芳郎のスペース(yoppy702)

アクセスカウンタ





***【ご迷惑な時、お邪魔な時は、BGMを止めて下さいませ。画面にマウスポインターを持っていくと操作ポイントが現れます。m(__)m 】***


zoom RSS 六甲登山 〜岡本から有馬温泉・銀の湯

<<   作成日時 : 2016/12/24 11:04   >>

ナイス ブログ気持玉 117 / トラックバック 0 / コメント 14


 ※ちょっと、長くなっております。


2016/12/17(土)。温泉が恋しくなったので。(^^ゞ


それと、以前から気になってる、「応急復旧の紅葉谷道&迂回路」。

今回の目的は、この二つです。


「応急復旧の紅葉谷道&迂回路」の事は、10月に、トンキチさんがアップされてました。

なんか、大変やったらしいので、時間の余裕をみて下りることにします。



という事で、今日のルートは、

  阪急・岡本駅 → 岡本八幡神社 → 打越峠 → 打越山 → (石切道) → ガーデンテラス

  → 極楽茶屋跡 → (紅葉谷道+迂回路) → (炭屋道) → (魚屋道) → 炭酸泉源公園

  → 銀の湯 → 神鉄・有馬温泉駅



歩いた後のGPSマップは、

画像

(クリックで大きくなります。)





阪急・岡本駅でトイレを済ませ、駅の外に出たのは、8時52分。

川沿いを歩き、岡本八幡神社に向います。

画像



天気の良い日を選んだので、急登の後は身体が熱くなります。(^^ゞ

画像



打越山で一服しても良かったんですが、下山した後の広場で小休憩にします。

画像



横に立て看板があって、

「湧水は、まわりの環境の影響を受けやすく、水質が変動することがあります。

 あなたの健康をまもるために、下の注意事項を守って下さい。」

で、下を見たら…

何も書いてない。\(◎o◎)/

以前はあった様なんですが、その部分だけが取り外されたんかなぁ…?(^^ゞ

画像



この場所、好きなんです。(^^ゞ

昨年は、ここで、アサギマダラに遭いました。





10分程休憩して、11時08分出発。

画像



あっ、「第一石切道」は、ボクが、勝手に、そう呼んでるだけです。(^^ゞ

舗装道路を、しばらく上ると、又、「石切道」の標石(?)があるんです。

で、自分勝手に、今、登ってきた所を「第一石切道」。

これから登る所を「第二石切道」って区別してるんです。




という事で、「第二石切道」へ。(^^ゞ

画像



ここで、ちょっと失敗が。

というのが、「第一石切道」を出て、舗装道路の所が日当りがイイので、

そこで、お弁当にしようと思ってたんですが…

ウッカリと、そのまま進んでしまいました。

出来れば、ガーデンテラスに着くまでに、昼食タイムにしたいんですが…

画像



この雪の感じでは、そんなに積雪はなさそうです。

でも、所々、凍っていたので、そこだけ慎重に。

まぁ、4本爪は持ってきてるので。


これから、割と平坦な樹林の中を歩くと、その後、最後の頑張りになります。

でも、この先、昼食出来るような場所、あったかなぁ…(^^ゞ

画像



結局、昼食を取らずに、ここまで来てしまいました。

ガーデンテラスは人が多いし、それに、あそこ、冬場は寒いんです。

この階段を左へ下りて行くと広場があるのですが…

でも、又、上るの嫌やし。(^^ゞ

という事で、ガーデンテラスへ向います。

画像



とりあえず、トイレに行って…(^^ゞ




やっぱり、ここは冷えます。

それに、人が多い。(^^ゞ


フードテラスで温かい物を食べようかとも思うんですが…

持って来た弁当が無駄になるし…


という事で、日当たりの良い、風の影響を余り受けない所に移動します。

まぁ、人は、気にしないようにしよっと。(^^ゞ



「見晴らしの塔」のある方は日当たりが良さそうなので、そちらへ行きます。

画像



ここは、日当たりも良くって、風も吹いてません。

でも、ガーデンテラスは冷えるので、食べ始める前に、

フリースジャケットと防寒アウターを着ました。

でも、インナーが湿っている為か、冷えてきます。

やっぱり、フードテラスで、温かい物にした方が良かったかなぁ…

なんせ、ここに着くまでに、昼食タイムを取るつもりやったもんなぁ…


それに、やっぱり、人通りが多いです。

こんな所で、お弁当を食べてるのは、今は、ボク一人。(^^ゞ

ちょっと恥ずかしいですが…

まぁ、気にしない、気にしない。(^^)



という事で、昼食タイムは、17分程で終了。


食後の一服をしに行きますが…

又、喫煙場所が変更になってるようで、いつもの所に灰皿がありません。

全面禁煙にはなってないと思うので…

ウロウロします。



あっ、ありました。(^^)

画像



しばらく来てないと勝手が変わってますねぇ。(^^ゞ





トイレに寄り、紅葉谷道に向います。

画像



この調子やったら、当然、紅葉谷道も雪道から始まるでしょうねぇ…

まぁ、ヤバそうやったら、アイゼンのお世話になりましょう。(^^)

画像



「紅葉谷道」の案内板の内容は、HPで見てましたし、

そこのマップも印刷して持ってきてたんです。

でも、この案内板を、もっと、しっかり見とけば良かった。

それより、トンキチさんの記事を、もっと、しっかりとチェックしとけば良かった。

この時点では、まだ、『大〜きな思い違い』をしていたんです。

画像

画像



いよいよ「迂回路」。

この時点では、まだ、「迂回路」=「炭屋道への迂回路」と思い込んでます。(^^ゞ

なので、この前で、早めの衣服調整をして、給水をしておきます。

でも…

「炭屋道への迂回路」は、ここじゃなかったんです。(^^ゞ


↑の『大〜きな思い違い』…

それは、「炭屋道」への迂回路は、「紅葉谷道」の途中から続いているんやと。

あっ、「紅葉谷道」の途中からなんですが…

まさか、あそからなんて、全然、思ってなかったんです。(^^ゞ

画像



この階段部、一段の高低差が大きいんです。

ボク、コンパスが短いから大変。

下りやからイイけど、絶対に、上りたくはないですね。(^^ゞ

でも、登って来てた方とすれ違いました。\(◎o◎)/


それより、これで、「迂回路」が終わりなん?

(ロ_ロ)?

なんか、狐につままれたような感じです。


でも、この先を歩いて行って、その答えが解る事になります。

それは、もうちょっと、先の話です。(^^ゞ

画像



何か、訳が解らなくなってます。(^^ゞ

ここから、ロープウェイの「有馬温泉駅」までは、そんなに遠くではありません。

画像



この先は、道幅も広く、平坦な道やったと思うんですが…

ひょっとしたら、既に、復旧したのかなぁ…なんて思ったり。(^^ゞ


でも…

画像



この景色を見て、トンキチさんの記事の画像が頭に蘇りました。


ここの川って…

橋が架かってなかったっけ?(^^ゞ

でも、通行止めは、その向こう。

トンキチさんも書かれていましたが、ここを渡渉するという事ですね。


という事は…

画像



これが、『大〜きな思い違い』でした。

もっと、もっと手前から、「炭屋道」に迂回して合流するんやとばかり思い込んでました。(^^ゞ

確かに、ここが「炭屋道」です。

これを登ると、「魚屋道」ですもんね。

でも、「魚屋道」って、上の方にあるから、そこまで、一気に登る事になります。

なので、以前から、この道は避けてたのに…

最後に、これって、イジメやん。


ここから先は、工事車輌なんかが通る程の道やから、大丈夫やと思い切っていたのに…

この先がアウトやなんて、夢にも思ってませんでした。

もう…ガ━(◯Δ◯‖)━ン

っていうか…モグラになりたい。(^^ゞ



でも…

印刷してきたHPの案内図を、よ〜く見ると、確かに、この箇所です。

いやぁ〜 思い込みって怖いですね。



でも…

『大〜きな思い違い』がなかったら、ここ迄、来なかったかも。(^^ゞ



画像



タイムは…20分。(^^ゞ

歩き始めで、元気やったら、15分で登れそうですね。

でも、ここまで来てからの、この登りはキツいです。



因みに、先程の、「炭屋道」への分岐の所から、ロープウェイの「有馬温泉駅」迄は、15分です。

「炭酸泉源公園」迄でも、26分程です。

画像



先程の出合いから、30分、「炭屋道」に入ってから、50分です。

まぁ、「魚屋道」から出てきた方が、「銀の湯」へは近いですけど。(^^ゞ

画像



「炭屋道」に入ってから、「炭酸泉源公園」に着くまでに、55分も掛かってます。

迂回しなかったら、これの半分以下の時間なので、かなりの遠回りでした。(^^ゞ




20分程休憩して、16時53分、出発します。

画像



今日は、土曜日なので、混んでいるかもしれませんねぇ…




中に入ると、そんなでもありませんが、ちょっと多目…かな。(^^ゞ


下駄箱の下段が高い靴タイプなので、そこに入れます。

コイン制(100円)ですが、後で戻ってきます。


自販機で、入湯券(550円)を買って、

フロントで入湯券と引き換えにロッカーキーを受け取り、男湯の暖簾を潜ります。



ザックからお風呂セットだけ取り出します。

ここのロッカーは大きくないので、ザックは壁際に置いておきます。


服を脱ぎ、お風呂場へ。

掛かり湯をして…

画像



お湯の中に身体を沈めます。



あぁ…エエ湯じゃ。(^^)


冷えた身体にジンジン。

気っ持ちイイ。(^^)


「銀の湯」の泉質は、炭酸泉、ラジウム泉

  (炭酸泉/単純二酸化炭素冷鉱泉、ラジウム泉/単純放射能温泉)


炭酸泉は、

 「体に吸収された炭酸ガスにより関節痛や筋肉痛の原因となる乳酸の減少を早める。」

という効果があり、


 「健康で長寿を望むなら、たった5分の入浴で血流が4倍にもなると言われ、

  世界各国の医師が注目している。」

らしいです。


以前に、家の近くの「太平のゆ」に行った時に、こんな事が書いてました。(^^ゞ





お湯から出て、頭の先から爪先までゴシゴシ、ゴシゴシ。(^^ゞ



もう一度、お湯に浸かって、ゆっくりと温まります。



お風呂場を出て、身体を乾かし、持って来た着替えを着て、男湯を出て、ロッカーキーを返します。


そして…

画像



グビッ…

ウンメェ〜 (^^)


オツマミは、いつもの柿ピー。

フロントで、100円で売っています。

いつも、これが、自宅迄の行動食(?)になってます。(^^ゞ





18時13分、「銀の湯」を出ます。

「銀の湯」で、1時間17分、寛いでました。(^^ゞ

画像



出発した後、「有馬口駅」で新開地行きに乗り換え。

途中、準急の方が早く着くので、それに乗り換え。

新開地駅では、ホームに着いていた、阪急「梅田駅」行きに乗車。

後は… (__).。oO



画像
By yoppy











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 117
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様〜でした。
やはり雪が積もってたんですね。
YOPPYって書けましたね。これなら何かを傷つけた訳やなし?
写真に撮っていい思い出になりましたね。
お地蔵さんは毛糸の帽子も被ってはりますね。あったかそう〜
コアジサイの黄葉が素晴らしい、まだまだ余裕がありましたね。
勘違い?思い込みって、なんでするんやろ?
私なんてしょっちゅうです。ひとつはせっかちなんですかね〜(笑)
いろいろ大変だったようですが念願の暮れの温泉実現!
ほんとによかったですね〜
帰りの電車はこんなに空いていたんですね?
回ってきてすぐだったのかしら・・ZZZもできてお疲れがとれましたね。
迂回をたっぷりして運動もしっかりできたようですし・・
来年もまた頑張られそうですね((((^Q^)/
nobara
2016/12/24 14:46
有馬温泉ときけば、あぁ行きたい、湯に浸かりたいと、思わず身体が反応してしまいます。
yoppyさんの六甲登山、岡本から有馬温泉・銀の湯まで、バーチャルにご一緒させてもらい、楽しませていただきました!
阪急岡本駅からの出発でした。
また年が明け、しばらくすると、この辺りから梅のたよりが聞こえてきますね。
八幡谷から入山して打越峠で給水し、打越山を過ぎた広場で小休憩。
この辺の水場の水質は実際どんなもんでしょうかね。
歩いて来た身には、力水やし、甘露水ですけど。
チョコチップスナックでカロリー補給し、石切道から第二石切道へ。
お天気がよくて気持ちいい山歩きになりました。
雪が現れ、ちょっと遊んでみたり。
全縦と出合い、ガーデンテラスに到着。
10月のとき、トンキチは人目も気にせず、フードテラスの展望デッキのベンチに陣取り、持参の昼食にしましたが、yoppyさんは日当たりのいい場所を求め、食事がより美味しく感じられる場所を選定してのランチタイム、お見事です。
極楽茶屋跡から紅葉谷に向かい、滑らないように気をつけて歩き、迂回路に至ります。
と言っても、紅葉谷道ルート上での迂回路で、まだ炭屋道への迂回路ではありませんでしたね。
ここは下りなのでまだよかったんですが…。
その後、分かっていても、エッてなりますよ。
通行止めのフェンスのところから、延々急登続きの炭屋道の迂回路が登場します。
本来なら、あそこからもう有馬温泉は近かったのに、と悔やみましたが、自分を責めるしかない選択だったので仕方ありませんが。
炭屋道を登りきって、魚屋道に合流し、有馬温泉・銀の湯へ。
「あぁ…エエ湯じゃ(^ ^)」
yoppyさんのこのつぶやきと、もう一言
「グビッ…ウンメェ〜 (^^)」
これが聞けてよかったなぁ〜!
六甲登山、お疲れさまでした。
トンキチ
2016/12/24 18:18
こんばんは。
六甲登山、お疲れ様でした
最近は寒い日もありますから、温泉が恋しくなりますね。それに六甲登山も組み込まれるとはさすがyoppy702さんですね(^^)
六甲山って山の水が飲めるんですか・・・今まで知りませんでした。
「六甲の水」なんて言ってますから冷たくておいしいんでしょうね。
最初の方は雪が出てこないので、六甲は雪はまだなんだなあと思いながら読ませて頂いていましたが、やはり雪は降ったんですね。しかも、なんだか滑り易そうな状態・・・通過される時は結構緊張されたんじゃないでしょうか。
最初の「迂回路」は単なる迂回路で炭屋道への迂回路じゃなかったんですね。確かに「迂回路」って出てくれば炭屋道への迂回路と思い込んでもおかしくないですね。
ラストは有馬の湯に浸かってサッパリと。
そう言えば私は温泉もトンとご無沙汰だなあと・・・なんだか温泉に入りたくなりました(笑)
narayama2008
2016/12/24 21:55
久々のyoppyルートですね。^_^
門番さん、毛糸のボーシをかぶって、寒さ対策十分ですねぇ。
上の方、雪残ってますね。13日に降ったのかなぁ??

お弁当、カフェ前のベンチでしたか。
ウーン、紅葉谷道と番匠屋畑尾根との分岐辺り、陽当りが良いし風も当たらないんで、お昼とお昼寝の絶好の場所なんですが・・・2時だと陽が陰ってるかも。

炭屋道、登っちゃいましたか^O^
でも、あんまり敬遠しないでください。
春、ツツジの頃は、いい感じですので・・・^_^

銀の湯、そんなに躰にいいんですか。行かなくっちゃ。
温泉にビールの後なんで、でも・・・^_^
お疲れ様でした。
                                  てくてく
てくてく
2016/12/25 15:59
<nobara 様>
ありがとうございます。
表側から登ってるので、雪の気配はまったく無かったのですが、石切道に入ってから、雪が残っているのを見て、驚きと喜びでした。(^^ゞ
大阪は、雪が降るのも珍しく、少しでも積もるとなると、10年に一度あるかないかですので、雪を見ると嬉しくって。
もっと積もってたら、小さな雪ダルマを作ったんですけどね。(^^ゞ

お地蔵様は、地元の方達が、よくお世話されてますので、冬場は、暖かくされてます。
六甲って低山で、ハイキングコースは危険な箇所って殆どないんですけど、一応、ご挨拶をしてます。

コアジサイが咲いてる時に来た事は無かったので、エッ?と思いましたが、あの辺りは、日陰になっているので、まだ、黄葉が残ってたんでしょうね。

今回の思い違い、勘違い、思い込みは、最後まで、全然、気付いていませんでした。(^^ゞ
せっかち…そうかもしれません。(^^)
ボクって、せっかちな所があるんです。
ちょこっと見て、自分で納得してたりするもんで、後で、エェッ!と、よくなってます。(^^ゞ

寒くなると温泉が恋しいですね。
大阪からは、有馬温泉が一番近いです。
普通に温泉旅行に行くと高くつきますが、登山の後で外湯に入る程度でしたらお安くいけます。
しかも、全国区の有馬温泉ですので、なんか、リッチな気分になるんです。
お湯に浸かってると、ホンマ、極楽〜となりますね。(^^ゞ

有馬温泉からの帰りの電車は空いてるんです。
阪急も、三宮からは、とても座れる状態じゃないですが、新開地発なので、充分に座れます。
歩いた疲労と、温泉で温まったのとビールを飲んでたし、冬場は、車内暖房の効果もあってグッスリでした。(^^ゞ

来年も、頑張れたらイイなぁ…と思ってます。
yoppy702
2016/12/25 18:44
<トンキチ 様>
ありがとうございます。
ボクも同じです。(^^)

岡本駅から同行して頂きありがとうございます。
梅林祭り頃が見頃のようなので、来年も、その時期に行きたいと思ってます。(^^)

打越山の休憩所も好きなんですけど、冬場は、日辺りの良い所で休憩したくなるんです。(^^ゞ

あの水場はどうなんでしょうねぇ…
飲んではダメなら、あんな看板でなく、飲むな!という看板になるとは思うんですけどねぇ…

石切道は日当たりが良いので、雪が残るというのは余程でしょうけど、第二石切道のあの付近では、以前にも、積雪にあった事があります。

最初、うどんを買って、それと弁当をと思ったんですが…
フードテラスの展望デッキには、「持ち込み禁止」って看板に書いてたんです。
で、風が吹いてこず、日辺りの良い所と考えたら、あそこになったんです。
でも、ガーデンテラスの冬場って、底冷えしますね。(^^ゞ

紅葉谷の雪は少なかったですが、所々、凍っているし、岩がゴロゴロしてるので、ちょっと慎重になりました。
アイゼンを付ける程でもないし、中途半端ですよね。(^^ゞ

紅葉谷道の事は、トンキチさんの記事を見て、あっ、この場所なんや…と思いながら、自分の頭の中では、もっと、もっと手前のイメージをしていたんです。
いやぁ〜、長〜い期間の思い込みでした。(^^ゞ
最初から理解していたら、最高峰へいって魚屋道で下りていたと思います。
ホンマ、あそこから、有馬温泉ってスグですもんね。
でも、銀の湯に入って、ジックリ温まれました。(^^)
不思議に、銀の湯に浸かって、足をマッサージしておくと、筋肉痛が出ないんです。
湯上りのビールも美味しかったぁ。(^^ゞ
ボクのワンパターンのセリフを喜んで頂きありがとうございます。(^^)
yoppy702
2016/12/25 18:53
<narayama2008 様>
ありがとうございます。
ハイ。
ずっと、有馬へ行こうと思ってたんです。(^^ゞ
有馬温泉は、六甲登山の方の常道ですもんね。
銀の湯も金の湯も、ハイカーの方が、結構、いらっしゃいます。
在職中は、太閤の湯に行き、そこで、夕食も済ませていたんですが、入湯料が高いので、リタイアしてからは御無沙汰してます。(^^ゞ

六甲では、水場があります。
ここのは、まだ、飲んだ事ないですが、荒地山から最高峰の方へ下った所の水場では、よく飲んでます。
「六甲のおいしい水」もよく買いますが、それより美味しいです。
中には、沢山のペットボトルに、20ℓ程、詰めて帰る方もいらっしゃいます。
まるで、ボッカ訓練です。(^^)

雪は無いと思ってたんですが、石切道の、あの付近は、以前にも雪に遭いました。
一応、四本爪は持ってたので、一面、凍っていたら、装着したと思います。
結構、緊張しました。(^^ゞ

何度も、紅葉谷道の事はチェックしていたのですが、完全に思い違いをしてました。
思い込みって怖いですね。
まぁ、目的達成ですので、OKかと。(^^ゞ

もう一つの目的、有馬温泉・銀の湯にも、無事、入れましたので、これもOK。(^^ゞ
narayama2008さんは、白馬鑓温泉などにいかれてましたやん。
ああいう温泉に入りたいですね。(^^)
yoppy702
2016/12/25 18:55
<てくてく 様>
ありがとうございます。
ハイ。
好きな、八幡様からのルートです。
石切道はそうでもないんですけどね。(^^ゞ
門番様、お世話されてる方が、冬場は、帽子とか被せてあげられてますね。
大切にされてるのがよく解ります。

雪は、あの寒波の時のやと思います。
石切道は、日当たりが良いですが、あの辺りは、以前にも、雪が付いていた事があります。
雪の付きがイイのかなぁ…

ハイ。
日当たりの良い所を探しました。(^^ゞ
テラスから少し歩いた所にも広場があるし、極楽茶屋跡も考えたんですが、食後にトイレへ行こうと思ってたのでガーデンテラスの中にしました。
紅葉谷道と番匠屋畑尾根との分岐辺りもイイですね。

炭屋道、以前から、敬遠してました。(^^ゞ
長期に渡る思い込みと思い違いで登ってしまいました。
ツツジの頃がイイんですか。
じゃー…
あの通行止め区間が復旧したら、魚屋道で下山して、炭屋道で下り、有馬温泉に行ってみます。(^^ゞ

ハイ。
炭酸泉の効能はイイそうです。
入浴剤でも、炭酸系って多いし、銀の湯に浸かりながら、足をマッサージしておくと、筋肉痛が出ないんです。
まぁ、効果は、十人十色ですけど。(^^ゞ

ケーキも大好きです。
ゴチになります。(^^)
yoppy702
2016/12/25 18:57
コメントいただきありがとうございます。
温泉はいいですね。
私は阿寒湖に行くことが多かったのですが、帯広には温泉も多く昔はよくいきました。
近年は自宅のふろでいろいろな温泉入浴剤を入れてその気分を味わっていますが、物足りないですね・・
やっぱり温泉は本物に限ります。

自宅までの行動食が一番いいですね〜私も賛成・・
夕焼け
2016/12/27 15:43
年末になってもハードな山歩きですね。
私だったら、有馬側からロープウェイで上がり、
ガーデンテラスで日本酒+食事を済ませ、
極楽茶屋を下る^^;
ただ、大阪からだと電車賃が高額^^;

トンキチさんが詳しいので、前半省略^^;

六甲の湧水、飲んでいいのか気になりますよね。
上流側に人が住んでいる時点でアウト、と言う人が居ます。
皆さん綺麗好きで、水処理に注意すればいいんですけど。
ただ、よく見かける猪君は下水処理に関心が無い^^。
猪用トイレもないし^^;
青谷道の途中、震災以降に出水した所があります。
地元の方は、この水でご飯を炊くと美味しいと言っていました。
煮沸すればOKですが、定期的に水質検査も必要でしょうか。
注意事項守っても?なら「飲まないで!」ですね。

私達は第二石切道で、良く休憩していました。
雪があると寒いし、休憩し辛いデス^^;
以前フードテラスで何か注文すると、店内で弁当がOK牧場でした。
今はどうなのか?ですけど。

炭屋道への分岐はかなり下ってからですから、勘違い?と思いました。
全面通行止め以降の新たな迂回路は、そのまま残っているんですね。
炭屋道は下り専用道で、探索後、二度と登らないと誓いました!
「癒しの森」は言い過ぎで、「疲れる森」デス。

温泉で癒されて、良かったです。

6500系の新型車両、
これは2016年5月21日に営業運転開始です。
高効率主電動機や照明設備のLED化などにより、消費電力は1000系と比べ約60%低減された、とあります。

押し詰まってきました。
良いお年をお迎えください。
来年も、また宜しくお願いします。
アルクノ
2016/12/27 21:10
こんばんは。
ガーデンテラスと有馬温泉は数年前にバスツアーで訪れたことあります。
六甲高山植物園は北海道南の気温とか雪はそうでもないようですが歩きでは大変だったことでしょう?
数年前まではあちこちツアーに行っていましたが近年は行けなくて楽しみに拝見しています。
みっちゃん
2016/12/27 23:22
<夕焼け 様>
ありがとうございます。
北海道ですと、良い温泉、有名な温泉が多いですね。
北海道の温泉は、入浴剤でしか経験がありません。(^^ゞ
でも、やっぱり、自宅の風呂+入浴剤より、温泉に行きたいですね。
特に寒くなってくると、温泉が恋しくなります。
昔、雪の中の露天風呂に入った事がありますが、とっても情緒がありました。
又、そういう時期に行ってみたいですね。(^^)
yoppy702
2016/12/28 10:08
<アルクノ 様>
ありがとうございます。
有馬へ行き、そこからロープウェイ、帰りも、神鉄ですと、家からは、かなり高額ですね。
それを考えると、阪急側から歩いて行くと、運賃の超節約になります。(^^)

六甲の水場は、あちこちにあるようなんですが、六甲の湧水って大丈夫なん?ってなっちゃうんですよ。(^^ゞ
荒地山の方の「宝寿水」は、毎回飲んでますけど、それでも、初めて飲んだ時は、大丈夫かなぁ…やったんです。(^^ゞ
こないだ行った時は、他の方もいらっしゃって、よく、ここの水を汲んで帰るって言われていたので大丈夫なのかなぁ…と。
あっ、でも、その方も、ご飯を炊いたり、コーヒーを作るとか言ってたので…
沸騰させてるんですね。
生は、ヤバイかも。
まぁ、別に、お腹が痛くなったりしてないので、「宝寿水」は、大丈夫なようです。(^^ゞ

第一石切道を出たところの舗装道路で昼食にしようと思ってたんですけど、ウッカリ、そのまま通過してしまいました。
ガーデンテラスは冷えていたので、フードテラスで、うどんを頼んで、持参した弁当を食べようかとも思ったんですけど、「見晴らしデッキ」の方から歩いて行くと、持ち込み禁止って標示があったんです。
それで、仕方なく、日当りの良い所を探しました。

HPの案内図を、もっと、よく見ていたら、紅葉谷を下りようなんて思わなかったと思います。
まぁ、ずっと気になっていたので、年内整理という事で。(^^ゞ
炭屋道は、ホンマ、「疲れる森」です。(^^)

神鉄の車輌、今年の5月ですか。
メッチャ、綺麗でしたもん。(^^)
60%低減の高効率化!
素晴らしいです。(^^)

アルクノさんも、お忙しい年末をお過ごしやと思います。
良いお年をお迎えくださいませ。(^^)
yoppy702
2016/12/28 10:12
<みっちゃん 様>
ありがとうございます。
そうですね。
有馬温泉のツアーには、ガーデンテラスが付きものですね。
こちらからも、そういうツアーがあるんですよ。
在職時は、慰安旅行で、有馬温泉というのもよくありましたし。
なのに、今、殆ど、歩きで行ってる自分が不思議です。(^^ゞ
六甲高山植物園は、標高865mにありますので、北海道の気温でしょうね。
まぁ、真冬は、北海道のように厳しくはなりませんが、11月末から来春までは、休園になる程ですから。
毎年、2月末には、特別開園があって、その時は、雪がある事が多いので歩いて行きます。
ボクも、最近は、観光のツアーにあまり行ってないので、来年は、観光ツアーも行きたいと思ってます。(^^)
yoppy702
2016/12/28 10:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
六甲登山 〜岡本から有馬温泉・銀の湯 芳郎のスペース(yoppy702)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる