクワクします。(^^ゞ
手に止まって、つぶらな瞳で見られると、ドキッ、キュンキュン、トロケルぅ…(^^ゞ

下山、スンマセン。
今後の為に、克明に記載しました。(^^ゞ
たまたま、ルートを辿れていたから良かったものの、そうでなかったら、緊急通報ですね。(^^ゞ
これも、石切さん、枚岡さんにお詣りしたお蔭かも。(^^)
yoppy7702
2018/01/24 11:03
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
アルクノさんの御株を奪うような「“ワン”ダフル」、気に入って頂けましたでしょうか。(^^)
国見城跡で、こんなに眺望が良かったのは初めてですし、人が少なかったので、野鳥との触れ合いも楽しめました。

その後は…
よくあるパターンです。
生駒に続き、又、思い込みでやっちまいました。(^^ゞ
間違ったと思っていたら、スグに引き返すのですが、この時は、間違った思い込みが先を進ませました。
途中で、人と出会ったのもマズかったですね。
踏み跡も、最初はハッキリしてましたが、徐々に薄くなり、道の状態も悪くなってきたので、これはマズイと思いましたが、ルートである事は間違いないので、そのまま進みました。
たまたま、ルートを外さなかったので、脱出できたという感じです。(^^ゞ
通行止めの標示の所で、どの箇所が通行止めかの地図標示もあれば、絶対に千早本道で下ってますね。

カトラ谷は、いつものセト経由ルートと今回のルートの間にある破線ルートですので興味があるのですが、今回よりも、かなり長い谷歩きがありそうなので不安ですが、お花畑の記載もあるので…

解らない道でルートを外れると、峰でも谷でも滑落の危険はあります。
小さな谷は、まだ安全でしょうけど、沢になっていたら危険は大です。
道迷いの時は引き返しが一番ですので、ボクは、歩いてる時に、いろんな画像を撮ってます。(^^ゞ

管理道に出合った時は、ホッとしましたし、バスの時間が迫っていたので、乗車した後で、高ぶった気持ちが、ようやく和らぎました。
石切さん、枚岡さん、そして、岡本八幡様の御加護かも。
あっ、葛木神社もお詣りしてますね。(^^ゞ
yoppy702
2018/01/24 11:14
<みっちゃん 様>
ありがとうございます。
鳥さんとの触れ合いタイム、楽しかったです。(^^)
金剛山って、雪の季節位しか行ってないのですが、人が少ないと、いつも手乗りを体験してます。
もう、可愛い過ぎて、メロメロです。(^^ゞ

その後は…
思い込みで間違うのは、よくあるんです。
山でなくても、町を歩いていても???となってる時があります。(^^ゞ
みっちゃんさんも、思い込みで間違って下りた事があるんですか。
下山やと、上に行くのは頭にないですし、小さな山でも、枝道があるので、ウッカリしていると、変な道に入っちゃいますね。
宮島の山というと弥山ですね。
宮島にお詣りに行き、弥山を登りたいとは思ってるんです。
ここでも遭難があるんですか!
ボクの場合、方向音痴な方なんで、注意しなきゃ。(^^ゞ
yoppy702
2018/01/24 11:15
無事にご帰還を知ってるからナンやけど・・
途中、動悸が、はようなりましてん! 一人だと心細いですよね。
とにかく、良かったァーーー yoppyさん落ち着いてはるゥ~~
それに水場の水は凍りつくことがないんですね。
ほんとに 命の水やわ〜〜〜🎶

ヤマガラってほんま☆彡 かわいいですね。
同居の子は コガラ ?っぽいですね。
同じような仲間だから仲良くしてはるのかな〜
この場面を見ただけでもここに行きたいわ~

北陸の那谷寺の裏山でヤマガラとシジュウカラに遊んで貰った?
昨年の1月末の旅を思い出しました。
今年は腰を痛めた夫が、乗り物になが〜く乗れないので(-_-;)ゞ
寒いときはどこも行けません。予約したのはキャンセルしました。
yoppyさんのレポで体験した気分にさせて頂いてます。

今日は原チャでジムと歯科に行ったのですが・・・
表通りでないところはガチガチでコントロール不能でした。
歯科には近くのコメダ珈琲に原チャをおいて(お茶のあと)
歯科までは歩いて行きました。大工事で麻酔がまだ切れてません。
2週間後に本工事の予定だそうです。大枚、用意しなくては・・


nobara
2018/01/24 14:04
手のひらで餌を啄んでくれている野鳥さんは
ジョウビタキのオスでしょうか?
昨年の晩秋にしきりとわが家のバルコニーや
庭先を訪問してくれていたので
拙ブログでも記事の一部で扱いましたもので…
それにしても素晴らしいです!
小枝
2018/01/24 22:20
<nobara 様>
ありがとうございます。
スンマセン。
ドジな事をしたもんで、反省と復習の意味で、克明に記録しちゃったもので…
もう、ああなると、心細いというのは忘れてましたし、落ち着いてたというより、開き直ってたという感じです。(^^ゞ
滝が凍るので、水場も凍るとは思いますが、そこまでは寒くなかったのかと思います。
でも、ホンマ、命の水ですね。

ヤマガラは、愛くるしいですね。
つぶらな瞳がタマリマセン。(≧∇≦)
このコは、ネクタイをしてないので、コガラですね。
この時は、この二種類しかウロチョロしてませんでした。
どちらも、よく、人慣れしてるので、手の上の餌を食べに来てくれました。(^^)

nobaraさんも、遊んで貰いはったんですね。(^^)
野鳥さん達と仲良く(?)出来ると、とても温かい気分になれます。
やっぱり、癒し系なんでしょうね。

エッ!凍ってる道路を原付で行ったんですか!
危ないなぁ…
ボクは、かなり昔に、原付で通勤してた事があるんですが、一度、雪が積もった時に、滑った事があります。
幸いに転倒はしなかったですが、ヒヤッとしました。
歯ですかぁ〜
痛そう。(^^ゞ
大枚が必要やと、ダブルの痛みですね。
かといって、歯の痛みは、我慢でけへんし。
お大事にしてくださいね。
yoppy702
2018/01/24 23:00
<小枝 様>
ありがとうございます。
ジョウビタキ♂に似ている鳥は、ヤマガラです。
同じような色彩ですね。(^^)
ジョウビタキ♂は、顔全体が黒いです。
パルコニーや庭先に野鳥がやってくるんですね。
イイなぁ。(^^)
家は、大阪市内のゴミゴミしたとこのベランダなので、スズメやハト以外の野鳥がやってきませんが、冬場は、ミカンを置いてると、メジロ、ヒヨドリがやってきます。(^^ゞ
yoppy702
2018/01/24 23:01
樹氷が綺麗だなあと拝見させていただいていると、やっちまったんですね。
後半を読みながら、ドキドキしましたよ。自分の位置がわからないと不安が増し、雪の下に隠れている危険箇所に注意が行かないことがありますよね。確信を持ってバリエーションルートなどを歩いているなら、気持ちのもちようはかなり楽ですけど、間違ったかもしれないと思うと不安一杯になります。自分も何度か同じような気持ちになった事があり、慎重に行動しようと毎回反省するんですけどね。
無事に下山されてよかったです。
山じい
2018/01/25 14:17
<山じい 様>
ありがとうございます。
ハイ。やっちまいました。(^^ゞ
当初は、思い描いていたルートに合流するのかと思ってましたが、そうでないと気付いた時は、現在地が不明でした。
スマホに山用アプリを入れているのに、この日は、いつものコースを歩く予定で起動してなかったのが大間違いでした。
どんな時でも、起動しとかなければいけませんね。(^^ゞ
間違ってると気付いた時は、ルートは歩いていたので、その内、何処かへ出るやろという感じでした。
コンパスを確認した時は、一応、登山口へ向ってましたので…
でも、最後の方で、谷を上流に向って歩き始めた時は、コンパスと逆方向になったので悩み、下流に行こうと決めたんです。
たまたま、ルート上を歩いていたので脱出できましたが、そうでなかったらと思うと、ゾ〜っとします。(^^ゞ
以後、もっと慎重に歩きたいと思ってます。
ドキドキさせてしまってスミマセンでした。
yoppy702
2018/01/26 00:22
こんばんは♪

冒頭の白い樹木のなんと美しいことでしょう。。
で、魔女は目が悪くて、白銀の世界は特に見えずらい。。ときて
お陰様でyoppyさんの道を外した大変な出来事を追っかけていたら
魔女も道に迷って何を見てるのかわからなくなっちゃった(笑)
大変な事態でしたねぇ
。。で、無事ヤマガラさんに餌ずけして一息付けました
いや〜めちゃ可愛いですねぇ こんな写真たまらない〜です
ああ〜お陰様で魔女も無事下山できました
もう、可笑しくて笑っていいものか。。笑ってしまいましたが
無事で良かった!ですね
コケ魔女
2018/01/26 22:21
おはようございます。

ヤマガラやシジュウカラでしょうか。
野鳥の手乗りには驚きました。

近くで触れ合うとすごくかわいいでしょうね。
koji
2018/01/27 09:34
<コケ魔女 様>
ありがとうございます。
白い樹木、イイでしょ。
コケ魔女さんには、ちょっと眩し過ぎたかもしれませんが、こんなの見てると、又、クリスマスモードになっちゃいます。(^^ゞ
丁度、青空が出てきたので良かったです。
野鳥さんもやって来て、手の上の餌を食べてくれて…
ここまでは、ホンワカムードやったんですが…
エッ!魔女さんも迷っちゃいましたか!
これは、シッツレイしました。
何せ、yoppyさんは、何も考えずに歩いて行っちゃったもんで…(^^ゞ
なので、ご本人さんは、後半になるまで、事態の大変さに気付いてなかったようですよ。(^^)
気付いた時は、ご本人、真っ青。(^^)
ボクも、笑っちゃいました。(^^)(^^)(^^)
ホンマ、よう、何事もなく、バスに乗って帰れたもんです。
よっぽど、yoppyさんって、悪運の強い方なんやと感心しました。(^^)
今回も、ヤマガラ、ヒガラと、ちょこんと手の上に乗った感触をお土産に出来ました。
時々、ちょこんと、顔を見るんですよ。
その仕草が、もう、可愛いくって、可愛いくって…(^^)
yoppy702
2018/01/27 19:00
<koji 様>
ありがとうございます。
シジュウカラに似てるのは、ヒガラです。
シジュウカラも居るのですが、今回は、やってきませんでした。
ヤマガラは、一杯いますね。(^^)
この場所は、以前から、餌台が置いてあるので、野鳥が餌付けされてます。
で、人慣れしてて、このように、手の上の餌も食べに来るんです。
野鳥さんのサービス精神か、観光課から頼まれているのか…
鳥好きの方には、たまらないスポットです。(^^)
yoppy702
2018/01/27 19:01
こんばんは。
金剛山は標高はどの位ですか?
少なくとも800mかな?誰かが
崩落と書いていましたが、そんな
険しい山なんですかね。でもでも
無事に帰ってきて良かったですね!

『バイ・リクエスト』如何ですか〜♬
ぷりめいら
2018/01/27 21:29
<ぷりめいら 様>
ありがとうございます。
金剛山の標高は、1125mです。
ここは、金剛山地なので、最高峰が葛木岳(1125m)なんですが、葛木神社が神域のために三角点の設置は、少し離れた、涌出岳(1112m)に設置されています。
大阪と奈良にまたがっていますが、大阪府の最高地点です。
普通のハイキングコースは、とても安全なルートなんですが、そうで無い所は、お山って感じがありますし、谷道は危険箇所が沢山あります。
低くても、山なので自然の猛威は受ける箇所がありますから、崩落は仕方ないですね。
昨年の台風の猛威は、関西の低山でも、多くの影響を受けてますし、ボクが良く行く、大阪市内の長居植物園でも、倒木があった程ですから。
今回は、一瞬、青ざめてましたが、ホンマ、無事に帰れて良かったです。
よっぽど、悪運が強いんですね。(^^)

『バイ・リクエスト』、もう、気にいって、毎日、聴いてます。(^^)
素適なアルバムのご紹介ありがとうございました。
「恋人よ我に帰れ」は、ホンマ、素晴らしいと思いますが、全曲、イイですよ。
「ユード・ビー・ソー・ナイス」、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」が、テンポも良くウキウキします。(^^)
でも、スローな、「ミスティ」、「ラウンド・ミッドナイト」にはウットリです。 (^^)
yoppy702
2018/01/28 10:36
足跡どおりに下りていたらだんだん足跡がなくなり
でも方向は間違ってないのでそのまま下りつづけていたら林道が見えた!!
けど高〜い岩をロープ使って下りる以外右へも左へも動けない所に出たことがあります
雲仙九千部でのことですが、そのときのことを思い出しました
高低差400mくらいですが水も食べ物も全く無くしばらく藪の中を下りられる道はないかと探しまわりましたが、ふーみんと一緒だったし手を引いて山頂まで戻りました
足跡はくせものです
無事戻れて良かったですね! ドキドキしました〜!
nori
2018/02/06 13:49
<nori 様>
ありがとうございます。
単なる足跡というより、明らかに登山者の踏跡でしたので進みました。(^^ゞ
道標も目印も、全く無かったのですが、ルートを見失った時の、あの違和感はなかったし、コンパスは、出口へ向ってるような感じでしたので。
でも、現在地が確定出来ないし、日没時間の事もあったのでメッチャ不安でした。
まぁ、ルートでない所に入り込んだ事もあるので、それから比べたら安心感はありましたが。(^^ゞ
noriさんも、怖い思いをされた事があるんですね。
行程差400mといっても、雲仙やから、標高はかなりある所でしょ。
「水も食べ物も全く無くし…」ってのも不安材料ですね。
ボクは、若い頃に、六甲で、獣道に入り込んでしまって、後ろを振り返ったら道が無かって、ゾ〜っとした事があります。
それ以来、楽なハイキングでも、非常食は持って行ってるんです。
なんせ、エエ加減な人なので、いつ帰れなくなるか解らないので。(^^ゞ
でも、noriさん、山頂まで戻った判断は、大正解でしたね。(^^)
そのまま進んでいたら、滑落、遭難という事もあったかもしれません。
ボクの今回は、ほぼ確信があったので進みましたが、そうでなかったら、引き返してましたもん。
ドキドキさせてスミマセン。
yoppy702
2018/02/07 01:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪の金剛山登山(2018)≪後編≫ 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる