芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***


zoom RSS 夜行フェリーの旅 〜 宮崎・日南 ≪後編≫

<<   作成日時 : 2017/06/20 19:15   >>

ナイス ブログ気持玉 168 / トラックバック 0 / コメント 16


 ※チョット、長くなっております。


2017/06/05(月)。前記事の続きです。


行程表は、≪前編≫の方に載せています。


≪前編≫は、出航から、「道の駅・なんごう」迄、

≪後編≫は、都井岬から帰港迄です。


前記事は、「道の駅・なんごう」を出発する所迄でした。





11時50分、「道の駅・なんごう」を出発します。

バスに乗り込むと、お昼のお弁当が座席に置かれてました。

画像



「椎茸めし」は、宮崎の郷土料理で、JR宮崎駅の名物駅弁だそうです。

鶏がらスープで炊き込んだ飯の上に、甘辛く煮つけたしいたけ、鶏そぼろ、錦糸卵がのっかっています。


移動に、1時間強掛かりますので、車内で頂きます。

…(パクッ)

椎茸が、旨〜い。(^^)

気分は、列車の旅です。(^^ゞ




食後は…


やっぱり…


…(__).。oO





13時04分、「都井岬」に到着です。

画像



ここは、野生馬で有名です。

馬は、「御崎馬(みさきうま)」という、ここ「都井岬」に生息する種で、日本在来種で、国の天然記念物です。

日本在来種は、長野県の木曽馬、北海道の道産子などがあります。


「都井岬」は、東西に柵を設けて仕切り、「御崎馬」を保護しています。

岬を走っている道路(アジサイロード)には、「駒止の門」というゲートがあり、

ここを通るには協力金(車:400円)が必要です。


「都井岬」へ来たのは、この野生馬とアジサイを見る事。

でも、馬が居る気配がしません。


「都井岬」は、こんな風になっています。

画像



ここでの滞在は30分。


馬さんを見たいのに、何か、この辺りは、そんな雰囲気がありません。



灯台があるので、そちらへ行ってみます。

画像



「都井岬灯台」は、1929年(昭和4年)12月に完成。

レンズは、第3等大型フレネル式だそうです。

「日本の灯台50選」の一つだそうです。



灯台近くの売店の方に、同じツアーの方が、


つあー客A : 「馬はこの中(灯台のある敷地)に居るんですか?」

売店の方  : 「馬は、もっと下の方にいますよ。時々来るけど、今日は、来てませんよ。」


すると、皆さん、灯台に行かず、そこからUターン。

灯台見学は有料やし、皆さん、馬を見たかったので。(^^ゞ


で、添乗員さんに詰め寄ってる方がいらっしゃいました。


つあー客B : 「馬を楽しみにしてたのに!馬は、もっと下の方に行かなきゃダメって言ってますよ!」


添乗員さんは、帰り道で、馬が居て、停車できる所があれば停めますと約束してました。(^^)





アジサイの写真を…


でも…


ツアータイトルに記載する程には咲いてないような…

画像



馬は居ないし、アジサイもイマイチ。

まぁ、ハズレの時もあります。(^^ゞ





13時35分、バスは、「都井岬」を後にします。


アジサイロードを戻っていると…


添乗員 「馬が居ますよ!」


バスが、減速します。

画像






しばらく進むと…


添乗員 「馬です。(^^)」


バスが、停車します。

画像



馬が居て良かった。(^^)

きっと、これで、添乗員さんも、肩の荷が下りた事でしょうね。(^^)





数分すると…


添乗員 「馬が居ます。撮影タイムです。(^^)」


バスは、停車して、ボク達は、バスを下ります。

画像



添乗員さん、神対応です。(^^)



でも…


それやったら、最初からねぇ…


なんて、思っちゃいますが。(^^ゞ


まぁ、馬が撮れたので、贅沢は言ってはいけませんね。(^^)





14時頃、バスは、「駒止の門」を出て、「御崎馬」とはお別れです。

ちゃう、「都井岬」とはお別れです。(^^ゞ





バスは、海岸沿いを、宮崎港の方へ戻って行きます。

次の立ち寄り先までは、1時間程走るとか…





…(__).。oO

画像






15時05分、「鵜戸神宮」に到着。


ここは、洞窟に御本殿があるとか。

ただ、そこへ行くには、階段を上って、下りて…とか言ってます。

画像



ここ、何か、楽しい所です。(^^)


この階段を下りた左側の洞窟に、御本殿があるんですね。


それでは、お詣りを。

画像



鵜戸神宮のご由緒では…


  山幸彦(彦火火出見尊)が、兄(海幸彦)の釣り針を探しに海宮(龍宮)に赴かれ、

  海神のむすめ豊玉姫命と深い契りを結ばれた。

  山幸彦が海宮から帰られた後、身重になられていた豊玉姫命は、

  「天孫の御子を海原で生むことは出来ない」とこの鵜戸の地に参られた。

  霊窟に急いで産殿を造られていたが、鵜の羽で屋根を葺終わらないうちに、

  御子はご誕生になった。

  故に、御名を「ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと」と申し上げる。




あの海幸彦と山幸彦の神話は知ってますが、あの豊玉姫命が、ここで、ご出産されていたんですね。

そういえば、「海幸・山幸」神話の舞台は、日南海岸、青島。

天孫降臨の舞台とされる高千穂峰も宮崎県と鹿児島県の県境。

あっ、高千穂峰へ登った時に、「天逆鉾(あめのさかほこ)」を見てきました。(^^ゞ

南国宮崎は、神話の世界でもあるんですね。


鵜戸神宮の主祭神は、

日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)

ご由緒で登場する御子です。


創建は、不詳だそうですが、崇神天皇の時代だとか。

在位は、崇神天皇元年(皇紀564年、西暦BC97年)〜同68年(皇紀631年、西暦BC30年)です。


そして、なんと!

朝ドラ「まれ」のヒロイン、土屋太鳳さんのご先祖様がお守りしてたとか。

(どういう関わりかはチェックしてませんが、この事は、彼女の公式ブログに載っています。)



洞窟を出ると、面白い(?)物があります。

画像



添乗員さんのお知り合いが、「運玉」に挑戦して、見事、枡形の窪みに入ったそうです。

そして、なんと、宝くじが当たったそうです!

金額は、不明ですが。(^^ゞ



こんなスゴイ場所にある神社、初めて来ました。

ここは、来る価値がある神社ですね。

画像



ウサギさんは、鵜戸神宮の神使だそうです。

先程の、「撫でうさぎ」様がそうです。





お花を…(^^ゞ

画像



「おちちあめ」は、洞窟内の「お乳岩」から滴り落ちる石清水を使って仕上げた神宮特製のあめで、

このあめをなめると母乳がよく出たという話が広まり、通説となっているそうです。


知らなかったのですが…

「参道入り口で販売されている錬りあめとは違うものなので、ご注意を。」

だそうです。(^^ゞ


で、神宮特製の「おちちあめ」は、コレです。(^^ゞ

画像



この「おちちあめ」の原材料(?)にも悲しいお話があります。


洞窟内で、御子を御産みになった豊玉姫命は、海神国へ帰ってしまわれるのです。

でも、その時に、お子への愛情と健やかな成長を願い、

ご自身の両乳房を洞窟内にくっつけていかれたそうです。


その後、豊玉姫命は、乳母を送ります。

その乳母は、岩屋の中に、くっつけて残していった豊玉姫命の乳房からしたたる乳水で、

御子を育てあげたそうです。


では、何故、豊玉姫命は、愛しの我が子を残して、海神国へ帰ってしまったのでしょうか?


「鶴の恩返し」にも登場する、『見るなのタブー』が、このお話にもあります。


豊玉姫命が、ご出産される時に、自分の本来の姿になってお産みになられる姿を、

山幸彦に「決して覗かないように」と言いますが、山幸彦は見てしまいます。

姿を見られ、悲しみ恥じた豊玉姫命は御子を残し海神国へと帰る事となるのです。





駐車場に戻ります。

画像






16時00分、バスが出発します。





画像





16時48分、出発です。


画像



コンビニに寄ったのは、夕食を買うためでした。(^^ゞ


このツアーには、オプションで帰りの夕食(幕の内、1,000円)があったので、申し込んだのですが、

3食の申込みしかなかったので、持ってきてもらえず、中止になったんです。


船内のレストランでは、バイキング(1,500円)しかありません。

もうちょっと若かった頃は、元近くは食べてたのですが、もう、そんなに沢山食べれません。

なので、どうしようか…と思っていたら、ドライバーさんが、添乗員さんに、

コンビニ寄ろうと言ってくださったんです。


でも、殆どの方が、コンビニで夕食を調達しに下りました。

なので、選ぶ暇もなく、残ってるのを取ってレジに行きました。

まぁ、焼そばと炒飯は、好きなので。(^^ゞ


でも、レジで、


スタッフ : 「温めますか?」

yoppy  : 「いえ、そのままで結構です。」

スタッフ : 「これは、温めないといけないんです!」


なんか、ちょっと、見幕が…


yoppy  : 「フェリーに、電子レンジがあるので、それで温めます。」

スタッフ : 「必ず、温めてから食べて下さい!

yoppy  : (心の中で) キャイン〜


お弁当を見ると、「電子レンジ専用。必ず温めて下さい。」って書いてました。(^^ゞ


でも…

殆どの方が、コンビニで夕食の調達をしたんやったら、最初に、幕の内を頼んだら良かったのにね。

写真だけやけど、あの幕の内の方が、美味しそうやったもん。(^^ゞ





食後、デッキに出て、出航を待ちます。

画像



という事で、お風呂タイム。(^^ゞ


お風呂は、昨日と同じ。

違うのは、昨日の出航は、日の入り前で、今日は日の入り後。

展望風呂からの景色が、昨日よりも、暗い海になってました。





で、風呂上りには…

画像



昨夜と同じ組み合わせです。(^^ゞ

でも、今日は、500mℓ×1、350mℓ×1 でした。


昨夜の方は、今日は居なかったので、皆さん、安心して床に着いています。

ボクは、消灯(22時)の少し前に部屋に戻りました。



そして…





(´△`)Zzzz・・・。o○








【2017/06/06(火)】

今朝は、4時50分に起きました。

なんか、昨日の方が、良く眠れたような…(^^ゞ


そして、デッキへ。

画像



世界平和大観音でしたっけ。 

高さが100mとか。

今は、大変な事になってるそうですね。





6時35分、明石海峡大橋の、ほぼ正面にやってきました。

画像



正面には、もうちょっとありそうですね。(^^ゞ




画像



予定より、5分程早く、7時25分、下船開始です。

画像



三宮駅までは、ほぼ一直線。


気持ちのイイ朝の歩きです。(^^)


画像
By yoppy











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 168
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
宮崎でのお昼のお弁当は美味しそうな「椎茸めし」!
もう見ただけで、美味しそうなのが分かりました。^_^
昼食後はやっぱり居眠りしますよね。
私も最近そんな癖がついてしまいました。
都井岬の馬、あれみんな野生なんですか。
つまり、六甲山のイノシシみたいなものなんですかね。
国の天然記念物とはすごい馬さんたちです。
灯台も立派ですが、やはりここでは馬が見たいですね。
この御崎馬、都井岬に何頭くらいいらっしゃるんでしょうね。
数が減って絶滅のおそれとかはないですか。
野生の馬なんて見たことないので、また見てみたいです。
それにしても海がとってもきれいです!
空が晴れているので、海もそう見えるんでしょうか。
鵜戸神宮は面白そうなところでした!
洞窟にご本殿があるとは珍しいですね。
南国宮崎は神話の世界・・・。
宮崎はほとんど行ったことがなく、宮崎県最高峰の祖母山に登った程度です。
ですので、今回yoppyさんが訪ねた日南の海岸線は未知の領域です。
おちちあめ、どんな味がするんでしょうかね。
道の駅フェニックスで、とうとうジャカランダのポット苗を入手されましたね。
育つのが楽しみなことです。
夕食はコンビニ弁当でしたが、それで十分ですね。
私もたぶんそうすると思います。
きれいな夕焼け空に見送られて宮崎にバイバイ。
楽しい往復2泊のフェリーツアー、お疲れさまでした。^_^
トンキチ
2017/06/20 23:30
こんばんは。
道の駅を出発する時に配られたお弁当「椎茸めし」おいしそうです。
JR宮崎駅の名物駅弁なんですね。鉄道の旅だと駅弁は手に入りますが、バスの旅だとそうはいかないものですが、フツーの幕の内ではなくて名物駅弁を用意するとはクラツーさん、気が利いていますね(^^)

都井岬は野生馬の産地なんですね。岬とだけあって眺めも良さそう。
でもツアー客の皆さんが見たいのは馬なんですね。馬を見れないので添乗員さんに詰め寄っている方もおられましたか。
う〜ん、添乗員さんも大変・・・(><)
でも、帰り道で馬が見れたんですね。添乗員さんもホッとされた事でしょうね。馬というとどうしても競馬のサラブレッドを想像してしまいますが、こちらの「御崎馬」はずんぐりしてて可愛いですね

そしてユニークだなあと思いましたのが鵜戸神宮、洞窟にご本殿ですか、ビックリです。階段を上がってトンネルを潜って橋を越えて階段を急降下、その先には洞窟の中のご本殿、まさに探検気分が味わえるお宮さんですね(^^)
それにジャカランダにヒシバデイゴ、アジサイもキレイですね。

帰りのフェリーは夕日の中を出航、夕食はコンビニ弁当、私も旅先でコンビニ弁当で済ますことが多いです。安いしおいしいとなれば正解だと思います。
朝は朝日をご覧になったんですね。海上で見る朝日は感動モノだと思います。

夜行フェリーの旅、お疲れ様でした。私も楽しませて頂きました
narayama2008
2017/06/20 23:51
椎茸めし、ヨカ〜ね〜〜〜
どんこの椎茸ですね。嘉例川の有名な駅弁にも使われてます。
だいだ〜い好きだから見てて涎がでてきましたよ(笑)
都井岬の岬馬はスリム体形で、羨ましいですね。
ず〜〜〜と昔に行きました。
鵜戸神宮も懐かしか〜〜四角い所に投げました。
入った記憶はありません。
茅の輪、潜りましたか?
ガクアジサイ、ダンスパーティみたいな可愛いのですね。
菱の形のは、アーリーブルーというのがありますが、似てます。
ノアサガオかしら? 葉がはっきりしませんけど。
沖縄などそこら中に蔓延っています。
十分に堪能なさったフェリー旅でしたね。元気ですね〜
さて? 次は何処を画策なさってらっしゃいますか?
nobara
2017/06/21 08:50
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
「椎茸めし」、メッチヤ美味しかったです。
椎茸って、生椎茸をお鍋や焼いたり、炒め物に入れたりする程度なんですが、こういうお料理を食べると、ホンマ、旨味がジワ〜っときますね。(^^)
昼食後…バスの揺れも加わって、どうしても眠気が…
って、山歩きでも、昼食後は、ボーっとしながら歩いてますけど。(^^ゞ

馬さん、野生です。
六甲のイノシシさんと同じです。
扱いが、全然、違いますね。(^^)
さすがに、綺麗な馬さんです。

海、綺麗でしょ。
日南海岸って来た事が無かったんです。
今回は、ジャカランダ目当てやったのに、こんな景色を見れて感激です。
一頃、新婚旅行のメッカでしたものね。

鵜戸神宮、これは、行く価値有りです。
海が荒れてたら大変でしょうけど、穏やかな時は、もう、素晴らしい景観です。
豊玉姫命が、ご出産された洞窟にも、神話の世界が広がっていて、タイムスリップしてしまいます。

「おちちあめ」、実は、未だお供え中で、食べてないんです。(^^ゞ
なんか楽しみです。
ひょっとしたら、懐かしい味がして、この年になっても育つかもしれません。(^^)

「道の駅・フェニックス」で、苗が売っていたので、これは、「買いなさい」というお告げやと思い、スグに買いました。
なんか、貧弱そうなので、年越しできるか解りませんし、花なんて、夢の夢かもしれませんが、「とっても旅の思い出」です。

夕食は、船内の自販機(オニギリ、カップラーメンetc.)で我慢しようかとも思ってました。
こういうツアーで、コンビニに寄ってくれるなんて!\(^o^)/

天気が良かったので、夕焼けが綺麗でした。
宮崎港との別れには、とっても、良いシチュエーションでした。(^^)
yoppy702
2017/06/21 11:06
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
「椎茸めし」、メッチヤ美味しかったです。
ツアーでは、安価な幕の内がフツーですが、駅弁を出してくれるのは嬉しいです。
バスやのに、気分は、列車の旅。(^^ゞ
クラツーさん、くすぐってくれます。(^^)

「都井岬」は、他のツアー会社でも、野生馬をクローズアップしてるので、行ってみたかった所なんです。
眺めも良かったですが、馬が気になって、眺望を、殆ど、撮ってませんでした。(^^ゞ
風が、爽やかでした。
馬も、アジサイもダメ…
ハズレやったなぁ…と思ってました。
でも、添乗員さんの機転で、御崎馬、堪能できました。
イイ加減(?)な添乗員さんやったら、見れないのは、その時の運(?)という感じで、さっさと行程を進めちゃうんですが、今回の添乗員さんは、正に、ツアーディレクターでした。

「鵜戸神宮」、お奨めです。(^^ゞ
こんな神社、初めてですし、神話の香りが一杯で…
あのトンネルが、古の世界との分岐なのかと。
お花も一杯で、もっと、ゆっくりと参拝したかったですね。

三宮を出航する時は、18時でしたので、夜景は見れませんでしたが、こちらは、日没直後の出航。
夕景が、宮崎港との別れに拍車を掛けました。
こういうのが旅情ですね。
周りの景色と自分の心がオーバーラップして…

フェリーのレストランって、バイキングだけなので、二の足を踏んでたんですが、ツアーやのに、コンビニに寄ってくれるなんてラッキーでした。
バステルさんではありますが、観光ツアーでは、考えられませんものね。

朝日…ちょっと遅れましたけど、水平線から顔を出した直後に見れました。
やっぱり、感動です。
フェリーの旅って、色んな楽しみがあるので大好きです。(^^)
yoppy702
2017/06/21 11:13
<nobara 様>
ありがとうございます。
「椎茸めし」、メッチヤ美味しかったです。
って、nobaraさんは、よく御存知ですもんね。(^^ゞ
「どんこの椎茸」って言うんですか。
干し椎茸って、どれも同じやと思ってましたが、開ききる前のもあるんですね。
これ、チェックしたら、結構高級食材でした。
nobaraさんが涎なんて、よっぽど、「椎茸めし」って美味しいんや。
ボク、一回で、ファンになりました。(^^)

都井岬の野生馬、綺麗です。
艶があって、張りがあって、生き生きしてて…
もう、絵の世界から飛び出してきたような、そんな感じでした。

鵜戸神宮で、「運玉」、やられてましたか。(^^)
ボクは、こういうのダメなので、やりませんでしたが、せっかく旅の思い出になったのに…と、ちょっと後悔してます。
今度、行ったら、やってみます。(^^ゞ

「茅の輪」、潜っただけで、正式には…作法通りには潜ってないんです。
なので、ダメですね。(^^ゞ
ここのアジサイ達、新鮮でした。
綺麗にされてます。
アサガオ…家の宿根アサガオ(多分、琉球アサガオ)に似てたんですが…
あの時間ですと、アサガオ?ヒルガオ?って悩みました。
葉っぱもちゃんと撮れば良かったんですが、他のと混じっていて、よく解りませんでした。(^^ゞ

ジャカランダがメインの旅でしたけど、どうしてどうして、少しだけですが、宮崎を楽しめました。
宮崎は、以前に、高千穂峡に行きましたが、海岸線は初めて。
ホンマ、良い所です。
これは、又、行かねば!(^^)
yoppy702
2017/06/21 11:15
こんにちは。
主人の鹿児島転勤時代に宮崎、西都原古墳、鵜戸神宮は訪れたこと有りますが詳しいリポートで楽しませて戴きました!
都井岬は行ったことがなく、独特の姿の馬さんたち可愛いなと思って拝見しました。
淡路島も何度か訪れていますが観音様は初めてで大きいですね!
神戸港からの往復で懐かしく拝見しました。
みっちゃん
2017/06/21 15:39
<みっちゃん 様>
ありがとうございます。
西都原古墳群に行かれたのですね。
ウォークのツアーで、ここもあるので、一度行ってみたいと思ってるんです。
鵜戸神宮も行かれてるんですね。
この神社、スゴイです。
又、機会があれば、是非に行ってみたいです。
都井岬の野生馬、綺麗です。
舗装した自動車道を悠然と歩いてる姿は、ここでないと見れないでしょうね。(^^)
保護はされているものの、草原で自然に生きている姿は壮観です。

淡路の観音様…
これは、観光用で作られたもので、展望台やレストランなどが、中にあったと思いますが、経営が行き詰まり、今は、廃虚になっているという話です。
今でも、紀淡海峡を見据えている姿は、そんな事を微塵も感じさせないですね。
yoppy702
2017/06/21 22:15
大変ご無沙汰しております!生きてました〜
いつも素晴らしい活動を、指加えて拝見してました(笑)
PCの前座ると眠くなりUP出来なくて。。。
こんなひ弱なわたくしの為??
変わらない面白いレポで、今からも宜しくです!
miyo
2017/06/21 22:35
<miyo 様>
ありがとうございます。
生きてて良かった!(^^)
嬉しい!
ご訪問する度に、相変わらず、お忙しいそうやなぁ…って思ってました。
活動的なお二人の事やから、お家で、じっとしてる訳ではないんでしょうけど、記事としてアップするのは、時間が必要ですもんね。
「PCの前に座ると眠くなり…」
解ります。(^^)
ボクなんて、十分な睡眠を取ってるのに、PCの前に座ると、コックリ、コックリ。
仕事中に、コックリ、コックリしてた気持ち良さを、今も味わっています。(^^ゞ
エッ?!「ひ弱」…
誰がじゃぁ〜(^^)
無理しないで、元気で活動してくださいね。
こちらこそ、これからも、宜しくです。
yoppy702
2017/06/22 10:33
到着後の写真、晴れて、紫陽花もあって良かったですが・・。
思ったより少ない訳ですか。

馬が一般道路でたむろしていて、交通事故が発生しそうです。
牧場から出て、自由行動にしているのは交通量が少ないからなんですね。
でも、帰り道に馬が居たので、
馬の案内で放牧している場所に辿り着いた?^^。

「天上を見ると・・」の洞窟の写真、垂れ下がる石を削ったような雰囲気ですが、洞窟は波の侵食により出来た海蝕洞とあります。
穴を造るのは分りますが、洞窟になるまで深く浸食するとは、驚きます。
名前があったのかもですが、
尖っているのは滴る水で出来た石筍?
御乳岩は鍾乳石ですね。
鵜戸神宮が縁結びや安産祈願として親しまれている神社であることが解ります。
昔、このあたりの新婚さんは必ず鵜戸さんにお参りするという風習があったそうで、戦後、宮崎と日南海岸が新婚旅行のメッカになったのもこれでしょうか。
創建は不詳だそうですが、崇神天皇の時代だと相当古いですね。
崇神天皇の即位は、『古事記』『日本書紀』の記載から推定してBC97年との説もありますが、一般的には3世紀から4世紀初めにかけて実在した可能性のある最初の天皇としています。
崇神天皇陵とされる行燈山古墳の年代推定もありますし。

男は左手で、とはハンデ付けますね。
運玉が入らなくても、参道にある「運」と書かれた大きな石を触ると願いが叶うかもしれません。
とありました!

ジャカランダ、購入しましたか。
数年後?咲くのが楽しみです。

行き帰り、眠れたほうじゃないでしょうか。
お疲れ様でした。
アルクノ
2017/06/22 15:00
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
時期も少し早いですが、ツアータイトルにあると、かなり期待しますけど、六甲の方が遥かに多い感じです。

都井岬の「駒止の門」を越えてからは、「馬ありき」です。
舗装道路は、速度規制(30km)ですし、道路上に出てくる馬への、十分な注意走行を促しています。
舗装道路の左右は、草原なので、馬は、そこにいます。
でも、動き回ってるので、何処にいるかは、発見するまでは解りません。

あの洞窟が、侵食だけでできたとしたら、どれ位の年月が掛かったんでしょうねぇ…
まぁ、各地に大きな鍾乳洞があるのですから、波浪や風による侵食で、大きな物が形成されても不思議ではないですが、自然の壮大な力と根気には恐れ入ります。
洞窟ですから、洞窟生成物はあるでしょうね。
そういった自然の贈り物が神話の世界と結びついているのも、又、ロマンです。

新婚旅行に、海外が流行だす前は、宮崎方面が多かったと記憶してます。
鵜戸神宮絡みでしょうかねぇ…
龍馬の影響もあるかも。

男は左手とありますが…
左利きの方は有利です。(^^ゞ
でも、力任せで投げるのではなく、ヒョイと放り投げる感じでしたよ。
かなり高度があるので、放物線を描いて落下しますから、風が無ければ10球中1球は入る確立が高くなるのでは?

現在、家にあるジャカラダは、二回、冬越してますが、背は高く出来ないので剪定しています。
それでも、ボクの背丈以上です。
ここで買った苗は、「花芽がつきやすい系統」と書いてあったので、試しに買いました。
無事に冬を越せて、南郷町の血を受け継いでいるなら、来年、咲くかもしれません。
咲かなかったら…今のと同じで、観葉植物扱いですね。

九州行きは乗船時間が長いので、大抵は、寝れます。
yoppy702
2017/06/23 00:45
都井岬、30分はきっいですね。灯台に登ったらタイムアップ。御崎馬どころではまないですねぇ^O^
でも、移動の途中で、撮影できてよかったです。

海とアジサイのコラボ、いいですね。

鵜戸神社、立派お宮さんですね。昔、官幣大社ではなかったのかなぁ。洞窟に本殿があるんですねぇ。
お宮さんの建物、潮風にさらされて傷みが早そう。維持費大変ですねぇ。余計なお世話か・・・

海彦・山彦に撫ぜうさぎ、お乳岩にお乳水などなど。yoppyさん、ご利益たくさん頂けますよ。アッ、お乳岩にお乳水は関係ないか。^O^

キノコ岩or西洋のお城みたいな絶壁、良いですねぇ。でも、磨かれてて苦戦しそうな岩ですね。^O^

鬼の洗濯岩、スケール大きいですね。

サンセット、海上ならではの光景ですね。19時11分の光芒と、旅情ですねぇ・・・のさざなみくも効いてますねぇ。

日南の観光、楽しませていただきました。
                              てくてく
てくてく
2017/06/24 20:37
<てくてく 様>
ありがとうございます。
灯台は、別料金なので、タイムには入ってないかもしれませんね。
ただ、アジサイはイマイチ、馬は居ないとなると、時間を持て余す所です。
で、ボクは、少ないアジサイを撮ったり、遠くの草原の馬を望遠で探したりしてました。(^^ゞ
なんせ、フツーのアジサイがフツーに咲いてるだけでしたので。
海があって良かったです。(^^ゞ

鵜戸神宮、「旧社格は官幣大社で、現在神社本庁の別表神社に指定されている。」と載ってました。
さすが、てくてくさん、お詳しい。(^^)
ご本殿、潮風もそうですけど、台風の時とか、大丈夫なんですかねぇ…
確かに、維持費が大変やと思います。(^^ゞ

海彦・山彦の話しは知ってましたけど、この洞窟で豊玉姫命が出産されていたというのは知りませんでした。
なので、余計に、この神社が印象深かったです。
お乳岩にお乳水…関係なくても興味は一杯。(^^ゞ

絶壁、てくてくさんも、登りたくなったでしょ。(^^)
確かに、ツルツルしてそうなので、フリークライマーでも苦戦するでしょうね。

鬼の洗濯岩、時間があれば、下りて、傍で見たかっです。
南郷の方だけでも、ツアーじゃなく、個人で行かなきゃいけませんね。

今の時期は、サンライズが朝早いので、サンセットは見ようと。(^^ゞ
天気が良いと、こんなに素敵な自然のドラマがあるんですねぇ…
フェリーの旅でないと、なかなか拝めない光景です。(^^)
yoppy702
2017/06/25 10:29
鶏ガラスープで炊いたごはんの上に甘辛く煮た椎茸!
もう、そのお味を容易に想像できますよ!美味しそうだぁ〜

都井岬、懐かしいですぅ。
もう、どれくらい前だったのかさえ思い出せませんが写真を撮ることに集中していたら右肩の少し上のところで人の気配がして、「だぁれ?」と思いながらそのままにしていて、そしたら今度はヤンワリと髪の毛の辺りに触るので手で押しのけたら、その感覚が「?」...で、振り向いてみるとお馬さんだった!!
悲鳴とともに走って逃げたという、ほろ苦くもドジな思い出が...
今はお馬さんの行動範囲が狭まったのかなぁ...

『見るなのタブー』のお話は切ないですね。
でも、「つう」の旦那さまにしても「山幸彦」にしても、「絶対覗かないように」と釘をさされているのに、なんで覗くかなぁ
それにしても土屋太鳳さんのご先祖様がお守りされていたとは!

青い海を背景にしたブルーの紫陽花がとても爽やかです。
それに、出航前の2枚の夕景もとても綺麗です。
この夕景を見ながら船に乗っていたら、何も理由はないのですが、なんだかノスタルジーを感じて涙がでそうになりそうな。

コンビニのスタッフさん、こわー!

「ウソです。勝手に書きました。すまん」って!(爆)
テンプル
2017/06/28 14:48
<テンプル 様>
ありがとうございます。
「容易に想像できる」ってスゴイ!
さすが主婦!
…単なる、食いしん坊やったりして。(^^ゞ

都井岬、“若かりし頃”ですか…
で、馬に軟派された。(^^)
テンプルさんの、その時の顔、「容易に想像出来ました。」(^^)
テンプルさんって、”若かりし頃”から天然やったんや。
きっと、馬さん、呆気に取られてたでしょうね。
でも、馬さんににも好かれる、”若かりし頃”のテンプルさんって、きっと素適やったんでしょうね。(^^)
馬さんは、今も、都井岬の突端まで来てるようですよ。
糞が落ちてましたもん。(^^)

「見るな」と言われると、見たくなるのが人間の心理。
でも、相手の事を思っているんやったら、約束は守ると思うんやけどなぁ…
イザナギもそうでしたものね。
約束を守って、イザナミが帰ってきてたら、歴史も変わってたんでしょうね。
まれちゃんのご先祖、イイ仕事してたんですね。(^^)

青い海が美しい、岬の突端に咲くアジサイ。
アジサイ達は、海彼方を見て、何を思ってるんでしょうね…

夕景、良かったですか。(^^)
時間が来て、徐々に、岸から離れていくのは、いくつになっても感動です。

コンビニのスタッフさん、親切といえば親切なんやけど…
ちょっと、タジタジでした。(^^ゞ

「ようこそ神戸ヘ!」って、「帰ってきたのに、ちゃうやろ!」って思ったもんで。(^^ゞ
yoppy702
2017/06/29 10:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夜行フェリーの旅 〜 宮崎・日南 ≪後編≫ 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる