芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***


zoom RSS ツツジの葛城山から二上山へ縦走 ≪後編≫

<<   作成日時 : 2017/06/01 11:17   >>

ナイス ブログ気持玉 171 / トラックバック 0 / コメント 16

2017/05/18(木)。前記事の続きです。(^^ゞ


前記事の≪前編≫は、葛城山登山&ツツジ。

本記事の≪後編≫は、葛城山から二上山への山歩きだけです。(^^ゞ


前記事は、ツツジ群落を眺めながらの昼食を終え、

二上山縦走に出発するところまででした。

今回は、山歩きばっかりで、変化がありません。





メインストリートを戻り、ダイトレに入り、北尾根ルートの分岐までは、朝の反対を歩きます。

画像



時間は、13時04分。

うーん…

時間的にビミョーやけど…


行っちゃお。(^^ゞ


画像



このルートって、エスケイプ出来る所が多いですね。

何か、安心。(^^)



13時32分、トイレの所にやってきました。

この先、トイレは無いのですが…

やり過ごします。(^^ゞ



ここまででも、下り階段が多かったです。

それも、結構、急。

二上山の方からは来たくないですね。(^^ゞ

画像



14時14分、「岩橋峠」に到着。

マップで見ると、最初の難関の様ですが…


進行方向を見て…ギョッ!\(◎o◎)/


天まで続くかのような階段があります。

見ただけで戦意喪失。

ここからエスケイプしたくなります。

画像



三角点は、三等三角点で、点名は、葛城山1となってます。

葛城山1…

じゃー…

さっき、タッチ忘れたけど、「葛城山(958.8m)」は、どうなってんやろ?


…(チェック中)


二等三角点で、点名は、篠峰山ってなっています。


…?


さらに、チェックすると、葛城山は、戒那山 や篠峰山とも呼ばれていたそうです。

うーん…(^^ゞ

画像



15時03分、「平石峠」に到着。

こへ来るのに、階段を下りて来たという事は、この先は登り?

かな。(^^ゞ

画像



舗装道路になってきました。

そういえば…

マップを見ても、二上山に登る手前は、国道を少し歩くようになってます。

ダイトレも六甲と同じように、舗装道路を通過してるんですね。

画像



国道を歩いて行くと、歩道があります。

綺麗なので、最近できたのかなぁ…


それを歩いて行くと、国道の反対側に山に入る所があります。

もう少し歩けば、信号か横断歩道でもあるのかも知れないですが、ここで渡っちゃいました。

大型トラックが、良く通っているので、ここの横断は良くないですね。(^^ゞ


二上山へは「岩屋峠」の方へ行けば良いのですが、

駐車場の所にトイレがあるので寄っていきます。(^^ゞ

駐車場到着が、16時05分です。




トイレを済ましたので、安心して、二上山へ向います。

先程の「岩屋峠」方向へ行きます。


画像



しばらく舗装道路でしたが、

16時21分、岩屋方面の登りから地道になります。


途中、「高松塚の石棺」って案内があったので行きたかったのですが…

今日は、ウロウロできません。

画像



16時46分、二上山・雌岳(474m)に到着。(^^)

岩屋峠方面に進路を取ってから、ずっと登りです。

特に、雌岳の案内が出てから、結構な急坂。

疲れちゃった。(^^ゞ

ここで、休憩を取ります。(^^ゞ

その前に、雌岳山頂を。

画像



17時07分、雌岳を出発して、雄岳に向います。


二上山は、奈良県葛城市と大阪府南河内郡太子町にまたがる山で、

雄岳と雌岳の二つの山頂がある双耳峰です。

でも、三角点は女性の方にあります。(^^)

多くの史跡もあるそうです。


筑波山も、山頂が二つで、男体山(871m)、女体山(877m)で、三角点は女性側にあります。

でも、筑波山は、男性より女性の方が背が高いです。(^^)


二上山は、雌岳(474m)に対して、雄岳の標高は、517m。

標高差は、43m。

でも、雄岳に行くのには、一旦、下ってからなので、どの位の登りになるんやろ…

画像



綺麗なトイレでした。(^^)


「山と高原地図」には、茶店、トイレありとなっていたので、

もうひとつの建物が茶店かなぁ…

と思いますが閉まってましたので、真偽の程は解りません。(^^ゞ



雄岳に向います。

画像



17時32分、雄岳(517m)に到着。(^^)


山頂には、展望がありません。

女性側と比べると、とっても、殺風景。(^^ゞ


でも、こちら側には神社があります。

「葛木二上神社」で、創建は不明ですが、この地域には、古くから人が住んでいたので、

かなりの歴史があるようです。


主宰陣は、大国魂神、豊布都魂神(さじふつのかみ)だそうです。


下山前に、お詣りして行きます。

暗くなる前に、駅に着けますように…┏○))



17時35分、「葛木二上神社」を後にします。

画像



17時57分、分岐にやってきました。

道標によると、「二上山駅」へは、2km。

「二上神社口駅」へは、1.2km。

1.2km…ほんまかいな。(^^ゞ

「山と高原地図」でも、「二上神社口駅」の方が、10分、早くなってます。

という事で、「二上神社口駅」を目指します。

画像



18時25分、近鉄電車「二上神社口駅」に到着。

暗くなる前に着きました。(^^ゞ


駅の前にお店があるので、冷たい炭酸飲料と一服をしてから、電車に乗ろうかと…


画像



お店の前の冷蔵ショーケースを覗いたら、ビールが一杯入ってました。(^^ゞ

そして、お店の向側の駐車場には灰皿も設置されてました。

いやぁ〜ラッキー!(^^)v



ゆっくりと寛いでから、ホームに入ります。


ここは、普通しか止まらないので、結局、電車に乗ったのは、18時48分。

でも、こちらへ下山してくると、電車の駅があるし、

なんといっても冷たいビールが飲めるのが嬉しいですね。(^^)



画像
By yoppy











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 171
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
最初の長〜い階段の下りは、「ダイトレは階段が多い」を実証していますが、思った以上に幅広です。
これは縦走大会がある事、葛城山への登山者が多い事を配慮しているんですね。
そう思うと、六甲縦走路の宝塚への下山道がほったらかしです。
ワイルドな訓練道にしている^^;
エスケイプの分岐が多くて、安心感を与えます。

葛城山(959.2m)と二上山との標高差と地形図を考えると、急坂を下って、下って、になりますね。
「岩橋峠」から0.3qの長い登りを経て658.8mの岩橋山ですか。
でも、二上山の雌岳(474m)を考えると更に下って〜下って〜です。
平石峠は「ひらいわとうげ」と読むそうで、標高は388mとあります。
平石峠→岩橋山への登りはダイトレ中キツイ急坂とあります。
その逆なので、かなりの下りですね。
でも、ここから二上山へは標高差86m。
先が見えてきました。

国道に奇麗な歩道がありますね。
確かに新しい感じ。
私達が祐泉寺へ下った時、岩屋〜二上山へ向かう方がいました。
この道で下っても良かったわけです。
登りやすそうな道に見えますが、最後の急坂で疲れましたか。

16時46分ともなると、雌岳の日時計に誰もいませんね。
遅い時間帯なのに、雄岳にも登って凄い!
私達は鞍部〜祐泉寺でしたが、これは短縮コースですね。
祐泉寺経由だと、鳥谷口古墳や傘堂があって楽しめましたが、時間的にきついですね。
地理的には二上神社口駅が近いので、私達もそうしました。
線路の向うまで行ってしまいましたが^^)

冷たいビールがあり、ラッキーでした。
私達は、天王寺・あべのアルカス近くの、
馳走ビル3階にある「鶴橋 風月」でした^^)

超距離の縦走コース、お疲れ様でした。
アルクノ
2017/06/01 15:52
こんばんは。
結構ハードな山歩きだったみたいですね。お疲れ様でした
ホント、階段多いですね。特に天まで続くような階段は見ただけでキツそうです(^^;)
上り下りして着いた二上山山頂からの眺めは素晴らしいです。歩いてきた甲斐がありましたね(^^)
日時計もあるんですね。日時計って粋だなあって思いました。

9時にスタートして18時25分まで山歩き、yoppy702さんのパワーに敬服です(^^)
歩いた後に味わうビールの味は格別だったんじゃないでしょうか
narayama2008
2017/06/01 19:39
オッ、葛城から二上神社口まで、6時間切ってますね。休憩を差し引くと、5時間半ぐらいと思いますが、山と高原のタイムより良いペースですね。北尾根を登って、葛城山に行った上での、タイムですから。若者には負けないぞ・・・って気迫が伝わってきます。
それにしても、まあ、植林の褐色と、段々のアップダウンの単調な山道の連続で・・・
エスケープルート、沢山ありますが、御所線の方に下っても、長野線の方に下っても、山麓から駅までが長いんで、できればエスケープしたくないですねぇ。^O^
忍海道分岐辺りのエコトイレ、綺麗で健在ですね。ヤッパ、ダイトレ歩く方が大事に使用されてるからでしようね。

アハハハハ・・・岩橋山の登り、てくてくは地獄への階段と思いましたよ。^O^:

三角点、傷んでますね。ダイトレを歩く人が、お守りにかけらを???マサカ^O^

国道に出たら、この時間なので、もうやめよう・・・と思ちゃいますが、それから二上山に登るって、yoppyさん精神力・体力すごいです。尊敬します。
ともあれ、無事下山良かったです。お疲れさまでした。

                               てくてく
てくてく
2017/06/01 22:13
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
どうなんでしょうねぇ…
縦走大会があり、登山者が多いという事では、六甲の方が多いですもんね。
今回で、金剛山の久留野峠から二上山まで、ダイトレを歩いた事になりますが、金剛山の大鳥居の所から水越峠迄は広いですが、そこからツツジの群生地までは狭いです。
葛城山から二上山方面も、広い箇所もあるけど、細尾根も多いです。
実感としては、前記事で、アルクノさんが言われていた直登の階段が目立ちます。
下から見ただけで、ゾ〜となりました。(^^ゞ
でも、六甲と違って単調ですね。
昨年、金剛から葛城へ行く時も、途中でダレましたもん。(^^ゞ
エスケイプルートは、どんな道か解りませんが、近鉄の駅に行くので、ちょっとは安心感がありますね。

葛城からは、殆ど下りで、登りがあっても、あんな急登があるなんて思ってませんでした。(^^ゞ
平石峠へは、確かに、かなり下ってます。
しかも階段が多いので、膝を心配してました。
平石峠から、さらに下って、国道が竹内峠になります。
ここの標高が288m程なんで、雌岳へは190m程登ることになりますね。
二上山への登りが始まるまでに、もう、疲れてました。(^^ゞ

雌岳の日時計の所に着いた時には、3人居ました。
車で来られてる方もいらっしゃいますもんね。

雄岳は、下山ルートやったんです。(^^ゞ
雌岳から下山すると、駅までが、ちょっと遠いし、町歩きが長そうなので…
その点、二上山駅か二上神社口駅の方が間違いないかと。

冷たいビールは、ホンマ、ラッキーでした。
まさか、あんな所にあるなんて思ってませんでした。
冷蔵ショーケースを何気なく覗いたら、缶ビールが沢山入ってました。
きっと、ご褒美ですね。(^^ゞ
yoppy702
2017/06/02 10:02
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
なめてました。(^^ゞ
あんなにアップダウンがあるなんて思ってなかったんです。
特に、階段は…
真っ直ぐに設置されてる箇所が殆どなので、直登してるようなもんですね。
岩橋峠から岩橋山に登る階段は、ホンマ、下から見ると、天国へ続く階段かと思いました。(^^ゞ
とにかく、二上山まで行かないと帰れないという気持でしたので、雌岳に着いた時はホッとしました。
天気が良かったので眺めに癒されました。
あの日時計…画像では見てたんで、生で見たいと、ずっと思ってたんです。
山頂に、あんなのがあるってイイですね。(^^)

イエ、ずっと歩いてた訳じゃないし、ゆっくりと歩いてたんで…
最後のビールは、突然の贈り物の様な感じです。
まさか、あそこに、ビールが売ってるなんて驚いて、メッチャ喜びましたよ。(^^)
yoppy702
2017/06/02 10:04
<てくてく 様>
ありがとうございます。
あっ、そうなんですか?
マップのトータルタイムは、全然、チェックしてませんでした。(^^ゞ
さすが、てくてくさんです。

エッ!若者には、勝てませんよぉ〜(^^ゞ
もう、後姿を見てるだけです。

二上山まで行ったのは、単に、二上山まで行かないと、電車の駅に出るのが大変やと思い込んでたんです。
途中、エスケイプルートが沢山あったんで、へぇー…と思いましたが、まぁ、どんな道か解りませんし。
あっ、山麓から駅までが長いんですか。
じゃー…ボクには不向きですね。
なんせ、町歩きで、よく迷いますから。(^^ゞ

あそこのエコトイレ、覗きましたが、綺麗でした。(^^ゞ
葛城山から半時間程の所なので、なんで、あんな所に設置してるんでしょうねぇ…

岩橋山の登りの事、前記事で、てくてくさんが仰ってたので焦りましたよ。(^^ゞ
岩橋峠から見上げた時、ゾー〜ッとしました。
天国への階段でなく地獄の階段…
見上げると天国でも、登り始めると地獄行きですね。(^^ゞ

あっ、三角点のカケラをお守りにね。(^^)
それ、イイかも。
って、やらないですよ。(^^)

仰る通り、国道に出た時にもう登りたくないと思いました。
あそこやったら、バスがあるかもしれないし…
でも、日時計を見たかったし、雄岳まで行った方が、近鉄の駅に出易いからと思ってたんで。(^^ゞ
まぁ…馬の前に吊り下げられたニンジン状態やったかも。(^^ゞ

雄岳からの下山時間は、マップでチェックしてたんですが、実際に歩かなきゃ解らないので、ちっょとビミョーでした。
暗くなる前に下山できて、ホッとしてます。
日が長いから、こんな事できるんですね。(^^ゞ
yoppy702
2017/06/02 10:12
燃えるような葛城山のツツジを観賞した後、ダイトレ歩きで二上山へ…。
葛城山から下りて帰っても、まだ早いと言えば早いのですが、昼は回ってますし、そこそこの時間にはなる筈。
そこから、二上山まで約4時間半の行程を進んで行ったとはとても驚きました。
途中、エスケープできたにもかかわらず、脇目をふらず二上山に向かわれましたね。
まるで天へと続くかのような長〜い階段を根気よく登ると岩橋山。
そして、平石峠を経て、国道に出ました。
駐車場のトイレで16時05分。
え〜、この時間から二上山に登ったんですか〜!
16時46分、二上山雌岳登頂!
日時計も、奈良盆地の眺めもいいですけど…。
17時を過ぎ、雄岳へと⁉
雌岳から相当下ってからの登りになりますから、しんどいところなんですよね。
何がyoppyさんをそんなに突き動かしたのですか。
雄岳からは二上神社口駅へ。
この駅に行くために、雄岳に登られたのでしょうか。
まぁ暗くなる前に着いて良かったです。(^^)
缶ビールで祝杯でしたねー。
ホッとされたことでしょう!
でも、この日よく歩きましたねぇ。
ホンマ、お疲れさまでした!
トンキチ
2017/06/02 19:25
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
前編はツツジがメインでしたので、記事的にも賑やかでしたけど、後編は、全く変化の無いダイトレ歩き…
一気に、前編の後に続けた方が良かったかもしれません。(^^ゞ

あそこの分岐から、ロープウェイ乗場まで1時間程なんです。
ビールを飲んでからバスに乗って、駅に着くのが14時45分位。
なので、家に帰ると夕方なので帰ろうかとも思ったんですけど、日は長いので。(^^ゞ

岩橋山を過ぎた辺りから、ちょっと焦りました。(^^ゞ
葛城からは、下りがメインで、登りがあっても、そんなに大したことはないやろうと思ってたんです。
でも、結構なアップダウンですね。
それに、あの階段!
昨年、金剛から葛城へ行った時も、階段に難儀しましたが、ダイトレって、ホンマ、階段が多いです。(^^ゞ

平石峠から国道に出た時、この辺りやったらバスがあるかなぁ…って、マジに思いました。
でも、せっかく、ここまで来たんやからと、思い直しました。
それに…
雌岳の日時計って、生で見たかったんです。(^^ゞ
感激しましたよ。
オッ!これが、あの日時計や!
って。(^^ゞ
それに…
仰る様に、二上神社口駅に行くには、雄岳まで行かなきゃと思ってたんです。
他にルートがあるのかもしれないですが、なんせ、初めてなもんで。(^^ゞ

下山は…
ちょっと、焦りました。
この下山道が石切道のような感じやったら、時間が掛かったでしょうね。
っていうか、膝が痛くなってたかもしれません。(^^ゞ

駅に着いたので、冷たい炭酸系&一服して帰ろうと思ってたらビックリ。
外の冷蔵ショーケースにビールが一杯!
メッチャ、嬉しかった。(^^)
yoppy702
2017/06/02 22:20
こんにちわ、yoppyさん^^
前回の前編で赤く広がるつつじの腹に驚きましたが、このツアーは体力的にもハードなのですね('◇')ゞ
すごい階段、坂道、お天気がいいので木々の細長い影が山道に影を作って、
とてもシックな画像になってて、いいですね!

街中で生活していると思いっきり身体を使うことがなくて、
それがとてもつらいことがあるけど、このようなハードなツアーでストレス解消!お仲間もできてリフレッシュできますね✨

まだ新緑の淡い影が春らしいですが、もう夏の暑さが忍び寄ってきました。
まだ盛夏にはしばらくありますが、季節の境目で体調崩されませんように、
お元気でお過ごしください。
おかげさまでわたしも楽しくあれこれ新しいことに挑戦でき、
今年の前半は楽しかったです。
yoppyさんのお陰です。ありがとうございます<m(__)m>
ちいかめ
2017/06/04 06:43
<ちいかめ 様>
ありがとうございます。
ツツジの群落、なかなかのモンでしょ。(^^)
ツツジ庭園など、ツツジの名所は数多いですけど、山の中で、ほぼ自生している群落ってそんなに多くはないですもんね。
九州のミヤマツツジが有名ですけど、近くではないので…
その点、葛城山は、ゆっくりと日帰りで行けますし、ロープウェイもあるので、多くの方が、この自然を楽しむことができます。
ボクの場合、ゆっくり…ではないので、その後、老体に鞭打って歩きましたけど。(^^ゞ

木々の細長い影…
さすが、ちいかめさん!
ボク、こういう景色が、とっても好きなんです。(^^ゞ
なんちゃらって事の無い景観なんですけど、この自然の芸術には、オォッ!となって足を止めてしまいます。

ボクも、普段の生活は、ゴミゴミした所なので、こういう自然の中で、ヒィーヒィーとなりながら歩くと、確かに、リフレッシュできますね。
帰ったら、パターンキューですけど。(^^ゞ

ハイ。
もう、春から初夏に変わっていってますね。
こないだまで、寒い〜(>_<)と言ってたのが、何十年前の話かと思ってしまいます。(^^ゞ

ありがとうございます。
ちいかめさんこそ、無理して、体調を崩さないようにしてくださいね。
まぁ、ちいかめさんは、ガッツがあるから、気持ちで乗り越えちゃうかもしれせんけど。(^^)

ちいかめさんには、色んな目があるし、器用やから、新しい事に挑戦するのは、とても良い事やと思います。
きっと、プラスになりますよ。

ボクも、とっても楽しかったです。
行きたかった、上野にもいけたし。
ちいかめさんに感謝!(^^)
yoppy702
2017/06/04 11:08
わぁ〜〜☆彡
天国まで続く木の階段を挑戦なさったのですね。
どうでしたか? そこに天国はありましたか?
しっかり冷たいビールもあったし、たしかに極楽?でしたね。
前回と違って今回はあまり?色のない行程でしたね。
鬱蒼とした林で木漏れ日に当たるとほっとします。
TOPのオオヤマレンゲ? いいですね〜♪
これこそ天国の感じがします。

私もコーラスの発表を終えて・・・やっと安堵しました。
雑用が多くて〜〜 やはり気を張ってたようでダウンしました。
今週末は打ち上げと先生の傘寿のお祝いをせねば・・もうひと頑張り
nobara
2017/06/05 11:34
毎度頑張って山歩きされていますね。私も、やっと思い腰を上げ、用事のない日に大台ケ原まで6/5に出かけて来ました。絶好の好天気、空の青さに木々の緑、ウグイスの鳴き声などに癒されてきました。
花咲か爺
2017/06/06 15:35
<nobara 様>
ありがとうございます。
ハイ。
天国まで続く(かと思った)階段です。
しんどい思いをしただけあって、天国がありましたよ。(^^ゞ
一応、山ですから、登りがあって当然なんですけど、見上げると、ゾー〜っとしますね。
もう、上を見ずに、カメさん歩きでした。(^^ゞ
さすがに、下山時にビ―ルを見た時は舞い上がる感じでした。
時間も遅くなり、焦って下山したので、メッチャ美味しかったです。(^^)

そうなんです。
歩いていても、ほとんど、同じ景観。
もう、もくもくと歩いてました。(^^ゞ
屯鶴峯 〜 槇尾山に続く50kmのダイヤモンドトレールの一部です。
健脚者の中には、一日で歩かれる方もいらっしゃるそうです。

TOPの画像、オオヤマレンゲです。
昨年のですが、六甲高山植物園で撮りました。
たまたま、開いてるのが初めて撮れました。(^^ゞ

nobaraさん、何か、忙しそうやなぁ…と感じてたんです。
なのに、あれだけブログも更新されてスゴイです。
もうもひと頑張りですか…
ダウンしても、やらねばならない事があると無理をしちゃいますが、ご自愛くださいね。
yoppy702
2017/06/06 16:19
<花咲か爺 様>
ありがとうございます。
ついでに、ちょっと足を延ばしただけでして。
以前と比べたら、山歩きをサボッてます。
これから暑くなるので、ますます、遠ざかりそうですね。(^^ゞ

オッ、大台ケ原、イイですね。(^^)
大蛇ーのある東大台の方ですね。
大蛇ーの上から、下を眺めて、股間がスースーした記憶があります。(^^ゞ

雨の多い大台で、絶好の好天気なんてスゴイ!
あそこは、歩いてるだけで気持ちイイのに、新緑に野鳥の鳴声…
うーん…イイなぁ。(^^)
yoppy702
2017/06/06 16:20
山で怪我をするのは登りよりも下りのときの方が確率が高い、というような意味のことを以前karakeさんが教えてくださいましたが、いくら階段とはいっても、かなりハードな行程だったのではないですか?
たまに他の方のお姿も見えますが殆ど人影もないのに、yoppyさんクラスの登山家さんなら、寂しいとか不安とかに陥るなんてこともないのでしょうね。
もう、その精神力と、行動力に尊敬の念を抱いてしまいます。
天国に届きそうな階段は、見ただけで挫折してしまいそうです。

竹内街道の案内板の下の画像の綺麗な歩道、これは、どの辺りの画像なのか、とてもよくわかります。
そうそう、この歩道が新しく出来たのは昨年だったと思います。
ここを、もう少し下ると「道の駅」があるのですよ。

駅でのビールの美味しさは格別だったでしょうね。
お疲れさまでした。

テンプル
2017/06/09 23:00
<テンプル 様>
ありがとうございます。
ハイ。仰る通りです。
登りは体力で差がつきますが、下りは、技術の差が出ます。
なので、技術の無い方が、慣れた方と同じように下りてると転倒したりして怪我します。
ツアーに行くと、よく、下りで転倒してる方がいらっしゃいますよ。
って、ボクも、派手にコケた事があります。
前転して、どういう訳か、受身してました。(^^ゞ
下りは、どうしても重心が前にいっちゃうし、滑り易い箇所があったり、木の根っこや岩の露出があったりで、そこをピョンピョンとkarakeさんのように跳んでいくのは、もう、動物並ですね。(^^)

「いくら階段といっても…」
ボクの場合、段差にもよりますが、階段の方が辛いです。
特に、下りで段差が大きいと、膝に負担が掛かっちゃうので。

一人歩いていると、時々、ゾーッ( i∇i)コワーっていう時がありますけど、静かな山歩きができるので。
素敵な自然の中を歩けるので寂しいってのはないですけど、不安はありますよ。
なんせ、方向音痴な方なんで。(^^ゞ

「精神力、行動力…」
そんなの無いですよ。(^^ゞ
軟弱な人間ですので。

あの階段では、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」っていう曲がBGMで流れて、意気揚々と上りました。
ウソです。
見た時、エスケイプルートで、断念しようかと思っちゃいました。(^^ゞ

あっ、あの竹内峠の綺麗な歩道が出来たのは昨年ですか。
テンプルさんやったら、きっと、この辺りは徘徊してるやろうと思ってました。(^^)
道の駅ですか。
…(チェック中)
あっ、ありました。(^^)

駅でのビール、ラッキーでした。
メッチャ嬉しくて、オバアチャンが女神様に見えました。(^^)
yoppy702
2017/06/10 10:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツツジの葛城山から二上山へ縦走 ≪後編≫ 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる