芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***


zoom RSS 日帰りバスツアー 〜 梅 と 軽便鉄道沿線ウォーク ≪後編 ⇒ ウォーク≫

<<   作成日時 : 2017/03/22 12:49   >>

ナイス ブログ気持玉 112 / トラックバック 0 / コメント 12


 ※チョイ長です。


2017/03/11(土)。前記事からの続きです。(^^ゞ


クラブツーリズムさんの日帰りバスツアー、

『東海エリア最大級!いなべ梅林と軽便鉄道沿線ウォーク』

今回は、ウォーク編です。




スタート地点は、スグ近くかと思っていたら、バスで40分弱かかりました。

これじゃ、トイレに行ってなかったら、大変な事になったかも。(^^ゞ



ウォークは、13時07分、いなべ市役所近くの広場からスタートです。


という事で、歩いた後のGPS軌跡マップです。
(赤線が歩いた所。クリックで大きくなります。)

画像




クラツーさんからも、マップの支給はありました。

スタートからゴール迄は、画像が、32枚と阿下喜地区5枚の計37枚の画像付きです。

画像



ウォークは、各自で歩くので、迷わないための画像添付です。

でも、クラツーさんの大きな規模のウォークでは、迷い易いポイントには、幟があるし、

スタッフさんが居て誘導してくれたりしてます。(^^)


画像



住宅街を抜けると、急に、長閑な感じです。(^^ゞ

画像



「先のグループ」、「ボク達のグループ」と書いたのは…

実は、このツアー、8台のバスが出てるんです。

勿論、クラツーさんだけです。

一台に40人としても、320人が歩いている勘定です。(^^ゞ


クラツーさんの恒例の大規模ウォークと比べると規模は小さいですが、ボク達は、4号車。

時間差でスタートしてるので、前にも、後ろにも、このツアー参加者が、一杯歩いてました。(^^ゞ



「ねじり橋」は、『ねじりまんぼ』という、壁が螺旋状構造になっているそうです。

現存するコンクリートブロック製の橋では唯一といわれる大変貴重な橋だそうです。

京都の「蹴上トンネル」も、『ねじりまんぼ』だとか。


「土木学会選奨土木遺産」というのは、

  社団法人土木学会が、日本国内の歴史的建造物のうち、土木構造物について、

  これの保存に資することを目的として、構造物群を「土木遺産」に認定して顕彰する制度、

  及びこれにより顕彰された土木構造物群の事で、2000年より認定を開始している。


だそうです。

年間20件程度の認定だとか。


勉強になりました。(^^ゞ

画像



「めがね橋」も、「土木学会選奨土木遺産」になっています。

全国に数多く存在する眼鏡橋の中でも、大変珍しいコンクリートブロック製で、

三連式のアーチが美しく、北勢線の代表的な撮影スポットとなっているそうです。


北勢線…

「三岐鉄道北勢線」の事で、これが、今回の「軽便鉄道」なんです。

「軽便鉄道」は、明治〜昭和に作られた、小さなサイズの鉄道だそうです。

小さなサイズ…

ミニ?

遊園地にある、ミニ列車?(^^ゞ



ウイキペディアでは、

「一般的な鉄道よりも規格が簡便で、安価に建設された鉄道である。」となってます。

なんでも、北勢線の線路の幅(軌間)は、762 mm (2 ft 6 in)だそうです。

標準的な軌間(標準軌)は、1,435 mm (4 ft 8 1⁄2 in)だそうなので、約半分ですね。

因みに、標準軌は、日本の殆どのJR、私鉄で使われているそうです。

そして、軽便鉄道の規格で現存する鉄道は、「四日市あすなろう鉄道内部・八王子線」、

「黒部峡谷鉄道」、そして、この「三岐鉄道北勢線」だけだそうです。



全体が、「ミニ」ではないんですね。(^^ゞ




エー…「北勢線の代表的な撮影スポット」だそうなので、出来たら撮りたい。


丁度、ここから、各自でゴールを目指しますので、

4号車の皆は移動しましたが、ボクは、ここで、列車が来るのを待ちます。(^^ゞ


列車が来るまでに、15分程あるようなので、撮影場所を物色します。

って、エラそうに言ってますけど、今日は、小さなコンデジしか持って来てないんです。(^^ゞ



待つ事しばし…



やがて、カンカンカン…


小さなコンデジですけど、連写モードは付いてます。



バシャ、バシャ、バシャ、バシャ…


という事で撮れた写真が、これです。

あっ、上下はカットして、1:2にしてます。(^^ゞ

(クリックで、少し大きくなります。)

画像



「めがね橋」だけでなく、鈴鹿の山も入れてみました。(^^ゞ



そして…

画像



一応、軽便鉄道の写真、撮れました。(^^ゞ




結局、13時50分、皆より25分遅れで、ここを出発します。

まぁ、ウォークは、9kmの距離を3時間30分の間に歩けば良いので楽勝ですけど、

4号車の連中に追いつけれるかなぁ…

画像



「後姿だけ」って書きましたが…

写真だけやったら、後か、前か、解りませんね。(^^ゞ

画像



クラツーさんの、ちょっと規模の大きいウォークは、きっちりしてます。

ゴールでバスが出発するのは、16時35分。

時間的な余裕は充分あるのですが、皆に、出来るだけ追いつこうと、

ここまで早足で来たので熱くなってきました。

ちょっと、衣服調整。(^^ゞ

画像



「萬笑院」には、トイレがあります。

先程の神社にもあったのですが、一つだけしかないんです。

それも、普段は閉まってるそうなのですが、今日は、特別に開けてくれていたそうです。

数人が並んでいたので、バスしました。(^^ゞ



石段を上り…

14時25分、「萬笑院」に到着。


何か…

普通の民家の様な感じです。(^^ゞ

画像



「萬笑院」に着くまで、歩いてる方の参加バッジをチェックしてたのですが、

6号車、5号車、3号車とか色々とあったんですが、ボクの4号車が見当たらなかったのは、

一部は、「萬笑院」で休憩してたんですね。(^^ゞ

画像

画像

画像



あんな狭い橋を、車が通るんですね。

ボクやったら、左右を擦りそうです。(^^ゞ


ここを抜けると、ゴールは近いです。(^^ゞ

画像



一応、ウォークのコースは、ここで終了なんですが…

出発時間までに、1時間10分あります。

クラツーさんも、それを見越して、見学場所を用意してます。

それは、

 @.昭和初期の建物が残ってる町並みの散策

 A.軽便鉄道博物館

日帰り温泉施設もありました。

日帰り温泉の事は、チェックしてなかったので、お風呂セットは持ってきてません。


実は、この付録(?)は、案内では記載されていないんです。

かろうじて、簡単なマップに、「懐かしいまちなみ」、「軽便博物館」というのは載ってますが、

単に目印かと思ってました。(^^ゞ


という事で、15時26分、「昭和初期の建物が残ってる町並みの散策」に向います。

又、ここから、歩き再開です。(^^ゞ

画像



古い建物があるようですが、街並が、昭和初期のムードになってる感じではないですね。

画像



昭和初期の建物らしいのには出会えましたが…

町並みが、そういう雰囲気がないので、ちょっとイマイチかな?


まぁ、ささっと回ってるので、じっくりと回ると、もっと発見があるかもしれませんね。

でも、次回、このツアーに参加するなら、お風呂セットを持ってこよっと。(^^ゞ





16時、「阿下喜駅」に戻ってきました。

出発まで、未だ、35分あります。(^^ゞ



先程到着した軽便列車を撮ろうとしましたが、

改札の外からやとイマイチなので、横から( -_[◎]oパチリ

画像



スグ近くに、「軽便博物館」がありますので寄ってみます。

画像



小さいスペースに、ギッシリと当時の備品が並んでいます。

でも、鉄道マニアの方にはお宝かも。


当時の車輌も展示されています。

画像



車輌の中にも入れます。(^^ゞ

画像



表では、本物の「ミニ列車」が走ってます。(^^ゞ

これ、無料で乗車できるんですよ。

画像



そろそろ、バスがやってくるハズなので、トイレに行き、駅前で一服します。(^^ゞ



16時25分、バスがやってきたので乗車します。


さすが、遅れる方もなく、バスはスムーズに出発。





17時49分、名神、草津PAでトイレ休憩をした後、大阪へ一直線。




いやぁ〜…

「いなべ梅林」も良かったし、ウォークのコースも良かったですね。

それに、天気が、とっても良かったし。

ホンマ、良いツアーでした。(^^)



画像
By yoppy











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 112
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
続きは軽便鉄道沿線ののどかなウォーク編でしたね。
コースマップに画像つきで、ポイントには幟や道路に方向がペイントされ、ところどころにスタッフさんの配置もあるなど、クラツーさんすごく親切ですね。
これじゃあ、迷う方が難しい感じです。
ねじり橋にめがね橋が面白い建築で、土木遺産に選奨されてるんですね。
軽便鉄道は標準軌の約半分の大きさといい、日本で現存するのはもう数少ないのが分かりました。
撮影スポットでは、当然この列車を写真に撮りたいとポジションを探し、連写撮影。
近くで見れば小さいのでしょうが、写真を見る限り、普通の列車と変わりなく見えますね。
背景に鈴鹿の山も入り、いい感じに。
沿道のツアー参加者でしょうか、ギャラリーもいて臨場感たっぷりな写真になってますね。
鈴鹿の山を見ながらのどかな道をウォークして、参加者の方気持ちよさげです。
軽便鉄道の沿線ウォークなので、よく列車と出合いますね。
この車体の黄色はビタミンカラー!
いっぱい元気をもらったんじゃないですか。
お墓の中を通ったり、トンネルを潜ったりして面白いですね。
員弁川散歩道、ホンマに桜の時期に歩いてみたい道です。
阿下喜駅でゴール後、お風呂セットを用意されなかったため付近の町並みを散策されましたが、やはり日帰り温泉の方に魅力を感じました。
次回、そうされるといいですね。
軽便博物館に行くと、当時の車輌が展示され、車内で休んでる人もいたり。
ミニ列車も走り、乗ったら面白そう。
今回のバスツアーは梅林もよく、ウォークのコースもよく、天気もよかったと、いいことずくめでしたね。(^^)
トンキチ
2017/03/22 21:48
『ねじりまんぼ』が軽便鉄道沿線にありましたか。
京都だけの特殊なものかと思っていました。
めがね橋もあって、古いものを大事にしている所だと感じました。

機関車・車両も小型で小規模の鉄道を軽便鉄道と言うらしいですが、北海道から高知まで7ヶ所で保存運転されているとありました。
線路の幅が、762 mmなんですか。
ミニチュアタイプですね。
かつて有馬にも軽便鉄道(旧国鉄有馬線)があり、有馬温泉と三田を結んでいました。
「金仙寺湖から畑山(2012.10.02)」では、その沿線を少し歩き、yoopyさんにもコメント頂いています。

この3両編成はミニチュアタイプに見えませんが^^;
三岐鉄道北勢線は1914年4月5日の開業で、もう直ぐ103年!
ワンマンとある後ろ姿の写真に人が見当たらないので、後ろと理解できました。
三岐鉄道北勢線の車輌に何度も出くわして、神戸電鉄より頻繁に走っているようです^^;

日常茶飯事なんでしょうねぇ・・、の橋の写真に驚きます。
神戸では見た事が無いし、歩道がない。
歩道を車が走っている^^)

昭和初期の建物が残っているのは、保存では無く、古いものを大事に使っていると言う事でしょうか。
各所に残っている町並みの保存とは番う雰囲気ですね。
でも、これが自然かも。

小さなハンコが並んでいるのは、切符に押す為?
それとも、駅名コレクション?

最後の、本物の「ミニ列車」にホッコリしました。
同行した気分で、楽しませて頂きました。
アルクノ
2017/03/22 22:36
のどかですねぇ。^_^
ねじり橋、ホント、ねじれてますね。めがね橋もいいですねぇ。
どちらも、歴史を感じさせて貫禄あります。
土木遺産に認定されるのも当然ですね。
ただ、老朽化がかなり進んでいるようで、現役橋梁として使用するには、保守が大変では・・・と思います。

電車・眼鏡橋・藤原岳の写真、一押しです。電車、小ささを感じないです。
雲をバックの3輌連結も、いいですね。

バックの藤原岳から御在所の鈴鹿は、昭和30年前半によく登っていました。
藤原岳へは、三岐線の西藤原から2-3度。鈴鹿は、六甲とともに、「てくてく」の山登りの原点です。

天王橋からの員弁川と鈴鹿も、逆光ですがいいですね。
桐林館、堂々として・・・大正から昭和初期を思わせるような気がしますが、いつ頃の建築なんでしょう。
鉄道博物館、ミニですが、マニヤが喜びそう。^O^
ホント、良いツアーでしたね。駅の近くにお風呂があるのに、残念でしたね。^_^
観梅とウオーク、お疲れさまでした。
                                てくてく
てくてく
2017/03/23 14:18
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
ホンマ、長閑でした。(^^)。
クラツーさんの大規模ウォークの時は、こういったサービスだけでなく、もう、お祭り騒ぎで、クラツーさんのための地元の催しなどもあって楽しいですよ。(^^)

このコースの事前チェックはしてなかったので、歴史的遺産などがあるというのは知りませんでした。
ただ、歩くだけでなく、名所があるのは嬉しいし、地元の説明員もいらっしゃるのは、さすが、地域に密着したクラツーさんです。(^^)

撮り鉄を目的にしていた訳ではないんですが、せっかくなんで…
ちっちゃなコンデジしか持ってないのにね。(^^ゞ

列車の大きさは、普通のと変わらないような気がしましたが…
でも、線路の幅が半分程なんですもんね。
チェックしてみると…
阪急6000系は、軌間 1435mm、全長 19,000mm、全幅 2,750mm、全高 4,095mm。
この写真の三岐鉄道北勢線(270系、車号 171)は、軌間 762mm、全長 15,600mm、全幅 2110mm、全高 3,352mmというデーターがありました。

ビタミンカラー、イイですね。(^^)

ウォークのコースは、アップダウンはありませんが、なかなか変化に富んだコースで面白かったです。

ボクの隣の方は、このツアーのリピーターだそうで、お風呂に行かれてました。
ゆっくり、のんびりと時間内で歩くのもイイですけど、お風呂に入って、冷たいビールがイイですね。(^^)

軽便博物館は、小さな所ですが、マニアの方には、お宝スポット?と思いました。
当時の写真とかもあるので、じっくりと見学するのもイイかもです。

正直、さほど期待はしてなかったのですが、終ってみれば満足一杯のツアーでした。(^^)
yoppy702
2017/03/23 17:26
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
「ねじりまんぽ」は、29 あるとか載ってました。
西宮にも2ヶ所あるようです。(^^)

ハイ、保存運転活動は7箇所とありました。
上記の営業としての運転、3ヶ所は含まれてないです。
兵庫県のは、2004年に新潟に里帰りとなってましたね。
遊園地などの遊覧鉄道も、広義では、軽便鉄道になりそうですが…(^^ゞ
トンキチさんのコメで、大きさをチェックしたんですが…
阪急6000系は、軌間 1435mm、全長 19,000mm、全幅 2,750mm、全高 4,095mm。
この写真の三岐鉄道北勢線(270系、車号 171)は、軌間 762mm、全長 15,600mm、全幅 2110mm、全高 3,352mmというデーターがありました。
見た目はわからなかったですが、普通自動車と軽自動車のような感じ?(^^ゞ
15分に一本とか言ってたので、神鉄は、もっと走ってるんじゃないんですか?

以前、滋賀の方で、こんな狭い橋を車が通っているのを見かけました。
でも、その橋って、欄干がなかったんです。(^^;
地方では、当り前の光景かも知れません。

各地で、昔ながらの町というのがあるので、ここも、そんな感じかなぁ…と思ったんですが、確かに、建物は昭和初期という感じでしたが、町は「今の町」でした。
ちょっと、勿体なぁ…という感じです。(^^ゞ

ハンコ…何用でしょうねぇ。(^^ゞ
鉄道博物館とか行くと、結構、ハンコの展示がありますもんね。
昔の切符は、行き先のハンコを押していたのかも。(^^ゞ

あの「ミニ列車」、乗ろうと思ったんですが、ちょっと、時間が押してきたんで。(^^ゞ

このツアー、気に入ったので、又、リピートしてみよっかな。(^^)
yoppy702
2017/03/23 17:33
<てくてく 様>
ありがとうございます。
ハイ。長閑でした。(^^)
このウォークのコース、てくてくさん向きのような感じがしました。
ねじれ橋、めがね橋という構造物遺産なんて、きっと、飛びつきはったんでは?
保守は大変やと思いますが、現役やし、それも、三岐鉄道北勢線が走ってますから。(^^)

エッ!イチオシですか!
ありがとうございます。
てくてくさんに、そう、評して頂くと嬉しいです。(^^)

やっぱり、鈴鹿も、よく登っておられたんですね。
それも、原点ですか!
藤原岳、竜ヶ岳は登ってみたい山なんです。
歩ける内に登ってみたいなぁ…
記事の最初から登場していたのが藤原岳って帰ってから気付いたんです。
という事は、竜ヶ岳も見えていたんですね。
もっと、しっかり見とけば良かった。(^^ゞ

天王橋からの眺め、ダイナミックでした。
広々として、とっても気持ち良かったです。(^^)

桐林館は…(チェック中)
昭和12年3月10日、阿下喜町立尋常高等小学校として落成し、昭和56年6月まで学校校舎として使われたとありました。
改修はされてるようです。

軽便博物館、なんか、雑な感じでしたが、味のある博物館でしたよ。
マニアさんやったら、絶対にお宝探しをやりそうです。(^^)

お風呂の事を知っていたら用意して行ったのですが…
リピーターになったら、今度は、お風呂セットを持って行きます。(^^ゞ
yoppy702
2017/03/23 17:36
こんばんは。
今回参加されたツアー、バス8台なんですね。ビックリです(^^;)
これだけの大人数でもクラツーさんは要所で幟があって、スタッフさんの誘導もあって安心して歩けますね。
「ねじり橋」に「めがね橋」、貴重な建築遺産もあるんですね。「めがめ橋」はめがねだから2連アーチかと思いましたが、3連アーチなんですね。確かに貴重な遺産だと思います。

撮られた鉄道写真、お見事です(^^)
最初の車両にめがね橋、鈴鹿の山を一緒に撮られた写真、左に車両と橋、右に鈴鹿の山、それに青空とこれはまさに鉄道風景写真ですね。
その下の写真、下に畑、土手を走る鉄道、青空に白い雲が上手く配置されていて素晴らしいの一言です(^^)
私もこのような写真を撮ってみたいです(^^;)

員弁川散歩道も道沿いに桜があって、正面遠くには鈴鹿の山、桜の咲く頃は最高の散歩道って感じです。
「昭和の町」のような家屋、以前は私の家の近所にもあったのですが年を経るごとに減ってきました。でも、こちらでは今も残っているんですね。ちょっと懐かしい感じがしました。
「軽便博物館」の展示物、どれも鉄道ファンから見れば垂涎モノばかりです。車両にも乗れてぜひ行ってみたいと思いました(^^)

今回の観梅とウォークツアー、お天気も良くて良かったですね(^^)
紹介して頂きありがとうございました。
narayama2008
2017/03/23 18:57
<narayama 様>
ありがとうございます。
多分、参加人数は、350人位と言ってたと思います。
でも、クラツーさんの大規模ウォークなんて、2,000人位の参加があるんですよ。
そりゃまぁ、スゴイです。(^^)

「ねじり橋」、「めがね橋」、なかなか良いでしょ。
このコースに、こんなのがあるなんて知りませんでした。
しかも、それが鉄道の橋梁になってますからビックリ。

写真、鉄ちゃんのnarayama2008さんに褒められたら、舞い上がってしまいます。
しかも、鉄道風景写真と言って頂けるなんて!
でも、たまたま、偶然に撮れただけなんで…
車体が黄色なので、目立ってくれてました。(^^ゞ

このウォークのコース、とっても気に入りました。
勿論、天気が良かったからですけど、こんなに広々と開けた所、そして、素敵な景観の中を歩いていると、長閑だけでなく、とても癒されました。
前半の梅林にも驚かされましたが、このウォークコースにも驚かされました。

付録(?)の、昭和初期の家屋、建物も、それだけを見るとノスタルジーですね。
子供の頃は、こんな家があったなぁ…なんて思ってました。(^^ゞ

軽便博物館は、narayama2008さんが行かれたら、ここで、かなりの時間が経っちゃいそうですね。(^^)
展示車輌に座っていると、なんか、幻想旅行のような空間になってました。

このツアー、気に入りましたので、多分、リピートすると思います。(^^ゞ
yoppy702
2017/03/24 00:54
いつもお元気なご様子、羨ましく感じます。
私利ヘルニアは安定してきたのか痺れだけが残っています。
歩く不便さは感じなくなりましたが、まだまだ長い距離は大変ですね。
皆さんが列をなして行動されているお姿を見て、一緒になって行動している気持ちになります。
最後の電車乗ってみたいですね・・かわいいです。

いつも気持ち玉をありがとうございます。
夕焼け
2017/03/24 07:41
<夕焼け 様>
ありがとうございます。
ヘルニアは大変ですね。
ボクは、金属関係におりましたので、腰痛は職業病のようなものですが、幸い、辛い腰痛程度で済んでいます。
仲間の中には、長期入院をした者もおりました。
ここんとこ、年もプラスしてか、腰痛がちょっとヒドイですが、ストレッチや腰痛体操などで、しのいでいます。
実は、このウォークの時も、腰痛があったのですが、幸い、歩いてる間は大丈夫でした。
でも、座っていると、固まって、イテテ…
帰宅してから、又、湿布やらで忙しかったですけど。(^^ゞ
なので、未だ、病院のお世話にはなってないんです。
ウォークのツアーになると、かなりの高齢の方もいらっしてて、その方を見ると、まだまだ、頑張って歩かねば…という気持ちになったりします。
夕焼けさんは、よく散歩とかなさってるし、長期でハワイへも行かれてるし、真面目に病院にも通われてるので、きっと直りますよ。(^^)
最後の電車、時間がなくて乗れなかったんです。
ちょっと、残念。(^^ゞ
yoppy702
2017/03/24 23:26
盛りだくさんな見どころがあって、さすがクラツーさんのウォークツアーですね私はウォークツアーは新東名のあれしか行ったことないけど・・・
関東だと、都内の名所をウォークするようなのもあるみたい。

ミニ列車いいですね。線路の幅がミニなんですね写真でみても幅が狭いのがわかりますね。
この列車に乗ったらやまやさんやたけださんのお庭の鈴鹿が良く見渡せるわけですね。乗ってみたいです。
鉄道博物館はどこの博物館でも面白そうで久しぶりにどこか行ってみたくなりました。

それにしても320人も歩くツアー、あっぱれですね(笑)
クラツーさん儲かりまんな(笑)

梅林も見事でしたね。やはりバックに鈴鹿山脈があるってのが、筑波山や水戸の偕楽園とは違って雄大です。
そうそう、この春は筑波山の梅林の梅も愛でずに終わってしまいました
karake
2017/03/26 11:59
<karake 様>
ありがとうございます。
karakeさんが、ウォークのツアーに行かれたの、記憶にありますよ。(^^)
都内の名所を巡るウォークもあるんですか。
都内は、巡るところが多いですもんね。
その点、大阪は、名所というのは余り無いので、無理矢理(?)歴史散歩ツアーがあります。(^^ゞ

エッ!?
写真で見ても、幅が狭いのが解りますか!
さすが、視力5.0のkarakeさん。(^^)
雪を被った鈴鹿の山々、綺麗でしたよ。
やまやさん、たけださんのお庭…
ボクも、鈴鹿の山を見て、お二人の顔が浮かんできました。
…あっ、会った事、なかったんや。(^^ゞ
やまやさんが、セブンマウンテンをやったのは、最近でしたもんね。

鉄道博物館は、門司で入った事があります。
とても、立派な博物館でした。
それと比べると、ここのは、貧弱。(^^ゞ
でも、とっても、味のある博物館でした。
マニアの方やったら、きっと、目を輝かせると思います。

320人って、クラツーさんの大規模ウォークからすると、メッチャ少ないでしょ。
karakeさんが行かれたウォークツアーは、スゴイ規模やったと思いますよ。
以前は、大規模ウォークは、格安やったんですけど、ここ数年は、フツーの料金になってきました。
なので、メッチャ儲かってると思います。(^^)

筑波山の梅林は、karakeさんの記事で知りましたが、あそこも素適です。
山の上から、梅林を望める、そのまま、下界を見渡せたんじゃなかったかなぁ…
まるで、karake仙人が眺めている錯覚をしましたもん。(^^)
yoppy702
2017/03/27 10:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日帰りバスツアー 〜 梅 と 軽便鉄道沿線ウォーク ≪後編 ⇒ ウォーク≫ 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる